【インフルエンザとワクチンの有効期間】流行してからでも遅くない?

毎年、10月頃に接種を促されるインフルエンザワクチンの予防接種。

地方自治体によっては、高齢者の接種は割引をするなどして、接種を推奨しているのが現状です。

しかし、病院には、「インフルエンザワクチンの予防接種を打ったにも関わらず、インフルエンザとなった」と言って来院される方が大勢います。

果たして、インフルエンザ予防接種は本当に必要なのでしょうか。

スポンサーリンク


インフルエンザワクチンの予防接種とは?

injection

インフルエンザウィルスとは、毎年、その年に流行すると予想される型(タイプ)を予測して、その年の予防接種のワクチンとしています。

ワクチンとは、インフルエンザのウィルスを弱毒化したもののことで、これを体内に注入し、自己免疫と戦わせて抗体を作ることで、次にウィルスが入ってきても、ウィルスをやっつける力がついているのでインフルエンザにかからないという原理になっています。

予防できる確率は60〜70%とされています。

つまり、打ったからといって100%かからないということはなく、抗体ができなかったなどの理由から、かかる可能性もあります。

 

また、ウィルスの有効期間は打った月よりだいたい3ヶ月ほどとされています。

日本ではだいたいインフルエンザは12月〜2月にかけてピークとなります。

そのため、接種を希望される場合はその期間に合わせて打つということが良いでしょう。

 

例えば、受験生で1月の試験にかかりたくないという場合は、そこが2ヶ月目あたりにかかるよう11月頃に接種するというように計画をたてて打っていくと良いでしょう。

そして、ウィルスも年によって微妙に型などが変わっているとされるため、昨年打ったもしくはかかったから抗体があるだろうし、今年は大丈夫と思っていても、型が変わっていてかかるといういうことがあるため、毎年打つことが望ましいとされています。

スポンサーリンク


流行してから打っても遅くはないのか?

gimon

そもそも、インフルエンザの抗体はインフルエンザワクチン接種をしてから1〜2週間かけてつくられます。

さらに、効果は3ヶ月ほどです。

したがって、12〜1月頃に打つ分には、ぎりぎり問題がないかと思いますが、2月に打ってしまうと、インフルエンザが終息する頃に抗体ができるということになりかねませんのでご注意ください。

 

また、前述したように、インフルエンザウィルスは、インフルエンザのウィルスを弱毒化して体内に注入し、自分自身の免疫と戦わせて抗体をつくります。

 

そのため、自分自身が体調が悪かったり、疲れている状態でワクチン注射をすることで、その菌に体が負けてしまい、体調不良となってしまう可能性もありますので、接種を受ける際は万全の体調で臨むことをお勧めします。

 

特に高齢者やお子さんは注意してください。

 

また、ワクチンもウィルスを弱くしたものであることから副反応があります。

注射部位の疼痛や熱感、腫張を始め、上記でも説明したような発熱や頭痛、嘔気やアナフィラキシーショック

 

また、少数例ではありますが、ワクチン注射を打ったことによる死亡事例もあるため、打つ前はかかりつけ医との相談、体調を整えて接種することをお勧めします。

 

ちなみに、インフルエンザワクチンの予防注射の薬は、作る過程で卵の殻で培養するため卵アレルギーの方はお勧めできませんので医師に相談してみてください。

インフルエンザの注射は本当に必要なのか?

hitsuyou

もちろん、打つ、打たないは個人の考えになりますので、こうと決め付けたくはありません。

ですが、よくよく考えると、現在の高齢者の方々は、幼い頃、インフルエンザのワクチン注射なるものはおそらくなかったのではないかと思います。

むしろ、インフルエンザワクチンを作る際に、弱毒化させる過程でたくさんの劇薬が使われています。

 

インフルエンザワクチンを打ったところで、かかる人はかかるし、完治にかかる時間は打った人と打っていない人では1日しか変わりがないとされています。

自分の体調や、ライフスタイルを見据えて、インフルエンザワクチン注射を打つ必要性の有無を考えてから打って欲しいと思います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ