【熱中症と頭痛】市販薬を飲む前に…頭痛が続く場合の2つの対処法

今年も春が終わり、夏が近付いていますね。

気温が上がり、夏日・真夏日と言われる日が増えてくると、ニュースなどで熱中症注意報が流れるようになります。

 

熱中症は、涼しい場所で安静にしていれば改善するものから、最悪の場合死に至る状態に陥るものまで、その症状は多岐に渡ります。

また、症状やきっかけになる環境は人それぞれです。

 

この記事では、熱中症の症状の一つである頭痛を取り上げ、メカニズムや対処法をお話しします。

これからの季節、注意して頂きたいので是非ご一読ください。

スポンサーリンク


熱中症とは

necchu-shou

気温が上昇してくると、必ずと言っていいほど“熱中症”の注意喚起がなされます。

では、熱中症とは何のことなのでしょうか。

 

環境省では、熱中症は

  • 高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。

  • 死に至る可能性のある病態です。

  • 予防法を知っていれば防ぐことができます。

  • 応急処置を知っていれば救命できます。

と発表しています。

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

熱中症には定義はなく、環境省を始め様々な情報源で熱中症の説明がなされています。

筆者が簡単にまとめると、

室温や気温が高い場所で生活・活動することにより、身体に熱がこもって発症する疾患

と言ったところでしょうか。

 

熱中症にも、現れた症状によって3つの段階があります。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

この記事のメインテーマである頭痛は、上記の重症度の表に当てはめるとⅡ度になります。

また、Ⅱ度の他の症状を見ても身体にとって危険な状況であることが分かります。

 

なぜ熱中症で頭痛?

zutsu-hiyasu

では、何故熱中症になると頭痛が引き起こるのでしょうか。

 

熱中症と頭痛の関係を、筆者の言葉でもう少し説明させて頂くと、

  1. 気温や室温で発汗が促進し、電解質バランスが崩れる。
  2. 体温の調節機能が崩れ、体温が上昇し続け、頭痛が引き起こる

というメカニズムです。

 

電解質バランスとは?均衡が崩れるとどうなる?

suibun-hokyu

私たちの体内の水分は、ただの水とは異なり、ナトリウムやカリウムと言った成分が含まれています。

これは、病院での採血検査で測定することが可能なデータで、様々な疾患の治療においても重要な情報となっています。

 

電解質のバランスが何故身体にとって必要かをご説明します。

 

私たちの身体の組織の細胞には、ナトリウム・カリウムチャネルと言う出入り口があり、ナトリウム・カリウムと言った成分の均衡を保つことで筋肉を動かしたり、組織に必要な水分を保ったり、その組織が正常に機能するようにしたりしています。

 

ラーメンなどの塩分(ナトリウム)が高めの食事を夜中に摂取すると

翌朝顔が浮腫んでいると言った経験がある方がおられると思いますが

そのメカニズムの一つとしても体内の電解質バランスの一時的な異常が関係しています。

 

熱中症に限らず、電解質バランスが崩れると各細胞が正常に機能できなくなり

  • 倦怠感
  • 気分不快
  • 嘔吐
  • 頭痛

が引き起こります。

 

上記の表で、熱中症Ⅱ度に悪化するまでではなくても、頭痛は引き起こる可能性があるのです。

 

体温調節とは?体温が上がり続けるとどうなる?

atsui-josei

私たちの体温は、正常範囲が36℃から37℃までとなっています。

いわゆる平熱の事ですが、もちろん個人差があって、基礎代謝が低くなれば平熱も低くなると言われています。

この温度にも理由があって、体内の酵素が一番活発に活動できるからです。

 

恒温動物であるヒトの体温は、脳の間脳(かんのう)という部位にある視床下部(ししょうかぶ)の体温調節中枢が司っています。

体温中枢の働きは、基本的には先にもお伝えした平熱を保つようにすることです。

(インフルエンザなど、何らかの疾患に罹患した場合は除きます)

 

運動などで骨格筋による熱生産があったときや、気温や室温の外部刺激を受けた時、更には過緊張などで交感神経が優位になっても、体温は上昇します。

 

その場合、体温の上昇を感知した体温調節中枢は次の反応を起こします。

  • 血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がす。
  • 汗腺の活発化によって汗を分泌し、体内の熱を外に逃がす。
  • 骨格筋の弛緩によって、熱の産生を抑える。

血管、汗腺、骨格筋は全身にありますから、全身を使って体温を正常範囲に戻そうとするのですね。

ここまでは、正常な生体反応です。

 

では、体温が上がり続けるとどうなるのでしょうか。

 

先にお伝えした通り、ヒトにとっての平熱とは

個人の生体反応を最大限発揮するために保たれています。

 

体温が上昇を続けると、それでも体温を下げなければと血管と筋肉が弛緩(緩める、広がる事です)を続けます。

 

私たちの身体は血管と筋肉が正常に働くことで、心臓から拍出した血液を隅々まで運び、そこから二酸化炭素などの副産物を回収し心臓に戻す、という一連の作業を日々繰り返すことで生命を維持しています。

 

しかし、断続的に血管と筋肉が弛緩するという事は、正常に機能していないということですから、つまり血行動態に支障を来たすという事になります。

熱中症の症状は、この血行動態の異常が全ての症状のベースとなっていると言っても過言ではありません。

 
なぜ頭痛が起こるのか。

zutsu-netsu

先に、体温が上昇を続けると、血行動態に悪影響を及ぼすとお話ししました。

 

では、それが何故頭痛に繋がるのでしょうか。

 

私たちの細胞は、血液が栄養素を供給し老廃物を回収することで代謝をする、つまり生命を維持しているとお話ししました。

 

これは、もちろん脳でも同じことが必須条件です。

 

熱中症により、身体の血行動態が不安定、または完全な不足状態に陥ると脳が貧血状態になります。

すると脳は、栄養の供給と老廃物の回収がされず、正常に働くことができなくなります。

 

私たちの身体は、異常や苦痛を痛みやだるさとして訴えるため、脳血流量の異常を痛みとして訴えるのです。

 

また、もう一つの理由で挙げられるのは、体温の異常な上昇により自律神経に障害を来たすという事です。

 

例として、ホルモンバランス変化により自律神経に障害を来たす更年期障害は、ほてり感や多汗などの症状を引き起こす可能性があります。

このように、自律神経の働きの一つに、体温や睡眠などの人の基本的な働きを正常に保つという機能があります。

自律神経は、過度なストレスによって日常生活でも容易にバランスを崩すことでも知られており、体温の異常な上昇は多大なストレスとして影響してくるのです。

 

これが熱中症の症状の一つである頭痛の原因です。

 

熱中症による頭痛が持続する時の対処法

taoreru-josei

熱中症による頭痛の対処法は、偏頭痛や日常生活でみられる頭痛の対処法とは異なります。

熱中症での頭痛は、通常の頭痛とはメカニズムが異なるため、処方・市販問わず鎮痛薬などの内服での改善はほぼ見込めません。

 

「熱中症で頭痛がひどかったけど、痛み止めを飲んだら治ったよ。」

という方がおられたら、一概には言えませんが、軽度の熱中症と頭痛を併発していたのかもしれません。

 

熱中症の頭痛の対処法は、

①身体を冷やすこと(日陰に移動する、風通しの良いところに移動する、アルコールを気化させる、スポーツ飲料などの電解質を含有した水分を摂取するなど)

②衣服を緩める事(血行動態を少しでも安定しやすくするため)

の2点が挙がります。

 

つまり、熱中症そのものを改善させなければならないという事です。

 

また、やはり熱中症にならないように心掛けることが大切で、電解質を含む水分の摂取はのどが渇く前に行うことが大切です。

“こまめに水分補給を”とよく言われていますが、その目安はあまり明確にはなっていません。

 

人は水分を摂取しなくても、一時間に体重分(ml)の尿が作られるとされています(例:50kgなら50ml)。

例に加えて発汗量を50mlと仮定すると、一時間で最低100mlは無意識に排泄される計算になります。

 

これは筆者の考えですが、のどが渇かなくても、一時間毎に5口ほどは水分を摂取しても良いかもしれませんね。

 

おわりに

woman-doctor

いかがだったでしょうか。

“熱中症で頭痛が起こる”と聞くよりは、体内の変化のイメージが付いたでしょうか。

熱中症は夏日が多くなってくる今から、油断できない疾患です。

この記事を読んで、少しでも熱中症に関して理解を深めていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ