【安易な熱中症対策は危険】冷やす場所と冷たいシャワーの正しい知識

段々と暑くなる日が多くなってきましたね。

季節がら、熱中症が心配な季節ですが、どうしてもかかってしまう事もあります。

 

この記事では、熱中症の対処の一つである身体を冷やす時に、どこを冷やしたらよいかをお話しします。

 

熱中症以外にも、感染症などで高熱を出した時にも活用できるので、是非ご一読くださいね。

スポンサーリンク


熱中症は冷やさなければならないの?

zutsu-hiyasu

熱中症は、重症度によっては積極的に身体を冷やすことが必要です。

 

まずは、下記の表をご覧ください。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

この表は、多くの医療施設で採用されている熱中症の重症度の表です。

 

ご覧いただくと、Ⅱ度以上の熱中症の場合は積極的に身体を冷却することが推奨されていることが分かります。

熱中症は、重症度や状態によっては、体温を下げると言う生体反応が機能しなくなり体温が上昇を続けてしまいます。

 

また、一見してそこまで悪くはないだろうと思われる場合でも、悪化の一途をたどっている場合があります。

目安として、表の症状を参考にしてくださいね。

 

体温が上昇している時はどこを冷やすか

jinntai

一般的に熱が出た時に冷やしている光景を思い出すと、額にタオルを置いたり後頭部の下に氷枕を置いたりしている様子が思い浮かびます。

 

しかし、これらは実は医学的な効果はほぼないと言われています。

 

理由としては、血液が体中に巡るための太い血管が存在しない事が挙げられます。

 

ヒトの体の中で全身を巡っているのは血液であり、体温を下げるためには、この血液自体を冷やすことが有効です。

 

場所でいうと、

  • 首(頸動脈)
  • ワキの下(腋下(えきか)動脈)
  • 足の付け根(大腿(だいたい)動脈)

上記が体温を下降させるためには重要です。

 

  • 手首(橈(とう)
  • 骨(こつ)動脈)
  • 足の甲(足(そく)
  • 背(はい)動脈)

これらも動脈は走行していますが、血管が細く血流が先に挙げた動脈と比較すると少ないですし、末端でありこれから静脈血へと変化してしまう事から、適しているとは言えません。

 

上記の理由から、なるべく体幹(胴体)に近い下線を引いた動脈が効果的であることが分かります。

 

冷やすためには何を使えばよいか

冷えピタ 大人用 冷却シート 増量 12 4枚(16枚入)[ケンコーコム ライオン 冷えピタ 冷却シート 大人用]【あす楽対応】

価格:380円
(2016/8/2 20:25時点)
感想(17件)


一般的に熱が出た時などは、額などに張るジェルの製品が普及しています。

 

この製品は、高含水性基剤という補水率85%のジェルを使っているそうです。

ジェルが皮膚表面の熱を水分とともに蒸発させ、最大で8時間冷却効果を得ることが出来るとしています。

 

しかし、先にお伝えした通り、熱中症対策では血液の温度を下げることが必要です。

故に、上記の皮膚表面の対策では効率的とは言えませんね。

 

同様に、濡れたタオルなども効果的ではないことが分かります。

熱中症の対策では、アイスノンや氷嚢、ビニール袋に入れた氷などを使用することが効果的です。

 

2項でお話した部位を積極的に冷やします。

 

ただし、皮膚に直接置くのは30分程度とし、その後は薄手のガーゼやタオルにくるむようにしましょう。

 

冷やし続ける時間ですが、これは明確にはなっていません。

体温の変化を確認できるのは体温計での測定ですので、可能であれば体温を定期的に測定します。

 

状態によっては、涼しい場所へと環境を変えることでも体温調節が可能となる場合もありますので、ご本人の感覚や、客観的に触ってみた様子で判断しても間違いではありません。

しかし、熱中症は実に病態が根深く、症状が軽快しても深部体温が高くなっていることも考えられるので、客観的に触ってみてあまりにも熱く感じる、症状が改善しないなどの場合は、病院に受診することも必要です。

 

水シャワーは効果的?

shawaer

身体を冷やすと言えば、水のシャワーですね。

暑い季節も、海やプールに使っていると暑く感じないですね。

 

しかし、私たちの身体は、皮膚表面が過剰に冷えると、その清涼感とは反対に低体温症を予防しようと体温を上昇させるよう働きます。

 

つまり、身体を冷やす目的で行っても、結果的に身体は反対の反応をしてしまいます。

故に、熱中症対策としては非効果的であることが分かります。

 

何もない時はどうすればよいか

gimon-9

状況によっては何もないこともあると思います。

そのような時は、まずは落ち着いて日陰や風通しの良い場所を探し、可能であれば移動します。

 

移動が困難であれば周囲に助けを求めたり、最悪の場合は119番したりしても良いと思います。

 

その後、きつい衣服であれば緩め、手持ちのタオルなどの風を送れるもので仰ぎます。

その際に、ゆるく絞った濡れたタオルなどで体をふくことが出来れば尚効果的です(汗の代わりですね)。

 

また、アルコール濃度の高いお酒を吹きかけるのも効果的と言われています。

注射の時のアルコール消毒でスーッとする原理ですね。

これは揮発した時の熱放散を期待した方法ですが、なかなかアルコールがすぐ近くにある状況が筆者にはないので、実践したことはありません。

 

おわりに

woman-doctor

体を冷やすにも、冷やし方、冷やす部位によって効果の期待できる方法や、逆効果になってしまうこともあることがお分かりいただけたでしょうか?

実は、もともと人間に備わっている汗の効果を最大限に生かすことが、体を冷やすには一番効果的なんです。

自分の体の機能を生かして、無理なく熱中症対策をしましょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ