【熱中症対策に効果的な服装】作業服と長袖の半袖の使い分け

だんだんと猛暑日になる事が多くなってきましたね。

私の父は、関東でサッシを取り付ける仕事をしており、この時期になるといつも暑さが厳しいと言っていたのを思い出します。

 

この記事では、主に屋外や冷房設備の整っていない場所で働く方々の熱中症の対策についてお話しします。

スポンサーリンク


熱中症

nechu-sho8

熱中症にも種類があることをご存知でしょうか。

 

主に屋外で直射日光を浴び続けることで罹患しやすい日射病と、

主に冷房設備が整っていない建築中の半屋外などで罹患しやすい熱射病があります。

 

熱中症は、もちろん気温を重視することが必要ですが、実は湿度も非常に重要なカギとなります。

熱中症は、軽度で気づき対策が取れれば、休息や水分補給をすれば比較的早期に仕事に戻ることが可能です。

 

しかし、軽い体調不良や二日酔いなどと決めて対策を取らないでいると、最悪の場合死に至る可能性があります。

 

特に業務中であると、その日の計画や作業内容によっては休憩時間を先送りにしてしまったり、作業に集中してしまったりする余り、軽度の段階で気づけなかったりします。

熱中症の初期段階の症状は、筋肉がひきつる感じや倦怠感、立ちくらみ、ボーっとすることが増える、などが挙げられます。

 

これだけ聞くと、日常生活でも比較的珍しくない症状ではないでしょうか。

(私も日常的に立ちくらみがよくあります)

集中している作業中に、周囲のスタッフがこのような症状を感じていたとしても、気づけない可能性も高いですね。

 

熱中症は脱水による水分補給が大切だとよく言われます。

 

しかし、それ以外にも大切なことがあります。

それが衣服の選択ということであり、そのことについて以下で説明させていただきますね。

 

熱中症と衣服の関係

necchu-ifuku

熱中症はお伝えした通り、日射病熱射病があります。

 

日射病は、直射日光に当たり続けることで汗をかき続け、脱水による電解質異常を来たす疾患です。

熱射病は、高温多湿(ビル内で風通しが悪い、または風を起こしてはならない業務など)で汗をかき続けるけれども、気化熱として体温を下げることが出来ず、体温が異常上昇する疾患です。

本来、汗をかくことで体温を下げて、生命を維持するのがヒトに備え付けられた防御機能です。

そして、水分補給や冷房が完備した場での休息などで、その機能を助けることで、一般によくいう熱中症予防になるわけです。

 

しかし、お仕事中は水分補給が自由にできたり、冷房が常に完備した場所で過ごせるわけではありません。

 

スポンサーリンク


対策

necchu-ifuku3

そこでこの夏、是非注目して頂きたいのが衣服です。

これは、長袖や半そでに関わらず該当することなので、ぜひ参考にして参考にしていただきたいと思います。

 

私の父にも言えることですが、屋外での業務に携わる方は締め付けられる仕事道具を常時身に着けていることが多いですね。

それは作業効率の上昇や利便性だけでなく、働く方々の安全を確保するためにも必要です。

建築業の方はもちろん、外回りをする営業の方なども、クールビズと言えどベルトやネクタイ、腕時計を着用しているのをよく見かけます。

 

これでは、汗が揮発することが出来ず体温が下がりません。

※揮発…液体が乾いて蒸発すること

 

そして、体温が下がらず更に汗をかくことで、電解質異常を来たす可能性があります。

そこでお勧めしたい方法が、作業着などの下に吸水性と速乾性に優れた薄手の物(もしくは作業効率を損なわない程度の厚さの物)を追加して着用する方法です。

 

十分といえる量の汗をだらだらかいていても、風が無ければ揮発できずその効果が発揮できません。

 

また、風があっても水滴のままでは効率的に揮発できません。

びっしょりと濡れたままの洗濯物より、きちんと脱水してある洗濯物の方が速く渇きますよね。

それと同様です。

 

そこでお勧めしたいのが、衣服が適度に汗を吸水することで、揮発しやすくする方法です。

上記の方法で吸水していても、すぐにびっしょりしてしまっては効果がなくなってしまいます。

びっしょり濡れて渇くのが遅いと、作業着と皮膚の間に湿気がこもり汗の揮発を妨げてしまいます。

揮発は、周囲の湿度との差が適切であることで効果を発揮します。

湿気がこもってしまうと、更なる悪循環を来たしてしまうのですね。

 

その解決法として、速乾性に優れた素材の衣服を着用することが最適です。

 

汗を吸水した後に早く渇くことで、効果的に熱中症を予防しながら仕事をすることが可能となります。

素材を調べますと、実に様々な製品が開発されています。

 

店舗や通販などで、是非ご自分に合った機能やデザインの物を探してみてくださいね。

吸水性と速乾性を兼ね備えた衣服と言えば、スポーツ用品で良く見かけるほか、最近では各ブランドでも販売されています。

 

ただし、大量に汗をかいて、どんなに高性能な衣服でも、その性能が追い付かない可能性があります。

 

そんな時は、着替えをしてしまいましょうね。

同時に、水で絞ったタオルなどで汗を清拭すると不快感が少なくなり、また清涼感が得られやすいので、可能であったら是非行ってみてくださいね。

 

おわりに

kangoshis

屋外で業務をされる方は、夏は暑く冬は寒いので本当に大変だと思います。

 

熱中症で仕事中に倒れてしまうニュースが毎年、流れますよね。

よく言われている水分補給だけでなく、衣服に工夫を凝らして、熱中症対策をすることも大変有効な手段です。

汗を上手く利用して、自分の体温を調節するということを忘れずに、熱中症対策にお役立てくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ