ノロウイルスは潜伏期間と初期症状だけ押さえれば悪化を防げる

インフルエンザが流行する冬の時期にもう一つの驚異として上げられるのが、ノロウイルス。

冬がやってくると同時に幼稚園、小学校で集団感染が危惧される厄介な病気です。

ノロウイルスの恐ろしさは症状だけでなく、流行しているという兆しが出た時には既に感染している可能性があるという点にあります。

だからこそノロウイルスの初期症状を見逃さない事、そしてノロウイルスに対する知識を付ける事は重要となります。

この機会にノロウイルスに対する理解を深めて頂きましょう。

スポンサーリンク


ノロウイルスの潜伏期間

まず初期症状の前に、知って頂きたいのが「潜伏期間」です。

ノロウイルスは感染したからといってすぐに症状が出る訳ではないので、今大丈夫でも後々症状が現れてくる事は良くある事なのです。

 

さてそのノロウイルスの潜伏期間は、

  • 一般的に24時間から48時間
  • ウイルスが体内に入って二日以内

に症状が出始めます。

ただしこれは一般的な数値であり、感染した人の免疫力や体力によっては感染したその日の内に発症する事もあるのでご注意下さい。

 

因みに潜伏期間中にもノロウイルスのウイルスは体内に存在しますが、そこから感染する可能性はとても低いです。

何故ならノロウイルスの感染経路はノロウイルスの感染者の吐瀉物、排泄物等に含まれるウイルスが最も多いからです。

 

しかし嘔吐や下痢等の症状が起きていない潜伏期間中ならウイルスを含んだ吐瀉物や排泄物は出ないので、ウイルスが含まれた飛沫によって感染する確率は低いです。

ですから前日に触れ合った人がその日ノロウイルスを発症したとしても、潜伏期間中に接しているなら感染の可能性は低いでしょう。

一番気を付けるのは発症してから、そこからはもしも感染している場合は周囲に広めないように気を配るのが大切になります。

スポンサーリンク


ノロウイルスの初期症状

では次にノロウイルスの初期症状についてご説明していきましょう。

ノロウイルスの初期症状は主に、

  • 微熱
  • 下痢
  • そして嘔吐

です。

予兆のない急な嘔吐や、チクチクと刺すような辛い腹痛の症状が出た時は注意して下さい。

 

またノロウイルスと言えば腹痛と嘔吐に気を取られがちですが、一番早く出る症状としては微熱の症状が上げられます。

 

ですから発症当時はノロウイルスではなく、風邪だと思って発見が遅れるケースが多々あります。

ノロウイルスが広まり出す冬場、11月頃からは急な発熱、微熱でも見逃さず、出来たら何時頃から熱が出始めたか覚えておくと良いでしょう。

微熱が続いた後に急な嘔吐症状、激しい下痢が起こればノロウイルスに感染している可能性が高いです。

 

また微熱とは言いましたが、希に高熱が出る人もいるのでやはり寒い時期の急な発熱にはご用心下さい。

特に乳幼児の場合は周囲が注意し、水のような便が出だしたら危険な兆候です。

脱水症状にならないように気を付けるだけでなく、医療機関の受診、広まらないようにオムツや衣服の取り扱いにも気を付けて下さいね。

 

シーズンの兆候を見逃さない

ノロウイルスのポイントは、最初の発熱にあります。

しかし症状が症状なだけに、そして寒くなり始める時期でもあるので多くの人が「風邪の引き始め」として判断してしまう事が多いのが現状です。

しかし、このノロウイルスの流行り始める時期、シーズンを知っておく事、そして最初の兆候が発熱にある事を念頭に置いておけば、早めの対処は可能です。

特に11月末からの寒くなる時期にはこの兆候を見逃さないようにしないと周囲に感染を広げてしまい、下手をすればシーズン中に何度もかかる可能性すらあります。

発見を早く、そして対処を早く。

初期症状を見逃さないようにして、感染の拡大を防ぎましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ