【熱中症の種類】熱中症・日射病・熱射病の原因と対処法の違いとは?

段々と日差しが強くなり、夏が近付いてきましたね。

夏になると、必ず熱中症の情報が流れるようになりますね。

 

しかしその他に、日射病や熱射病という言葉も聞くことがあるのではないでしょうか。

言葉だけを聞くと、とても似ている印象を受けますね。

 

この記事では、熱中症と同様に夏に罹患しやすい日射病と熱射病についてお話します。

スポンサーリンク


熱中症とは

necchu-shou

はじめに、熱中症とは何かをお話しします。

熱中症には明確になっている定義はなく、各医療施設や教育現場ではその施設に合うように説明しています。

この記事では、環境省が謳っているものをご紹介します。

  • 高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。
  • 死に至る可能性のある病態です。
  • 予防法を知っていれば防ぐことができます。
  • 応急処置を知っていれば救命できます。

と発表しています。

※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

筆者が簡単にまとめると、室温や気温が高い場所で生活・活動することにより、身体に熱がこもって発症する疾患、と言ったところでしょうか。

熱中症にも、現れた症状によって3つの段階があります。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送


※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

この表は、多くの医療施設でも採用されている熱中症の重症度を示す表です。

Ⅰ度は軽症で、Ⅲ度に向かうと重症となっています。

熱中症の原因は、先にもお伝えした通り、室温や気温が高い場所で生活・活動することにより引き起こります。

ヒトは恒温動物なので、外気温などにより暑い・寒いと感じると、汗をかいて体温が上がらないようにしたり、骨格筋を震わせて体温を上げたりしようとします。

 

しかし、熱中症ではその生体反応が機能しなくなります。

同じ環境下にいても、暑いと感じればまずは汗をかいて体温を下げようと反応します。

 

しかし、授業や仕事などでその環境に居続けると、やがて体内の水分がなくなり、汗がかけなくなってしまいます。

そうなると、身体は極度の脱水状態となり、体温が上昇を続けます。

 

私たちの身体には、自律神経と言う神経があります。

自律神経とは、私たちが生きていくうえで様々な生理機能を正常にコントロールする役割などを担っているのですが、体温が上昇を続けるとこの自律神経も破綻してしまいます。

熱中症は、このような現象が起こることで、上記の表で挙げたような症状を引き起こします。

 

日射病とは

 

次に、日射病とは何かをお話しします。

日射病とは、熱中症の一種であり、特に直射日光を浴び続けることが原因で起こる疾患です。

直射日光を浴びていると、ヒトは汗をかき体温が上昇し続けないようにする訳ですが、直射日光を浴び続け、水分を補給せずにいると汗として体外に出せる水分が足りなくなります(つまり、脱水を起こします)。

 

私たちの汗の中には、ナトリウム、カリウムと言った電解質と呼ばれる物質が含まれています。

これが私たちの身体には非常に重要で、電解質が不足すると様々な不調を引き起こします。

日射病では、この脱水が原因でめまい、立ちくらみ、筋肉のひきつれや痙攣、嘔気や嘔吐、最悪の場合意識障害を引き起こします。

 

熱射病

次に、熱射病についてお話します。

熱射病とは、熱中症の一種であり、特に高温多湿の環境下(風通しの悪い室内など)にいたことが原因で引き起こる症状です。

閉め切った体育館での授業や、エンジンを切った車内が当てはまります。

 

熱射病では、主に体温調節機能が破綻することで頭痛、倦怠感、意識障害、痙攣を引き起こします。

私たちは通常、暑いと感じれば体温中枢が反応し、体温を下げようと汗をかきます。

 

しかし、熱射病を引き起こすような環境にいると、汗をかいても多湿、無風の悪条件により気化熱として体温を放散できなくなります。

 

また、環境によっては汗をかくことよりも体温の上昇が速く、先に体温調節機能の働きが悪く、汗をかけない状態になる事も予測されます。

例え多少は気化熱で体温を下げられたとしても、同じ環境に居続ければ脱水となり、生体反応が追い付けず、先にお伝えした症状を発症してしまうことになります。

スポンサーリンク


つまりどういうこと?

245685

先の説明では、なんだか全部同じように感じてしまいます。

 

つまり、熱中症は総称であり、熱中症の中でも、

“直射日光が原因で起こったものを特に日射病”

“屋内・外を問わず、高温多湿な環境が原因で起こったものを特に熱射病”

と呼んでいるのです。

 

更に、何だか分かりにくく感じる理由として、つまりは熱中症の一種なので原因は違くてもメカニズムは同じ事が挙げられます。

結局のところ、汗をかき続けることによって脱水になり、体温が上昇を続け、自律神経が破綻する、という流れは同じです。

 

結論として、身体に異変を起こした一番の原因が“直射日光であるか、高温多湿の場所か”の違いです。

 

対処法

V™—«-”¼‘³Žå•w [•œŒ³]

次に、対処法のお話をします。

 

まずは日射病です。

日射病では、特に汗をかいたことによる脱水が一番の原因ですので、水分の補給が重要です。

 

水分と言っても、先にお話した通り脱水では電解質の補給が重要になります。

飲み物のお勧めは、汗をかいて電解質を失うことを前提に作られたスポーツ飲料です。

スポーツ飲料はグルコースという糖分も含有されていますので、すぐに食事を摂れない場合にも適しています。

スポーツ飲料の摂取が難しい場合は、ミネラル含有を謳った麦茶などの摂取が好ましいですね。

 

嘔気や強い頭痛があるときは、

脱水による血行動態の悪化が進んでいる可能性があるので、

一気に水分を摂らずに、約200ml(コップ一杯分程度)を一時間ごとに摂取するようにします(胃が一度に吸収できる水分の量です)。

 

他には直射日光が当たらないように

  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす
  • 日陰を選んで歩く

などの注意が必要です。

 

次に、熱射病です。

熱射病では、水分の補給も大事ですが、まずは環境を変えることをお勧めします。

冷房が完備された場所が近くになくても、屋内(体育館や建築途中の建物など)の場合、風通しの良い屋外に出ます。

そうすることで、一気に汗をかいて熱を放散できる可能性があります。

 

しかし、可能であれば冷房設備の整った場所に移動してくださいね。

 

また、一気に汗をかけるという事は、急速に脱水が起こる可能性があるので、日射病の対処法と同様にスポーツ飲料などを摂取してください。

それでも症状が改善されない場合は、皮膚の外から解熱を手助けしなければなりません。

 

アイスノンや氷嚢などの身体を冷やせるもので、首・ワキの下・足の付け根など、皮膚の表面から軽く押さえてみて拍動を感じられる場所を重点的に冷やします。

もし氷などが無ければ、霧吹きで水を吹きかける、ゆるく絞ったタオルで体をふくなどした後(身体の表面に水が残る程度)にうちわなどで風を当てれば、汗と同様に気化熱による体熱の放散が期待できます。

 

他の対処法としては、休憩をとるときは屋外に出る、1-2分の休憩を1時間に1回以上とる、風を起こしても問題がない場合は扇風機などの移動に手間のかからない機材を運び入れるなどの工夫が必要です。

熱中症の場合は、原因が特定しにくい場合がほとんどだと思うので、両方の対処をする必要がありますね。

 

どの場合も、対処して改善が見られない場合や悪化する様子が見られるときは医療機関を受診しましょう。

 

また、意識障害(返答がおかしい、呼名に反応しない、気を失ったなど)が見られるときは救急車の要請が必要です。

例えば急に痙攣を起こして、運転手が驚き、気が動転して思わぬ事故につながる可能性があるからです。

もし救急隊から指示があれば、その指示に従いましょう。

 

おわりに

woman-doctor

いかがだったでしょうか。

熱中症、日射病、熱射病ともに、最悪の場合命を落とす可能性がある疾患です。

しかし、罹患してしまってもきちんと対処すれば回復が十分可能な疾患です。

これからの季節を安全にお過ごしいただくために、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ