【ノロウィルスの消毒液・スプレー】比べて選ぶならプリジアプロ

ノロウイルスは感染力が極めて高く、集団で生活する場所で誰か一人が感染するとあっという間に広がってしまうウイルスです。

何故ならノロウイルスは感染すると嘔吐や下痢によって排出するのですが、そこには当然ながらウイルスが沢山含まれています。

その処理を正しく理解する事もノロウイルスの感染からの予防法と言えますので、今回はその対策方法の一つでもある消毒の方法、熱湯消毒と消毒液を利用した消毒方法をご紹介しましょう。

どちらも一般の家庭でも出来る消毒方法ですので、家族にノロウイルス感染者が出た時はこの方法で広まらないように気を配りましょう。

スポンサーリンク


ノロウイルスと熱湯消毒

boiling

ノロウイルスはウイルスなので、殺す事は出来ず働かなくする、不活性化するといいます。

その不活性化する方法の一つが、熱湯消毒です。

ノロウイルスは85℃以上で1分以上加熱する事により、不活性化させる事が出来ます。

熱湯消毒と言えばやかんで沸騰させたお湯をかけて消毒する方法が一般的ですが、それでは完全に不活性化させるには不十分。

出来れば大きな鍋にお湯を沸かし、感染者が使用した食器等を浸けておく方法がベストです。

 

しかしトイレの床や衣服全てをこの方法で消毒するのは難しい……そこでもう一つの消毒方法である、塩素系消毒方法をお試し下さい。

 

ノロウイルスと塩素系消毒

Virus disinfection

ノロウイルスは自亜塩素酸ナトリウムで不活性化、失活させる事が可能です。

ノロウイルスへの対策として市販の塩素系消毒剤はいくつも販売されていますが、家庭でもこの塩素系消毒薬は作成が可能です。

まずはそちらをお教えしましょう。

 

用意するのはハイターやブリーチ等の、市販の塩素系消毒剤。

今回はキッチンハイターを利用した作成方法です。

因みにワイドハイターは酸素系漂白剤なので、使用出来ません。

 

  1. キッチンハイターと2Lのペットボトルを用意します。
  2. まずペットボトルに半分ほど水を注ぎ、そこにペットボトルの蓋2杯分のハイターを入れます。
  3. ここで混ぜておき、ある程度水を一杯に入れたら完成です。

※水を一杯に入れてからだと混ぜにくいので注意して下さい。

 

  • 市販のキッチンハイターの濃度は5%~6%、
  • ペットボトルの蓋は5ml×4で20ml

ペットボトルの水が2Lで約0,02%の濃度の消毒液が作れます。

 

もちろん濃度が高い方が効果的ですが、床の掃除やドアノブの消毒、衣服の消毒はこちらでも十分です。

逆に高すぎると金属が変色、衣服が色落ちしやすくなります。

ただノロウイルス感染者の吐瀉物、汚物の消毒にはこの濃度では足りませんので以下の消毒液を用意しましょう。

 

  • 高濃度の塩素系消毒液の作成方法

用意するのは先程と同じ、同じ作り方、ですがハイターの量を蓋で8杯分にして下さい。

これで濃度が約0,1%の消毒液が作れます。

吐瀉物や嘔吐物に触れると塩素系消毒液は濃度が低下するので、濃度を高くする必要があるのです。

 

ただ塩素系消毒液は強力な分取り扱いに注意しなければいけません。

必ずビニール等の手袋をつけて取扱いしまし、皮膚に触れたらすぐに洗い流しましょう。

 

また鉄製やメッキの物はサビたり変色する可能性もあり、衣類の種類によっては脱色される場合があります。

これらの点に良く注意して、使用するようにしましょう。

スポンサーリンク


市販のノロウイルス消毒液

Disinfection

もちろん、市販でも色々なノロウイルスへの消毒液は販売されています。

今回はその中でも特にオススメの物を紹介しましょう。

 

  • 衛生除菌水 プリジアプロ

 

【あす楽対応】ノロウイルス対策に最適な次亜塩素酸水Pulizia Pro(プリジアプロ)400ml スプレータイプ

価格:854円
(2016/1/28 03:45時点)
感想(29件)


このアイテムの凄さは、ノロウイルスに効果がありながら人体にも優しいという事です。

何故なら国指定の食品添加物で生成されているので、使用時にマスクや手袋、換気の必要がありません。

 

また、除菌だけでなく消臭効果もあり、除菌・消臭後には水に戻るので気軽に使用出来ます。

ただ金属類への影響は軽微、となっていますのでハイターほどでは無いにしろ使用は控えたほうが良いかもしれません。

小さい子供がいてハイター等の使用は気になる……という人は、この商品を使ってみてくださいね。

 

ノロウイルスの感染経路と注意点

woman-doctor

ノロウイルスは強い感染能力だけでなく、実は吐瀉物や汚物が乾燥してからの空気感染も感染ルートとなる怖い病気です。

ですから感染者の衣服や食器、使用後のトイレ等も十分に気を配り、早めに消毒しなければいけません。

そこで使用する消毒液、消毒方法を正しく理解していないと被害が広がる事も考えられるのです。

これらのノロウイルス対策アイテムを上手に利用して、感染拡大を防いで下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ