【熱中症なのに寒気?】悪寒がする・震えの正体と症状別の対処法

春も過ぎて、だんだんと夏が近付いてきましたね。

これから海水浴やプール、キャンプなど屋外で楽しめるイベントが多い季節になりますね。

そこで注意して頂きたいのが熱中症です。

タイトルを見ていただきますと、熱中症なのに寒気?と思われる方も少なくないと思います。

 

しかし、実際熱中症に罹患してしまった方で、「暑くてたまらないのに寒かった。」とおっしゃる方は少なくありません。

熱中症は、何となくだるい、異常にのどが渇くなどの軽度の症状から、最悪死に至る重症まで、症状とメカニズム、またその人個人の切っ掛けは多岐に渡ります。

この記事では、熱中症とは何か、寒気や悪寒に焦点を当てて、メカニズムや対処法をお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク


熱中症とは

necchu-shou

気温が上昇してくると、必ずと言っていいほど“熱中症”の注意喚起がなされます。

では、熱中症とは何のことなのでしょうか。

環境省では、熱中症は

  • 高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。
  • 死に至る可能性のある病態です。
  • 予防法を知っていれば防ぐことができます。
  • 応急処置を知っていれば救命できます。

と発表しています。

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

熱中症には定義はなく、環境省を始め様々な情報源で熱中症の説明がなされています。

筆者が簡単にまとめると、室温や気温が高い場所で生活・活動することにより、身体に熱がこもって発症する疾患、と言ったところでしょうか。

 

熱中症にも、現れた症状によって3つの段階があります。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送


※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

この表は環境省で発表されているものですが、お気づきの通り寒気・悪寒の記載はありません。

 

しかし、いくつかの医療機関の統計などを調べたところ、やはり寒気や悪寒を感じた、と言う体験談は少なくありませんでした。

 

以降の項でお話ししますが、熱中症による寒気などは決して軽視できる症状ではありません。

適切な対処で予後は大きく変わりますので、是非ご一読くださいね。

 

熱中症が身体にもたらす変化

natsubate

熱中症を筆者の言葉でもう少し説明させて頂くと、

●気温や室温で発汗が促進し、電解質バランスが崩れる。

●体温の調節機能が崩れることで体温が上昇し続け、様々な症状が引き起こる

などが挙がります。

 

  • 電解質バランスとは?均衡が崩れるとどうなる?

denkaishitsu

私たちの体内の水分は、ただの水とは異なり、ナトリウムやカリウムと言った成分が含まれています。

これは、病院での採血検査で測定することが可能なデータで、様々な疾患の治療においても重要な情報となっています。

 

電解質のバランスが何故身体にとって必要かをご説明します。

 

私たちの身体の組織の細胞には、ナトリウム・カリウムチャネルと言う出入り口があり、ナトリウム・カリウムと言った成分の均衡を保つことで筋肉を動かしたり、組織に必要な水分を保ったり、その組織が正常に機能するようにしたりしています。

ラーメンなどの塩分(ナトリウム)が高めの食事を夜中に摂取すると、翌朝顔が浮腫んでいると言った経験がある方がおられると思いますが、そのメカニズムの一つとしても体内の電解質バランスの一時的な異常が関係しています。

 

熱中症に限らず、電解質バランスが崩れると各細胞が正常に機能できなくなり、

  • 倦怠感
  • 気分不快
  • 嘔吐
  • 頭痛

が引き起こります。

電解質バランスが破綻することのみで悪寒が生じるとは考えにくいですが、まずは熱中症のメカニズムの一つとしてお話ししました。

 

  • 体温調節の機能とは、熱中症の発熱とは

40do

私たちの体温は、正常範囲が36℃から37℃までとなっています。

 

いわゆる平熱の事ですが、もちろん個人差があって、基礎代謝が低くなれば平熱も低くなると言われています。

新生児は体温37.5℃までは正常範囲となっていて、老年期では正常範囲は成人と変わりませんが、35℃代も見られているのも事実です。

 

何故平熱に保たれているかにも理由があって、体内の酵素が一番活発に活動できるからです。

 

恒温動物であるヒトの体温調節は、脳の中でも間脳(かんのう)という部位にある視床下部(ししょうかぶ)の体温調節中枢が司っています。

体温中枢の働きは、基本的には先にもお伝えした平熱を保つようにすることです。

通常であれば、インフルエンザなどの感染症に罹患したとき、運動などで骨格筋による熱生産があったときや、気温や室温の外部刺激を受けた時、更には過緊張などで交感神経が優位になっても、体温は上昇します。

体温の上昇を感知した体温調節中枢は基本的には次の反応を起こします。

  • 血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がす。
  • 汗腺の活発化によって汗を分泌し、体内の熱を外に逃がす。
  • 骨格筋の弛緩によって、熱の産生を抑える。

血管、汗腺、骨格筋は全身にありますから、全身を使って体温を正常範囲に戻そうとするのですね。

 

ここまでが正常な生体反応です。

 

次に、熱中症で発熱の原因として挙げられるのが、自律神経機能の破綻です。

自律神経を整える、自律神経失調症、などの言葉を聞かれる方、感じる方もおられると思います。

自律神経機能とは、筆者の言葉でざっくりと説明すると、生理機能を司っている神経の一つ、となります。

交感神経系(興奮など)、副交感神経系(リラックスなど)に分かれ、

  • 呼吸
  • 循環
  • 消化
  • 発汗
  • 各ホルモンの分泌
  • 各代謝

などを司っています。

 

この自律神経の働きの一つに、体温調節が含まれています。

 

自律神経は、個人差が大きいですが環境・精神的ストレスなどの、外部・内部刺激によって比較的容易にバランスを崩しやすいという特徴があります。

 

しかし、その人に合ったストレス発散、ストレスが続く中でもほっと一息つく瞬間でも崩れかけた、または崩れたバランスを回復しやすいと言う特徴もあります。

 

熱中症で生体反応以外の体温の上昇が続くという事は、本人の力ではもうどうしようもありません。

熱中症を引き起こす環境は、過度で異常なストレスですから、体の働きの一つである体温調節機能が失われてしまうのです。

すると、体温の異常な上昇がきっかけで破綻した体温調節機能は、体温を下げるという働きができないままになってしまいます。

 

これが、熱中症での発熱のメカニズムです。

 

では、生体反応以外で体温が上がり続けるとどうなるのでしょうか。

 

先にお伝えした通り、ヒトにとっての平熱とは個人の生体機能を最大限発揮するために保たれています。

私たちの身体は血管と筋肉が正常に働くことで、心臓から拍出した血液を隅々まで運び、そこから二酸化炭素などの副産物を回収し心臓に戻す、という一連の作業を日々繰り返すことで生命を維持しています。

私たちにとって、血行動態とは最も重要な機能の一つであり、生命活動の最重要項目と言っても過言ではありません。

 

まず、体温が上昇を続けると、体温を下げなければと全身の血管と筋肉が弛緩(緩める、広がる事です)を続けます。

熱中症の場合、室温・直射日光などの外部刺激に起因することがほとんどですので、なんらかの対処をしないと体温は上昇を続けます。

 

すると、断続的に血管と筋肉が弛緩する(正常に機能していない)という事ですから、つまり血行動態に支障を来たすという事になります。

 

熱中症で血行動態に支障を来たす、ということがどのような影響を与えるのかを箇条書きにします。

  • 血管、骨格筋が弛緩を続ける(静脈に血液が貯留しやすくなる)。
  • 心臓から拍出した分の血液が、心臓に戻らなくなる。
  • 心臓に戻ってくる血液が少ない分、新たに心臓から拍出される血液が少なくなる。⇒血圧の低下(軽度:立ちくらみなど、重症:意識消失)
  • 血圧が低下するという事は、身体の隅々まで血液がいかない(酸素や栄養素などが供給されない)。⇒組織の貧血状態が引き起こる。
  • 主に身体の胴体に位置する内臓や中枢神経など、重要な部位も貧血状態が起こる⇒手足の血流を犠牲にして、内臓を守ろうとする。
  • それでも改善しなければ、心臓と脳の血流だけでも確保しようと、内臓の血管も収縮を始める。⇒内臓機能の低下、停止の危険性(多臓器不全)
  • 体温が上昇を続けることによって、血液の溶血反応が起こる(溶血とは、熱中症以外にも確認される現象で、主に赤血球が破壊されることです。酸素を供給できなくなったり、破壊された赤血球を始めとする異常な血液が供給されたりすることで様々な影響を及ぼします。)⇒心臓停止、脳死などの危険性

以上が筆者の言葉で説明する熱中症の症状とその原因です。

 

熱中症による悪寒の正体

nechu-sho-shoutai

では、熱中症による悪寒や寒気は、上記のうちのいつ、どんなきっかけで引き起こることが考えられるのでしょうか。

 

  • 普段の寒気や悪寒とは

samuke8

普段の生活でも寒気などを感じることはありますよね。

真冬に外に出た時や、インフルエンザなどの感染症に罹患したときなど、人によってきっかけはいろいろあると思います。

冬場に感じる寒気の正体は、外気温により体温が下がることを回避する防衛反応です。

仮に寒いまま体温がどんどん低下してしまえば、低体温症や凍傷になってしまいますから、それを予防するためですね。

 

その時、身体は骨格筋を収縮させることで熱を産生し、体温が下降してしまうのを予防します。

この骨格筋の収縮が、普段の生活で感じる寒気の正体です。

感染症などに罹患した場合は、私たちの身体は原因菌やウイルスを活動停止状態にするまで体温を上げる必要があると判断するので、すでに平熱を逸脱していても骨格筋を収縮させることで体温の上昇を図るのです。

これも、普段発熱したときに感じる悪寒の正体です。

 

  • 熱中症での悪寒とは

nechu-samuke

一方、熱中症での悪寒は上記とは異なります。

寒気を感じるタイミングは個人差があるので一概には言えませんが、筆者の母は体育館でバドミントンをしていた時に、

「ずっと暑かったけど、そのままやっていたら寒気がしたからやばいと思って水分とって外に出た。」と話していました。

 

母のように、寒気を感じてから自分で対処できる場合(つまり意識はまだしっかりしている)や、寒いと思って気づいたら病院のベッドの上だった、などその重症度は様々です。

メカニズムとしては、自律神経機能の破綻により、体温は下降していないのに寒く感じてしまう場合と、血行動態に支障を来たすという部分でお話した⑤⑥が当てはまります。

特に後者だった場合、生命の維持のために手足の血液を骨格筋の収縮によって内臓へと回している状態ですから、状況は深刻であることは想像に難しくないと思います。

 

対処法は?

245685

熱中症により寒気や悪寒が出現している時は、基本的には熱中症の対策と変わりはありません。

恐らく寒気や悪寒の他にも熱中症と思われる症状があると予測できるので、その症状により対処法を変えても良いかもしれません。

 

何となくボーっとする感覚や、足がつったりする場合は、熱中症重症度に当てはめるとⅠ度になりますから、まずは環境を変えて安静にし、スポーツドリンクなどの電解質を含んだ飲み物を摂取しましょう。

頭痛や嘔気を伴う場合は、重症度Ⅱになりますから、Ⅰ度の処置に加え、血行動態の負荷を少しでも和らげる目的で、衣服を緩めます。

必ず誰かが付き添い、意識が薄くなったり全身に痙攣が出たりしていないかを確認します。

 

もしⅡ~Ⅲ度の間で寒気や悪寒が生じていた場合、消化器官への血流不足や、機能不全のため吸収されておらず、気づかない間にも脱水症状と熱中症が重症化している可能性があるからです。

 

また、万が一付き添っていても、例えば急に意識がなくなったり全身に重度の痙攣が生じたりした場合、呼吸停止することも予測されます。

普段遭遇しない状況に出会うと、誰でも焦ったり気が動転したりします。

心配だと思ったら、または良くなっていないと少しでも感じたら救急搬送するか、救急車を要請することも大切です。

特に小児や高齢者だと、予測よりも早く状況が悪化することがありますので、ご注意ください。

 

※熱中症の当サイトおすすめ記事はこちら

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

難しいお話がほとんどを占めてしまいましたが、熱中症と寒気・悪寒のつながりは伝わったでしょうか。

熱中症の寒気は、タイミングに個人差があり対処に困ることもあると思います。

決して軽視せずに、安全に夏を過ごしていただけることを願います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ