【インフルエンザに連続でかかる確立は?】その原因と対処のまとめ

■インフルエンザに連続でかかる事はあり得るのか?

一般的に、私達の体には「免疫力」というものが存在します。

この免疫力のおかげで、一度体に侵入したウイルスに体自身が迎撃の体制を取る事が出来るようになります。

これを利用して生まれたのが、「ワクチン」です。

予め毒素を抜いたウイルスを体内に取り込ませる事により、体に免疫力を付けておく事でその病気にかからないようにするのです。

インフルエンザは毎年そのウイルスの形を変えてくるので私達も毎年ワクチンを打つ事になりますが、それでも症状を重くしない為にもワクチンの存在は重要であると言えるでしょう。

 

しかしここで一つの疑問点が。

インフルエンザはその年に連続で「同じインフルエンザ」にかかるという事はあり得るのでしょうか?

このインフルエンザに連続でかかるという疑問について、今回は解説をしたいと思います。

 

■インフルエンザの型

まずここで少しおさらいしたいのが、インフルエンザにはA型、B型という型があるという事です。

これは名前の違いだけでなく、症状の違い、潜伏期間の違い等の他に、ウイルスの違いがあります。

ですからインフルエンザの時期にA型のインフルエンザに感染した、そして完治した。

しかしその次にB型に感染してしまった……これがインフルエンザに連続してかかりうる可能性です。

 

確率的に考えるとそう高い確率ではありませんが、インフルエンザにかかった後は体力もなく、免疫力も低下している状態です。

いわば、別の病気にかかりやすい状態と言えるでしょう。

この為、インフルエンザA型に感染したからもうその年に絶対にインフルエンザにかからないという事はないのです。

 

インフルエンザにはA型とB型があり、片方にかかったからもうかからないという事はない。

そしてインフルエンザ完治後は体力の低下によって他の病気、別の型のインフルエンザに感染する可能性がある……これがまず一つ目のインフルエンザに連続してかかる可能性です。

 

■同じ型にかかるレアケースは有り得る

さてここでもう一つの可能性、同じ型のインフルエンザにかかる可能性も上げていきましょう。

毎年インフルエンザワクチンはA型2種類、B型1種類のワクチンでした。

次からはB型2種になり、4種のウイルスの型に対抗するワクチンになります。

 

これは私が医師から説明を受けた時に聞いた事ですが、A型2種は別の病気と判断して良いようです。

もっと簡単に言えば、ウイルスの形が違う、と思って下さい。

要するにA型の1種にかかってインフルエンザが発症した、それが完治後にはまたA型のもう1種に感染してインフルエンザが発症する……そういったレアケースがないとは言い切れないようです。

 

インフルエンザウイルスは知っての通り、毎年緩やかにその形を変えます。

その為医療の現場でも、確実にインフルエンザウイルスに対抗出来るワクチンや薬はまだ発明されてはいません。

いまだ未知の部分があるインフルエンザウイルスだからこそ、同じ年に同じ型にかかるというレアケースも存在しないとは言い切れないのです。

 

■インフルエンザに対抗するには

では、我々はこのインフルエンザウイルスにどうやって対抗していくべきか?

その為の手洗いやうがい、予防グッズ、部屋の湿度や温度調整、そしてワクチン。

何よりインフルエンザに対する正しい知識を知る事が、インフルエンザに対抗する一番の手段です。

 

普段から免疫力を高める為に、正しい生活をする。

インフルエンザにかからない為の対策をしておく。

そしてインフルエンザになってしまったら、速やかに医療機関を受診して医師の診断を受ける。

知識を得る事は武器になります。

万が一の為にも正しい知識を得て、インフルエンザにかかったとしても落ち着いて行動出来るように努めましょう。

それがインフルエンザに対する、最大の予防法なのです。

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ