予定日や陣痛時の内診グリグリ…何をしているのか?痛みなどはどうなのか?

ほとんどの女性たちは、妊娠している10か月間は病気でないですが、普通とは違った生活、これを皆さん送って乗り越えていくんですね。

そして、最後にやってくるのが、陣痛からお産という大変な戦いです。

そしてお母さんになる。

あれ、何か映画の題名に似たようなのがあったような気がしますが。

話がずれましたね…

 

10か月間、病院に通院していれば、色々な診察があります。

嫌な診察、苦手な診察もあることでしょう。

 

さて、その中で、先輩ママさんたちから、

「内診グリグリ」という言葉、または、そういう診察があると情報を得た方はいませんか?

今回は、通称「内診グリグリ」のことについて説明していこうと思います。

スポンサーリンク


初めての妊娠、正直いえば不安ですね

初めての妊娠だと、赤ちゃんができたという嬉しさも、もちろんありますが、不安の方が沢山あるかも、というのが正直な話だと思います。

それは皆さん当たり前の事だと思いますよ。

 

経験上、どんな事を診察するんだろうと、診察の内容を心配するプレママが多いようです。

その中でも特に内診が憂鬱なようですね。

私だって内診は恥ずかしいし、好きではないです。

でも内診の必要性が分かれば、少しは「嫌だな」という気持ちも薄れるかもしれません。

 

内診グリグリって何をするの?痛いの?

内診グリグリは、臨月(37周くらい)~予定日以降の間に行われる処置のことです。

言葉のごとく、子宮口に医師の手や医療器具を入れてグリグリすることを言います。

だから、普段、検診の時の子宮口を診る内診とは違いがあります。

 

病院や医師によっては、毎回やらないところもあります。

 

でも、子宮口の開き具合を医師は把握したいし、妊婦さんに言っておきたい事もあるので、普通の内診は、必ずするはずです。

この内診グリグリというのは、赤ちゃんは、子宮の中で卵膜というものに包まれていますので、その卵膜の一部を子宮の壁から剥がしてやって、その刺激で陣痛を促すために行う処置(行為)です。

正式名称は、卵膜剥離(らんまくはくり)と言います。

硬い子宮の壁を、柔らかくする意味あいもあります。

予定日が近くなっても赤ちゃん下におりてきていない時や、予定日を過ぎても、子宮の口がの開きが狭く赤ちゃんが産れてくる気配がない時に行われることが多いです。

 

内診グリグリは痛い?

痛さの程度は、処置をしてくださる医師によるともいわれています。

でも、体験した妊婦さんに聞くと、皆さん一様に「痛かった」という声です。

 

重く激しい生理痛みたいな感じでしょうか。

そして、「突然、心の準備もなく、される医師がいる」という声もあります。

こういったことをされると、よけい痛いとの声もありました。

 

そうですよね。

スポンサーリンク


「色々な事がありますよね」

今回は、内診グリグリの事を中心に書いてみましたが、まだまだ、10か月間の間には、色々な事が待ち受けています。

驚かすわけではありませんが、内診グリグリ意外にも思わぬ痛いものが、待っているかもしれません。

でも、可愛い赤ちゃんの事を考えれば、絶対に乗り越えていかれますよね。

 

パパもいますし。

一人で背負い過ぎないように二人で協力していきましょうね。

 

 

最初に内診グリグリと、聞いた時は、なるほどなと思っていました。

プレママさんの間では、こういった通称で言われているんだなと。

 

卵膜剥離(らんまくはくり)って聞くと、どういう事をするのか、なんとなく想像がつくと思います。

そうすると、怖いなという思いも、少しは減るかなと。

人間とは不思議なものです。

 

怖い怖い、きっと痛いんだ痛いんだと思っていても、何をどういう意味でするのかが分かれば、不安も軽減します。

だから、いい意味での情報収集をお勧めします。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ