【インフルエンザと卵粥】3つのおすすめのレシピとその効能

インフルエンザと卵粥

インフルエンザになった時、高熱で体力は奪われるのに食欲はないといった状態になります。

しかし食べなければ体力が持たない……そういう時に、卵粥を作る人が多いようです。

結論から言えばこれはベスト!

 

しかしどうして卵粥が体に良いのか?出来ればそれも知って頂きたい。

それと一緒にオススメの卵粥レシピ、そしてその効能も一緒にご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


どうして卵粥が体に良いのか?

まずお粥は普通のご飯と違い、水分が多く含まれています。

インフルエンザは高熱が出る為、そして治りかけに大量の汗をかく為脱水症状が起きやすく水分は必須。

また普通のご飯より水分が多く柔らかいお粥は消化吸収もしやすいので弱った体に最適なのです。

 

そして卵は「完全栄養食品」と呼ばれており、ビタミンC以外のほぼ全ての栄養素が含まれています。

更に人が体内で作れない8種類の必須アミノ酸までも、バランス良く含んでいるのです。

またインフルエンザの高熱でやられてしまった体を再び構築するには、タンパク質は必要不可欠。

消化吸収しやすい卵はタンパク質群の中でもベストな食品と言えるのです。

 

この二つを組み合わせた卵粥は、まさにインフルエンザ時にピッタリな食事。

ではその卵粥のレシピもいくつかご紹介していきましょう。

 

インフルエンザ時に食べたい卵粥

 

簡単基本の卵粥

tamako-kayu

  • レトルトの白粥:1袋
  • 卵:1個
  • ネギ:お好みですが、出来るだけ沢山
  • ほんだし(顆粒):小さじ1/2
  • 塩:少々(味が薄いと感じたら。なくても大丈夫)

 

  1. お粥を温める際に、ネギ、ほんだしを加え、味見をして足りなければ塩で味を調える。
  2. 暫く煮て、溶いた卵をとじるように加えて出来上がり(卵の大きさはお好みで)。

【ポイント】

卵粥にネギを加えたレシピですが、ポイントはそこだけじゃありません。

ネギには硫化アリルという殺菌・抗菌作用のある成分があり、また体を温めてくれるので免疫力アップに役立ちます。

そして卵に唯一欠けているビタミンCで粘膜、白血球の働き強化!

これでインフルエンザだけでなく弱った体を他の病気からも守ります。

またレトルト粥を使う事で一人暮らしで辛い時でも簡単に用意出来るのもポイントですね。

 

中華風ニラ玉粥

niratama-kayu2

  • ごはん:1杯
  • ニラ:3〜4本
  • 玉子:1個
  • 鶏がらスープ:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • 水:500ml

 

  1. ご飯をお水でサッと洗い、ニラは小さめに刻む。
  2. 水を沸かし、鳥ガラスープを加えて塩で味を調える。
  3. ご飯を入れて柔らかくなるまで炊いたらニラ、卵を入れる。
  4. 蓋をして少し置くと、卵に火が通ってふわふわに仕上がる。

 

【ポイント】

お粥を一から炊くと大変なので、今回は白ご飯を使うレシピを。

ニラ玉?と思われるかもしれませんが、実はニラは緑黄色野菜の一つでβカロチンンやビタミンC等が豊富。

βカロチンは粘膜増強にも役立ち、主に喉や鼻の粘膜から侵入してくるウイルスや菌をシャットアウト!

ニンニクやネギと同じで匂いの素であるアリシンは、菌の増殖を抑えるだけでなく殺菌作用もあります。

このアリシン、空気に触れると良く働くのでニラは小さめに刻んでアリシンが上手く働けるようにして上げましょう。

スポンサーリンク


意外な美味しさ、トマト卵粥

tomato-tamakayu

  • プチトマト:5〜6個(通常のトマトなら中くらい1個を刻んで)
  • 卵:1個
  • 米:1/2カップ
  • 水:450ml
  • 中華だし:小さじ1
  • 塩:少々
  • 酒:小さじ1
  • 胡麻油:大さじ1

 

  1. プチトマトは半分サイズに切り、米を軽くとぐ。
  2. プチトマトを胡麻油で炒めて、米は水と中華だし、塩、酒を入れた鍋で中火で20~30分ほど炊く。
  3. 炊き上がったら溶き卵を加え、胡麻油ごとトマトを加えて出来上がり。

 

【ポイント】

最後は米からお粥を炊くレシピ、厚手のお鍋だと焦げ付きがありません。

そしてオムライスでもそうなように、実はトマトと卵は合わせると優しい味で非常に相性が良いのです。

トマトはビタミンA、B、Cが豊富で、とても栄養価が高い食材です。

 

そのビタミンが熱で壊れないようにする為には、事前に油で炒める事。

これでトマトの豊富なビタミンを効率良く吸収できます。

何よりトマトには胃腸の消化吸収を強化し、食欲を増進させる作用があります。

インフルエンザの高熱で食欲が減退した後、これから栄養を付けていく過程の食事としてぴったりなお粥です。

ぜひ一度、試してみて下さい。

 

インフルエンザ中から復活までの食事

インフルエンザになるとどうしても減退してしまう食欲。

しかし無理に食べてしまうと体に負担がかかり、また体調を崩しかねません。

ここは体力の回復と食欲の増進を第一に考え、無理のない食事を取る事を目標としましょう。

ぜひインフルエンザの時には卵粥で、体を勞ってあげて下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ