【インフルエンザ中の嘔吐と下痢の原因と対処】嘔吐下痢症との違い

インフルエンザは一見すると普通の風邪と見分けが付きにくいのはご存知でしょうか。

高い熱が出るまで強い悪寒や激しい関節痛、だるさ……と言われても、個人差があるのでインフルエンザと判断するのは個人では難しいと思われます。

さてここで気にして欲しいのが、インフルエンザの症状には実は嘔吐や下痢といった症状もある事です。

インフルエンザにはA型B型と有り、その内B型では嘔吐や下痢、いわゆる消化器系に異常が出る場合が多いのです。

この思い嘔吐や下痢はどうやって対処していけば良いのか?

そして嘔吐や下痢といえば嘔吐下痢症……インフルエンザなのか嘔吐下痢症なのか、その判断の仕方もお教えしたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザで嘔吐や下痢の症状が出る原因、対処法

913483d2073822f52adf34d6e9d4e074_s

インフルエンザで嘔吐や下痢をしてしまうのは、ウイルスによって消化器系をやられているからです。

これに対処するには、ウイルスを体から出し尽くす事が重要です。

 

ですから何度もトイレに行くのは苦痛かもしれませんが、我慢だけはしないように。

体にとって悪い物を排出しているので、我慢すればそれだけ治りが遅くなります。

その為にも、お腹周りが押さえつけられるような服ではなく、ウエストのゆったりとした服を着用しましょう。

そして脱水症状も予想されるので、こまめな水分補給も必要になります。

しかしこの時水分だけではなく、ナトリウム等体内の電解質も同時に失われています。

 

体は電解質と水分の濃度バランスを取ろうとするので、この時に水分ばかり取ると逆に脱水症状を加速させてしまいます。

出来ればポカリスエットや、OS1等の経口補水液もコンビニで売られているので用意しておきましょう。

ですが余りに下痢や嘔吐が酷い場合は病院で点滴を受ける事も考え、医療機関の受診も視野に入れておいて下さい。

 

※こちらの記事で詳しく解説しています。

【インフルエンザ中の下痢を止めたい】注意点をおさえた正しい対処法

 

インフルエンザと嘔吐下痢症はどこで見分ける?

5034cd61a330d1b85d5ede0da8479e9b_s

さてインフルエンザによって引き起こされる嘔吐と下痢、そして嘔吐下痢症……ノロウイルスによって引き起こされる嘔吐と下痢は、見分けるのが難しいのが難点です。

どちらも水のような激しい下痢が出るだけでなく、同じウイルスなので寒い時期になると流行る病気としてとても良く似ています。

この二つのウイルスの見分け方なのですが、インフルエンザは喉や鼻、呼吸器官にも影響が出る事が違いと言えます。

その為、喉の痛みや咳、くしゃみや痰が出る事が多いのです。

 

また治りかけには黄色や緑色をした粘性のある鼻水も良く出ます。

これはインフルエンザの特徴と言えますので、他の病気と比較して判断してみて下さい。

この事から腹痛、下痢の他に呼吸器系の異状も感じられた場合は、インフルエンザである事を疑った方が良いでしょう。

 

しかしもちろん、インフルエンザになっていても中々呼吸器の異常を感じない人もいますので、最終的な判断は医療機関の受診で判断をよろしくお願いします。

ただ両方とも脱水症状の心配がありますので、それだけはお気をつけて。

特に一人暮らしの方は症状が悪化する前に、買い物や常備品に気を配りたい所です。

スポンサーリンク


寒い時期の体調の変化には、要注意

f37aa5a6ec09e96c19881da2eb2a6c0e_s

繰り返しますが、インフルエンザも嘔吐下痢症も寒い時期にかかる事の多い症状です。

また重症化しやすく、下手をすると酷い状態になります。

また寒い時期は体の温度が下がりやすく、その為に免疫力が低下しやすいので普通の風邪も引きやすいのが特徴。

 

「ちょっと体調を崩したかな?」と感じた時にはすぐ安静にする、早めの病院、これらの早期の対処がその後の明暗を別けます。

あまり楽観的には考えず、「診断して悪くなければ幸運」と思って下さいね。

また自分がかかる事で周囲や家族にも悪影響が出るので、その点も踏まえて普段から病気には敏感になりましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ