【インフルエンザとのどの痛み】特に喉の痛みだけ治らない人の対処法

インフルエンザと喉の痛み

喉の痛みはインフルエンザだけでなく風邪でも起こる症状ですが、これを部分症状と言います。

他、鼻水や咳も部分症状に該当しますね。

この喉の痛み、酷い場合は唾を飲み込むのも苦しいほど痛い場合があります。

  • これはインフルエンザの症状なのか?
  • それとも風邪の症状なのか?
  • またインフルエンザが治っても喉が痛い場合はどうしたらいいのか?

今回は辛い喉の痛みとインフルエンザの関連性、そして喉の痛みへの対処法も合わせてご説明しましょう。

スポンサーリンク


部分症状と全身症状、インフルエンザと風邪

喉の痛みが部分症状なら、高熱等の症状は全身症状といいます。

さてこの全身症状と部分症状ですが、インフルエンザ時は、まず全身症状が出て、それが2~3日続いた後に部分症状が出始めます。

そして風邪の場合は部分症状が出てから全身症状が出始めます。

 

ですからインフルエンザの場合、喉の痛みが出てきた時はもう熱が引いていて、治りかけの場合が殆どです。

しかし風邪からインフルエンザを発症した場合、これに限る話ではありません。

 

風邪とインフルエンザの関係性

風邪からインフルエンザを併発していた場合、最初に喉の痛みが発生し、高熱が出て、また喉が痛む場合があります。

これはまず風邪のウイルスにより喉の細胞が破壊され、粘膜にダメージを負います。

 

そしてウイルス、インフルエンザウイルスは粘膜から侵入してきますので、喉の粘膜が破壊されている場合はインフルエンザにかかりやすくなっているのです。

こうして風邪で体が弱っている所に、更にインフルエンザにかかるケースがあります。

この時は部分症状が出て、全身症状が出て、また部分症状が出るので風邪が悪化したと想いやすく、インフルエンザと気付きにくいので注意して下さい。

ですからインフルエンザシーズンの時は、喉の痛みという風邪の症状にも気を付けなければいけません。

 

インフルエンザが治っても喉の痛みが続く場合は

ではインフルエンザが治ってもまだ痛みだけが残っている人……中々喉の痛みが完治しないという人は何が原因なのでしょうか?

 

このケースの場合は、混合感染の可能性が疑われます。

つまり、インフルエンザにかかり体力、免疫力が低下する。

そこから更に別のウイルスに二次感染し、その為に喉の痛みが治らない……。

 

喉の痛みは気道にウイルスや細菌が入り炎症を起こして、更に粘膜が破壊されて起こるものです。

前述したようにこの状況では粘膜から更にウイルスや細菌が入り込み、繁殖しやすくなっています。

一つの病気が治ってもそこから別の病気を発症しているケースが考えられますので、中々喉の痛みが完治しない場合は早めに医療機関を受診し、正しい治療を受けましょう。

スポンサーリンク


喉の痛みの対処法

さて、しかし喉の痛みは続くと唾を飲み込む時でも痛いほど辛いものです。

この喉の痛みを和らげる方法もお教えしましょう。

 

まず喉の痛みに効く食べ物は、ハチミツ、そして大根です。

まずハチミツですが、ハチミツには喉の炎症を抑える効果があります。

また過酸化水素という抗菌物質があり、これが強力な殺菌効果を持っています

 

そして大根には消炎作用が有り、喉の腫れを和らげてくれます。

特にその汁に効果があるので、おろすと咳に効きます。

これを利用したのがハチミツ大根、大根をスライスしてハチミツに漬けておくと大根から水分が出てきます。

これを飲む、出来ればお湯で割って飲むと喉の痛みが和らぎます。

 

また喉が痛い時は喉を温め、悪化しないように乾燥を防ぐのが大事。

マスクをして乾燥を防ぎ、乾燥した空気がそのまま喉を通らないように口呼吸をしないようにしましょう。

そして喉を温める事で細菌の増殖を防ぎますので、マフラーを巻いて喉を温めましょう。

カイロを項に貼り、血行を良くする事もかなり効果があります。

喉が痛い時はこれらの方法をお試し下さい。

 

体の異変を見逃さないように

喉の痛みは初期の段階だと放置されやすく、見逃しやすい体の異変です。

しかし放置していると風邪やインフルエンザだけでなく、そこから病気のループが発生しやすくなります。

小さな異変でも見逃さず、早めに対処する事が病気への対策の第一歩です。

喉の痛みは万病の元だと思って、痛みを感じ始めたらそれが悪化しないように気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ