【熱中症の症状と病院にいくかの判断】何科いくべきかと救急車要請

段々と夏の日差しが強くなってきましたね。

この季節、特に注意したいのが熱中症ですね。

しかし、どれだけ注意していてもその日の体調不良や環境の変化などで、どんな疾患でも罹患する可能性はゼロにはできません。

この記事では、熱中症を病院と関連付けてお話しします。

スポンサーリンク


熱中症は受診が必要?

熱中症にかかってしまったら、受診が必要なのでしょうか。

風邪のように、自分が大丈夫だと判断したら自宅で休養していれば良くなるのもでしょうか。

まずは下記の表をご覧ください。

熱中症重症度症状の一例対処法
Ⅰ 度●手足がしびれる

●めまい、立ちくらみがある

●筋肉のこむら返りがある(痛い)

●気分が悪い、ボーっとする
涼しいとこで一休み。

冷やした水分・塩分を補給しましょう。

誰かがついて見守り、良くならなければ、病院へ。
Ⅱ 度●頭ががんがんする(頭痛)

●吐き気がする・吐く

●からだがだるい(倦怠感)

●意識が何となくおかしい
Ⅰ度の処置に加え、衣服を緩め、積極的に冷やしましょう。
Ⅲ 度●意識がない

●体がひきつける(けいれん)

●呼びかけに対し返事がおかしい

●真直ぐに歩けない・走れない

●体が熱い
救急搬送


※環境省 熱中症健康保健マニュアル2014 一部引用

 

この表は、熱中症の重症度を3段階に分類して表したもので、多数の医療施設で採用されているものです。

この表をご覧いただくと、Ⅰ~Ⅲ度において、すべての症状が出現した時に受診が必要であることが分かります。

 

Ⅰ度の場合

Ⅰ度では、一見すると普段でも起こりうる症状ですね。

ここでのポイントは、熱中症を引き起こすような環境にいたか、水分の補給を怠ったなどの熱中症に罹患しやすい行動をしていたか、ということです。

表にも書いてある通り、まずは日陰や風通しの良いところに移動したり、冷房が完備されている場所に移動したりして、休息と水分補給を図ります。

 

この対応で症状が軽快すれば、受診はせずに経過観察で良いという事ですね。

 

その後は、水分補給を30分から1時間ごとに行い、可能なら休息もいつもより多くとることが好ましいです。

 

Ⅱ度の場合

Ⅱ度は、一番判断に困るところかもしれません。

 

Ⅰ度の対処に加え、血流を阻害しないようにベルトを緩めたりYシャツのボタンをはずしたりします。

氷やアイスノンなどがあれば、ワキや足の付け根などを積極的に冷やしていきます。

ここまでが応急処置なのですが、同時に頭痛や吐き気が強くなることはないかを定期的に確認します。

ここで一番注意して頂きたいのは、意識の確認です。

 

Ⅱ度とⅢ度の最も大きな違いは、意識障害の有無だと考えます。

 

まずは患者(文章上分かりやすく、熱中症に罹患したと思われる方を患者と表現します)と視線が合うように体制を整えます。

そして、患者が「間違いなく自分に話しかけている。」と思えるように呼名したり、状況に応じて肩をたたいたりします。

 

  • 「お名前はなんですか」
  • 「症状はどんなものですか」
  • 「ひどくなっていますか」

などの声をかけます。

 

通常通り、自覚症状の変化が言えたり、会話が成立したりすればひとまずは問題ないと考えられます。

 

同様に安静にし、症状が改善しない場合やひどくなる場合は、タクシーやご家族同伴のもと受診してもよいでしょう。

上記の方法で、返答が遅くなってきた、一度の問いかけで回答できない、視線が合わないなどの異変が起こってくるようなら、すぐに病院へ搬送します。

 

救急車を要請する必要はあまりないと思いますが、タクシーがつかまらない、運転免許証を持っていないなど、周りに身内がいないなど、どうしても搬送方法がない場合はひとまず119番をして、症状、状況、対処法、移動方法が見つかるまで待っても良いものかの判断を仰ぎます。

 

Ⅲ度

発見時やⅠ・Ⅱ度の対処中などにⅢ度と思われる症状が出現した際は、すぐに救急車を要請します。

 

ここでの注意点の一つは、出来る限り自分で移送はしないことです。

 

返事がおかしい、歩行が困難な場合、一見してまだ生命に危機は無いように感じる方もおられるかもしれませんが、

その直後や移送中などに状態が急変する可能性があります。

 

痙攣を見たことがない方が、運転中に助手席や後部座席などで痙攣を起こされた場合、交通事故などの思わぬ事故につながる可能性があります。

 

また、呼吸が止まってしまえば心肺蘇生をしなければならず、運転している状態から周囲を確認して駐車や停車をしている時間が命取りになってしまいます。

お互いの状況を最善に保つためにも、救急車を要請してください。

スポンサーリンク


熱中症は何科に当たる?

245685

では、熱中症を疑った場合はどこの何科に受診するべきでしょうか。

熱中症は、特に手術などのいわゆる外科的な処置はほぼ不要です。

(熱中症の症状の立ちくらみなどで切り傷や擦り傷があるときは除きます)

 

体温や脱水状態の状況によりますが、主に冷蔵庫などで冷やした点滴や、常温の点滴を投与して経過を観察します。

上記の処置内容を考慮すると、一般的には内科を謳っている病院やクリニックが適切であると考えます。

 

筆者のお勧めは、比較的待ち時間が短いクリニックです。

 

受付で状態を説明すると、医療スタッフの判断で先に診察を受けられたり、必要に応じてクリニックを通じて大きな病院を紹介してくれたりする可能性があるからです。

頭痛があれば脳神経内科、嘔気があれば消化器内科などが該当しますが、おおよそメインの科に加え一般内科の診療も対応していると思いますので、近医や罹患した先の近隣のクリニックでも対応してくれると思います。

 

少ないとは思いますが、中には点滴治療を取り入れていなかったり、電解質を調べる採血検査が困難だったりする医療施設もあると思います。

この季節は、特に熱中症に罹患する可能性が高いと予測できるときは、事前に医療施設を確認しておくのも大切になりますね。

 

救急車を呼ぶとどこに行くの?

kyu-kyu-sha

119番をして救急車が出動するような状況の時は、救命救急科がある病院に搬送されることになります。

 

救急指定には1次から3次と別れていますので、救急隊の判断で主に私立病院や大学病院など、その重症度や受入れ状況に合った規模の病院に搬送されることになります。

 

筆者は大学病院の救命救急センターにも勤務していましたので、比較的重症の熱中症の患者が搬送されてきたのを記憶しています。

救急車を要請する場合は、先にもお話ししましたが必ず救急隊到着までの対処法を確認するようにしてくださいね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

熱中症は、軽度で済めば原因を取り除けば比較的容易に軽快しますが、重症化すると命に関わります。

 

また、季節がら症状を軽視すると長引いたりぶり返したりする可能性もあります。

是非ご自分の体調と向き合っていただき、健康に夏を過ごしていただければと思います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ