【予防接種もできるロタウィルス】大人と子供で違う症状と原因

ロタウイルスとノロウイルス。

何だか名前が似ていますが、ロタウイルスは乳幼児が感染しやすいという特徴を持っています。

最も感染しやすいのは0歳から2歳までの乳幼児で、通常5歳くらいまでに殆どの子供が感染します。

しかし感染力が強い病気ですので、決して大人がかからないという訳ではありません。

症状もかなり酷く、かなりの体力を消耗させるロタウイルスとその感染症。

今回は症状だけでなくその原因、大人と子供がかかった場合の違いなどもご説明しましょう。

スポンサーリンク


ロタウイルスによる感染症の症状

まずロタウイルスに感染した時の症状を、大人と子供の違いで見ていきましょう。

 

ロタウイルスの潜伏期間は1日から2日とされていて、長くても感染してから3日以内には発症すると言われています。

そして発症するとまずは発熱症状が現れ、続いて嘔吐や下痢の症状が現れます。

 

特に下痢が特徴的で、水のような下痢で主に白い便が出るのが特徴です。

この症状は白色便性下痢症と言い、この症状が出たらロタウイルスの可能性が非常に高くなります。

嘔吐は人によっては見られなかったり、発熱は37℃程度で1日程で治まる事が多いので症状として最も特徴的なのは下痢の症状ですね。

 

ただ子供は感染した回数が少なく免疫がない事もあってか重症化しやすく、下痢からの脱水症、急性腎不全や肝機能異常等の合併症を引き起こす事もあるので注意しなければいけません。

症状は発症してから一週間から長くて二週間ほど続きますので、その間は特に脱水症状に気を付けて下さい。

 

対して大人の場合、知らず知らずの内に何度か感染していて免疫が出来ているので、症状が軽い事が殆どです。

少しの発熱や「調子が悪いかな?」くらいの腹痛と下痢で済んでしまう事が殆どです。

しかし体調不良や疲れによっては重症化する事もあるだけでなく、注意しないと子供に感染してしまう可能性が高い事を忘れないように。

ロタウイルスは1月から4月、丁度ノロウイルスと入れ違いのように広まり始めるのでこの期間は自分の体調に気を配りましょう。

 

ロタウイルスの感染経路、原因はどこか?

ロタウイルスの原因は牡蠣・あさり・しじみなどの二枚貝にあると言われています。

貝は餌を取る時などにウイルスが自然に貝の内部に入り込んでしまうんですね。

特に殻ごと、生で食べる貝にはウイルスが付着している可能性が高いので貝好きな人はご注意を。

 

そしてもう一つの原因であり、感染経路は人から人への経口感染です。

感染した人に嘔吐や下痢の症状が出た時、その吐瀉物や便に触れた人へ二次感染を起こすのです。

ロタウイルスに感染した患者の便には1mlあたり1億から100億個のロタウイルスが含まれていると言われ、その内わずか10個程度で感染するほどロタウイルスの感染力は強いのです。

 

また、吐瀉物の付いた服や床は普通に洗濯や清掃をしてもロタウイルスを除去する事が出来ず乾くと宙に舞って二次感染を起こします

それらを吸い込んで感染、処理をした後の手洗いの不十分、これらでロタウイルスは人から人へと伝染していくのです。

スポンサーリンク


ロタウイルスの予防接種

ロタウイルスの予防として、生後2ヶ月から6ヶ月未満の赤ん坊なら予防接種を受ける事が可能です。

2、3回接種する必要がありますが、90%以上の確率で予防できるという結果が出ていて、特に赤ん坊はロタウイルスにかかると激しい体力の消耗と免疫力の無さから重症化してしまうので出来れば予防接種を受けておきましょう。

 

何より現状、ロタウイルスに効く薬はありません。

また下痢や嘔吐の症状を体力がないからと抑えてしまうと、それによってウイルスが排出されずに体内に残ってしまい余計長引く結果となるのです。

ですから万が一にも感染したら、嘔吐や下痢を我慢する事はしないで下さい。

 

ロタウイルスの予防は正しい手洗いとうがい、食べ物に対する知識、そしてかかった人が居る場合の排泄物、吐瀉物の処理方法をこれまた正しく知っておく事が重要なのです。

 

ロタウイルスから身を守るには

ロタウイルスから身を守るには、繰り返しますが手洗いの徹底が重要になります。

そして万が一ロタウイルスに感染した時、特に大人が感染した時には注意しないといけないのは、二次被害です。

症状が軽いからと楽観視しているとそこから家族や子供に感染し、症状が重くなる事も考えられます。

 

また消毒にはアルコールはあまり効果がありませんので、手洗いは石けんなどを使ってしっかりと。

衣類などの消毒には次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)を使用して下さい。

 

ロタウイルスに感染した時にはまず一番に周囲に広めない事。

その為にも症状が軽くても甘く見ないで、正しい対処を取れるようにしておきましょうね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ