【熱中症と吐き気】気持ち悪いを解消するなら、夏バテ対策がおすすめ

今年も春が終わり、徐々に夏が近付いてきましたね。

気温が高くなってくると、日々ニュースなどで熱中症の注意喚起を伝えています。

熱中症は、安静にすることで軽快する症状から最悪死に至るまで、その症状と経過は多岐に渡ります。

 

この記事では、熱中症とは何か、また熱中症の症状の一つである嘔気に焦点を当ててお話ししたいと思います。

 

熱中症で引き起こる嘔気は、比較的初期にも起こる症状の一つです。

この時点で気づき、対処することで更なる悪化を回避できる可能性があるので、是非ご一読くださいね。

スポンサーリンク


熱中症とは

 

necchu-shou

環境省では、熱中症は

  • 高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。
  • 死に至る可能性のある病態です。
  • 予防法を知っていれば防ぐことができます。
  • 応急処置を知っていれば救命できます。

と発表しています。

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

熱中症には定義はなく、環境省を始め様々な情報源で熱中症の説明がなされています。

筆者の言葉で簡単にまとめると、室温や気温が高い場所で生活・活動することにより、身体に熱がこもって発症する疾患、と言ったところでしょうか。

熱中症にも、現れた症状によって3つの段階があります。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送

嘔気は上の表で見ると、Ⅰ・Ⅱ度の双方に位置します。

Ⅱ度の場合は救急搬送が必要ですから、状況によっては一人で安静にしているだけでは危険ですね。

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

また、表の症状では医療従事者の筆者から見ても、Ⅰ度とⅡ度の見分けが曖昧であると感じます。

筆者は、日常生活で一日何度か立ちくらみがありますし(Ⅰ度)、暑い日が続いたり残業が続いたりすれば倦怠感を感じる(Ⅱ度)からです。

 

目安として、知名度が高く医療施設でも使われているマニュアルを抜粋しましたが、

ご本人の感覚的に、いつもの気持ち悪さと違うまたは、何となく気持ちが悪いという程度でも、この季節は涼しい場所で安静にすることが勧められると言えます。

 

余談ですが、熱中症を調べると似た名前の“熱射病”と“日射病”が挙がる事に気づきます。

 

熱射病は熱中症の中でも、原因が高温多湿の場所などで長時間過ごすことで罹患する場合で、

例えば外の気温が高い中、体育館などの冷房設備がない場所などで運動をしている場合が挙がります。

 

日射病は、熱中症の中でも、直射日光を長時間浴びることで罹患する場合で、

例えばお子様が公園で遊ぶ、建設業などの屋外業務、営業などの屋外業務が挙がります。

つまり、熱中症は総称に当たります。

また、上の説明の長時間は、状況、環境、体質、元々の体調、年齢など個人差がありますので、自分が罹患していないから周囲の人も大丈夫、とは一概に言えません。

 

熱中症の気分不快や嘔気・嘔吐は何故起こるのか

samuke-hakike

では、何故熱中症で気分不快と嘔気・嘔吐は起こるのでしょうか。

 

※熱中症の表では重症度は異なりますが、具合の悪化が違うだけでメカニズムは同じなので、まとめてお話しします。

 

熱中症と気分不快、嘔気・嘔吐の症状を筆者の言葉で説明すると、

 

  1. 上昇し続ける体温を下げようとして、血管や筋肉が弛緩する
  2. それでも体温が下がらず、血管や筋肉が弛緩し続けるため、消化器官への血流の確保が出来なくなる、と挙がります。

 

ヒトの体温調節の機能とは?体温が上昇を続けるとどうなる?

40do

私たちの体温は、正常範囲が36℃から37℃までとなっています。

いわゆる平熱の事ですが、もちろん個人差があって、基礎代謝が低くなれば平熱も低くなると言われています。

 

平熱の温度にも理由があって、体内の酵素が一番活発に活動できる温度が36℃から37℃なのです。

 

恒温動物であるヒトの体温は、脳の間脳(かんのう)という部位にある視床下部(ししょうかぶ)の体温調節中枢が司っています。

体温中枢の働きは、基本的には先にもお伝えした平熱を保つようにすることです。

(インフルエンザなど、何らかの疾患に罹患した場合は除きます)

 

運動などで骨格筋による熱生産があったときや、気温や室温の外部刺激を受けた時、更には過緊張などで交感神経が優位になっても、体温は上昇します。

 

その場合、体温の上昇を感知した体温調節中枢は次の反応を起こします。

  • 血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がす。
  • 汗腺の活発化によって汗を分泌し、体内の熱を外に逃がす。
  • 骨格筋の弛緩によって、熱の産生を抑える。

血管、汗腺、骨格筋はほぼ全身にありますから、全身を使って体温を正常範囲に戻そうとするのです。

 

ここまでは、正常な生体反応です。

 

では、体温が上がり続けるとどうなるのでしょうか。

 

先にお伝えした通り、ヒトにとっての平熱とは個人の生体反応を最大限発揮するために保たれています。

体温が上昇を続けると、体温を下げなければと血管と筋肉が弛緩(緩める、広がる事)を続けます。

私たちの身体は血管と筋肉が正常に働くことで、心臓から拍出した血液を隅々まで運び、そこから二酸化炭素などの副産物を回収し心臓に戻す、という一連の作業を日々繰り返すことで生命を維持しています。

 

しかし、断続的に血管と筋肉が弛緩するという事は、正常に機能していないということですから、つまり血行動態に支障を来たすという事になります。

熱中症の症状は、この血行動態の異常が全ての症状のベースとなっていると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク


何故、筋肉や血管が弛緩すると消化管に影響を及ぼす?

熱中症の症状の大きなメカニズムは、先にお話ししました。

 

では、何故そのメカニズムが消化器官に影響を及ぼし、吐き気などの症状が起こるのでしょうか?

 

私たちの身体は、生命の維持に欠かせない組織が中心に集まるように構成されています。

 

内臓などのいわゆる五臓六腑、中枢神経、内臓に血液を送る太い動脈などは、手足と比較して心臓に近い胴体の中に位置しています。

 

これは言い換えれば、手足の血流を犠牲にしても(つまり、手足の血管や筋肉を収縮させる、血流を少なくするという事ですね)

内臓などの大切な組織に血流を送り続けることを意味します。

 

そして、消化器官とは基本的には

  • 食道
  • 小腸
  • 大腸

をさしますから、内臓の半分以上を占めています。

 

先にお話した、断続的に体温が上昇を続けると血管や筋肉が弛緩する、という事は、

心臓から拍出した血液が心臓に戻りにくくなっているという事なので、内臓に十分な血液を供給できないことを意味します。

同時に、体温上昇で発汗が促されて脱水状態になっており(つまり循環血液量が減少している)、更に内臓に血液が供給されなくなっています。

 

普段、消化器官の血液供給量でどのように感覚が変化するかは、みなさんも一度は体験があると思いますので、例として挙げます。

 

食後にぼーっとしてあくびが出る、眠くなって仕方がない、という経験をされたことがある方も少なくないと思います。

これは、消化器官の一つである胃に血液全体の1/5(個人差があります)が集約して引き起こる現象の一つです。

胃で食べたものを消化するために一時的に血液が集約するのですが、そうなると普段思考を巡らせていて最も血液を必要とする脳への血液供給量が、必然的に減少します(体内の血液量は同量なため)。

そうすると、脳は満腹感と血液供給量の減少で眠気を引き起こします。

 

上のお話は熱中症とは無関係なメカニズムであり、ヒトの正常な反応ですが、消化器官への血液供給量が変化することで、少なからず感覚に変化が現れることのイメージが付きやすくなったのではないでしょうか。

ヒトは、個人差がありますがストレスや身体に起こった異常を、痛みや不快な感覚として脳が反応する傾向があります。

熱中症により消化器官に影響を及ぼしているという事は、擦り傷や切り傷の痛みなどとは比較できないほど生命の維持に危険を及ぼしているということは想像に難くないと思います。

消化器官の「血液が足りていないから、消化活動ができないよ。食べ物が入ってきても働けないから入れないでね。」

という訴えが、気分不快や嘔気・嘔吐に繋がっているのです。

 

また、血管と筋肉の弛緩が続き消化器官の血流が少なくなるほどの熱中症の悪化が続くと、ヒトの身体は更に心臓と脳の血流を確保しようと消化器官の血管を収縮させます。

すると、更に消化器官の血流が減少するという悪循環に陥ります。

恐らくここまで状態が悪化している時は熱中症の重症度はⅡ度よりも重症化していることが予測されますので、嘔気・嘔吐が続くときは第一選択として病院に受診するのが最善の方法と予測できます。

 

ここまで、軽度から重症までをお話してきました。

少し怖いお話になってしまったかもしれませんが、早期に対処すれば軽快する可能性も高く、少し意識して頂くだけで簡単に取り入れられる方法ですので、是非実践していただきたいと思います。

 

夏バテ状態

natsubate

本来、夏バテとは、夏が終わる頃(秋口)に、夏の疲労が蓄積し体調を崩すことの総称です。

 

現代では、通常の体調と熱中症の間の「何となくだるい、食欲がない。」と言った症状を指すことが比較的多い傾向にありますので、夏バテと表記します。

 

夏バテは、

  • 気温が高い日が続く
  • 暑い屋外と寒い室内を往復する
  • 熱帯夜で睡眠不足になる
  • 暑いからと言って冷房の良く利いた室内ばかりいる

などで容易に起こり、何とも言えない体調不良を経験された方も少なくないと思います。

 

この症状は、自律神経の一時的な失調に起因して起こることが多いのですが、この時点で水分・栄養不足になってしまうと、熱中症を引き起こしやすくなります。

この時点で気づけた場合は、スポーツ飲料や高カロリーゼリーの摂取、消化の良いもの(おかゆ、うどん、そうめんなど)を摂取することをお勧めします。

 

また、空腹感があまりなく、食欲不振になりやすい傾向にありますので、お握りなどの軽食を、普段の食事の回数の倍くらいに分けてこまめに摂取することも有効です。

気分不快はあるけど普通の食事が食べられる場合は、良く噛んで消化器官の負担を減らすことも有効ですね。

 

また、食事の消化活動後は尿として水分が排泄されやすいので、しっかりと水分を摂取することもお勧めです。

 

食事は食べる気にならないけど、お菓子は食べられるからお菓子で空腹を満たすと言う方もおられると思いますが、これはお勧めできません。

もしお菓子のような歯触りや甘めの味が好まれる場合は、グラノーラなどのシリアルに変えるなどの工夫が好ましいです。

 

また、冷房が効きすぎるのも夏バテの一因と言われますから、

室温は26-28℃に設定する、帰宅時や入浴後等は、扇風機や保冷材の活用などがお勧めです。

この時点で体調を回復できれば、夏バテで脱水・栄養不足からの熱中症を予防できる可能性があります。

 

熱中症の対処法

nechu-sho-taisaku

熱中症の対処法は、

  1. 身体を冷やすこと(日陰に移動する、風通しの良いところに移動する、アルコールを気化させる、スポーツ飲料などの電解質を含有した水分を摂取するなど)
  1. 衣服を緩める事(血行動態を少しでも安定しやすくするため)、の2点が挙がります。

 

熱中症になってしまった場合は、胃薬などの内服で症状を改善することは難しいと考えられます。

胃粘膜を保護するような薬は無意味とは言えませんが、やはり熱中症そのものを改善させる必要があります。

熱中症になってしまった時の食事の方法は、基本的には夏バテの時と同じです。

 

しかし、熱中症になってしまったという事はつまり脱水を起こしていますから、特に脱水症を改善させる必要があります。

飲み物の種類は、汗として体外に排出してしまった物質を補充する目的で電解質を含む水分が挙げられ、摂取のタイミングはのどが渇く前に行うことが大切です。

 

“こまめに水分補給を”とよく言われていますが、その目安はあまり明確にはなっていません。

人は水分を摂取しなくても、一時間に体重分(ml)の尿が作られるとされています(例:50kgなら50ml)。

例に加えて発汗量を50mlと仮定すると、一時間で最低100mlは無意識に排泄される計算になります。

 

これは筆者の考えであり、汗をかく量や体重によりますが、のどが渇かなくても、一時間毎に5口ほどは水分を摂取しても良いかもしれませんね。

もちろん、屋外での肉体労働の方や体重が100kg(尿量は最低100ml/時)のかたの場合は、その分余計に補水する必要がありますね。

この水分摂取の目安は、熱中症の改善だけでなく予防にも有効と考えていますので、是非取り入れてみてくださいね。

 

おわりに

woman-doctor

いかがだったでしょうか。

夏場の気分不快や嘔気は、油断できない身体のSOSの一つであるとイメージできたでしょうか。

 

この症状は熱中症が比較的軽症な頃から見られますし、また夏バテとして現れている場合も少なくないですから、是非予防に努め過ごしていただきたいと思います。

気温が上昇してくる今からでも起こる可能性があるので、どうぞご自愛ください。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ