【RSウィルスの症状と治療】乳児がかかりやすいその特徴と対処法

冬場にはやる病気、ウイルスと言えばノロウイルスやインフルエンザが真っ先に浮かぶかと思いますが、怖いのはそれだけではありません。

RSウイルス、これもまた、冬場から春先にかけて流行するウイルスの一つです。

因みにRSウイルスのRはRespiratoryの略で、「呼吸の」という意味。

要するにRSウイルスとは、呼吸器系の器官に感染するウイルスなのです。

 

このRSウイルスの感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子供がかかります。

一度かかっても免疫が十分に出来ないので何度もかかりますが、くり返し感染しながら徐々に免疫が出来て、症状は軽くなっていきます。

今回はこのRSウイルスについてもっと詳しく、症状等もしっかりとご説明していきましょう。

スポンサーリンク


RSウイルスの感染経路から発症まで

RSウイルスの感染経路はインフルエンザと良く似ており、

  • くしゃみや咳でのしぶきから感染する飛沫感染
  • それらから飛んだウイルスがモノに付着、そこに触れた手で口や目、鼻等の粘膜に触れて感染する接触感染

上記の2パターンが主です。

子供が良くかかる麻疹や水痘のように空気感染はしないようですので、その辺は安心ですね。

 

潜伏期間は2日から8日程度と、長ければ感染してから症状が出るまで一週間ほど間が開きます。

しかし特徴的なのは感染期間で、症状が消えてからもウイルスは1週間から3週間程度の排泄期間があります。

この為、感染が広がりやすいのが特徴と言えます。

 

では次に、発症した時のRSウイルスの症状を説明しましょう。

 

RSウイルスの症状

RSウイルスの主な症状は、咳、鼻水、発熱等、通常の風邪と良く似た症状が見られます。

ただこれに加えて呼吸が息苦しそうな、喘鳴(ぜんめい)と呼ばれる症状が特徴です。

 

咳が悪化し、ウイルスが気管支に付着し始めるとこの症状が出始めるので、症状の変化には注意して下さい。

また、まだ感染し始めの子供はここから更に症状が悪化し、肺炎や気管支炎へと重症化する事もあります。

 

発熱は38度から39度くらいになる事がありますが、38.5度以上の高熱を伴う事は多くはなく、どちらかと言うと鼻水や咳、痰等の呼吸器の症状が酷いのも特徴と言えるでしょう。

因みに子供の場合、発熱は5日から7日ほど続く事もあれば、熱が出ずに終わる事もあります。

これRSウイルスが初感染から免疫が出来ている場合まで幅広く症状が違ってきますので、少し年代別にご説明していきましょう。

スポンサーリンク


RSウイルスに感染した場合の、年代別症状

乳児

RSウイルスの感染力は非常に強く、加えてRSウイルスには母体から貰った免疫は殆ど効果がないという事もあって、乳児の7割が産まれて最初の冬に感染すると言われています。

RSウイルスは何度も感染する内に段々と免疫が出来て症状は軽くなっていきますが、初感染の場合は症状が重くなりやすい傾向にあります。

ほぼ免疫がなく、呼吸器も発達の途中である乳児、1歳児未満の子供はRSウイルスに対して弱く、重症化する恐れが高いのです。

特に細気管支炎、肺炎といった症状の悪化には注意しなければいけません。

 

幼児

幼児になるとRSウイルスになっても再感染である事が多く、症状が少し落ち着いて来ます

しかしまだまだ免疫力は十分とは言えない為、2歳以下の子は喘鳴を伴う肺炎が見られるので咳の悪化、呼吸の仕方に注意してあげて下さい。

ここから3歳児程になると、繰り返しかかる事で免疫が生まれ、重症化する事は少なくなり始めます。

 

小学生

小学生ほどになるとRSウイルスに再感染しても重症になる事は少なく、鼻水や咳などの風邪症状と区別がつきにくくなるのが特徴と言えます。

ただこの時、風邪だと思っていると下の兄弟、乳幼児に伝染ってしまって……という事も考えられるので、兄弟が居る子にはシーズン中十分な注意が必要でしょう。

 

 

因みに成年になると、ほぼ免疫が出来ているので風邪と区別が付かないまま治る事が多いです。

しかし、ウイルス保持者が乳幼児と触れ合う事での感染するリスクを考えると、出来るだけ家庭内に乳幼児がいる場合は、RSウイルスに感染しないように気を配らなければなりません。

RSウイルスもインフルエンザと同じく、特効薬というものが存在しないからです。

 

RSウイルスから身を守るには

これらの事から考えるとRSウイルスにかかった際の治療よりも、如何に予防するかが大事になります。

乳幼児自身が感染しないように気を配る事は出来ませんので、

  • 周囲がウイルスを持ち込まないように、手洗いやうがいの徹底。
  • 冬季のシーズン中に人通りの多い場所へ連れて行かない
  • 保育所、施設の利用法、
  • またインフルエンザと同じく症状の悪化を防ぐ為の予防接種

これらの対処法で出来るだけかからないように、そしてかかった時は早めに診察を受ける事での早めの対処を行えるように、周囲が気を配る事で対処していきましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ