【妊娠は難しいと感じる?】簡単にすぐにできる妊娠しやすくなる方法

毎月生理がやってくるたびにがっかりして、どうして妊娠しないのかと落ち込んだり焦ったりしてしまいますよね。

 

なかなか妊娠しない、と思ったら、まずは普段の生活を見直してみましょう。

 

今回は冷えと不妊の関係に焦点を当てて、妊娠しやすいからだづくりをする方法を紹介します。

 

ちょっと立ち止まってこれまでの自分の生活を振り返り、赤ちゃんがやってくるためのからだの準備をしましょう。

スポンサーリンク


冷えてませんか?あなたの子宮

onaka

冷え性は多くの女性が抱える悩みです。

 

なかでも妊娠に影響するのは手足の冷えだけでない、お腹や腰回りの冷え。

 

素手でおしりを触ってみてください。

 

手よりもおしりの方が冷たかった場合は危険サイン。

 

子宮が冷え切っている可能性が大きいのです。

そのままでいると妊娠しにくいだけでなく、

膀胱炎や自律神経の乱れを引き起こす危険性もあります。

 

冷えと不妊の関係

syobo-nn

排卵や生理を促すさまざまなホルモンは脳や卵巣でつくられ、血液の流れにのってからだ全体に行きわたります。

 

冷えなどによって血流が悪くなると、必要な場所にホルモンが届かずに妊娠しにくいからだになってしまうのです。

 

また血流が悪くなると老廃物の排出も滞りがちになります。

 

せっかく受精した卵子も老廃物のたまった子宮では着床しにくくなってしまうのです。

スポンサーリンク


からだを温める3つのポイント

poinnto

冷え性の原因はストレスや自律神経の乱れなどさまざまですが、

毎日の生活のなかで次の3つのポイントをおさえれば驚くほど改善されます。

 

  • 食生活から温める

nabe-atatamaru

食べ物にはからだを温めるものと冷やすものがあります。

冷え症の方は積極的にからだを温める食べ物をとって、内側から温めましょう。

 

ざっくりと分けると、

  • トマト
  • ピーマン
  • なす

などの夏野菜はからだを冷やし、

 

  • 大根
  • かぼちゃ

などの

冬野菜は温めるといわれています。

 

また、色による見分け方では、

青・白・緑のものは、からだを冷やし、

赤・黒・オレンジのものは温めるともいわれます。

 

からだを冷やす生野菜などをとる場合には、

積極的に

  • しょうが
  • にんにく
  • ねぎ

などを使って、からだを温めることを心がけましょう。

 

  • 日常生活で温める

ofuro-karada-atatame

毎日のバスタイム、シャワーだけで済ませずにきちんと湯船につかっていますか?

 

20分間のシャワーより

10分間湯船につかった方が、はるかにからだは温まります。

 

ゆっくりと湯船につかると、

  • リラックスできる
  • 自律神経を整える
  • 睡眠が深くなる

などの効果もあります。

 

さらに、お風呂から上がった後はすぐにドライヤーをかけ、頭皮から冷えるのを防ぎましょう。

 

頭はたくさんの血管が通る大事な場所。

 

一度冷えてしまうと、それを温めるのにたくさんのエネルギーが必要になってしまいます。

 

せっかくお風呂で温まった体をキープするために、ドライヤーはとても大切なのです。

 

  • 適度な運動で温める

tekidona-undou

運動不足は冷えの大きな原因のひとつ。

 

運動することで体温が上がり、脈拍が増えて血液の流れがよくなります。

それでも毎日の生活の中では忙しくてまとまった運動時間がなかなかとれないもの。

 

そんな場合は、寝る前に15分だけストレッチをしてみてください。

 

布団などに寝っころがりながら、深くゆったりと呼吸して、

からだの関節を一つひとつほぐすように動かしてみましょう。

 

ヨガのポーズなんて知らなくてもOK.

 

  • 足首
  • 手首

などを、一か所ずつゆっくりと大きく回し、

自分が気持ちいいと思うまで伸ばしてみてください。

 

終わったころにはぽかぽかとからだが温まるのを実感できると思います。

 

からだを温めて妊娠しやすいからだに

woman-doctor

冷え症を改善すれば妊娠する確率はずっと高くなります。

 

紹介した3つのポイントを頭の片隅において、毎日の生活のなかで意識的にからだを温めるよう心がけましょう。

そうすることで自然に妊娠しやすいからだに変わっていきますよ。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ