【インフルエンザとリレンザの使い方】服用期間と副作用を知ろう

リレンザはタミフルと同じく、抗インフルエンザ薬の一つです。

抗インフルエンザ薬というと何だかインフルエンザに対して高い効き目がありそうですが、実際にはインフルエンザウイルスを退治するのではなく、その活動期間を抑える事にあります。

こういった「リレンザでインフルエンザが治る!」という勘違いや誤った知識は、患者自身を混乱させるだけでなく飲み方や注意点にも問題が出かねません。

今回はこのリレンザの飲み方、効果や副作用、注意点等を詳しく説明していきますので、リレンザについて正しい知識を身に付けて頂きましょう。

スポンサーリンク


タミフルの効果と副作用

まずリレンザは一般的な服用薬とは違い、吸入薬と言って薬を呼吸器から吸い込む事で使用します。

そしてリレンザは48時間以内の服用が重要であり、インフルエンザ早期発見時に処方される薬でもあります。

 

服用すると、症状が1日~1日半ほど短縮されるという報告があります。

これはリレンザが吸入式で、粘膜からすぐ吸収されていくからです。

また同じ吸入式のイナビルよりも、インフルエンザB型に関しては早く効果が現れる事が確認されています。

 

主な副作用としては、下痢や吐き気、嘔吐、発疹、嗅覚障害や味覚障害も確認されていますが、全体の2%ほどであり、他の抗インフルエンザ薬よりも副作用が少ないと言われています。

しかし吸入式である為に上手く吸入できない小さなお子様、年配の方、また呼吸器の病気を持っている人は使用出来ないという特徴があります。

 

またタミフル服用と同じく、子供が服用して以上行動を取ったというケースも報告されており、こちらも残念ながらタミフルと同じく因果関係は判明していません。

「タミフルよりもリレンザの方が異常行動の報告が少ない」とも言われますが、リレンザよりもタミフルの方が処方される事が多い事を考えると一概には言えません。

やはり高熱の出たお子様に薬を使用した場合は、暫く目を離さないようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク


リレンザの服用期間と注意点

リレンザは1日2回、5日間吸入する必要があります。

この間、途中で熱が下がったからといって止めるとウイルスが再び増殖し、症状が再び悪化する危険性があります。

またタミフルの効きが悪いウイルスが出ていますが、それはタミフルに対して免疫が出来たから、タミフルを途中で止めてしまった事が問題なのでは……と言われていますので、リレンザもしっかりと使用期間を守りましょう。

 

因みに上手く吸えなかったといっても効果期間が重複する事がありますので、次の時にしっかり吸入できれば問題はありません。

また副作用が出た場合はすぐにかかりつけの医療機関の受診を、副作用だけでなく何らかの症状が出た場合は、個人で判断せずすぐに専門家に相談して下さい。

 

後、お子様が上手くリレンザを吸入出来ない場合、一度で終わらそうとせず数回に分け、ストローを吸うようにさせると上手くいく事があります。

どうしても吸えない場合は、一度お試し下さい。

 

まだまだ知られていないリレンザ

リレンザはタミフルとはまた違い、今まで処方された事がない、という人もいるかもしれません。

持病によっては一度も処方される事もないかもしれませんね。

しかし、貴方だけでなく、家族や他の方が処方された場合、何らかの副作用が出た場合。

その時に知識があるかないかは、大きな違いをもたらします。

医師や薬剤師のような専門的な知識を身につける必要はありませんが、これらの事を頭に入れておくときっと役立ちます。

貴方だけでなく、誰かの為にも。

タミフルだけでなく、リレンザの知識も持っておいて、インフルエンザになった時の参考にして下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ