【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

インフルエンザにかかった時、入浴はどうするべきか?

インフルエンザは大変感染力が高い、怖い病気である……皆様のインフルエンザに関するイメージはこうだと思います。

事実、インフルエンザは感染力が非常に高い病気で、家族の誰かがかかってしまった場合は寝室を別にする等して対処する事が必要になってきます。

咳やくしゃみで飛び散ったウイルスからの感染だけでなく、そのウイルスが付着したと思われる物から感染する……こういった被害も予測されますので、注意して下さい。

 

話は変わりますが、インフルエンザの時は入浴をしても良いのでしょうか?

自分一人だけの生活ならまだしも、もしインフルエンザにかかっていて入浴した後、家族の誰かが入浴して感染する、という危険性はあるのでしょうか?

もしも入浴がダメなら、シャワーは?その理由は?

 

お子さんのいる家庭なら、特にこの疑問は解決したい所でしょう。

ここではインフルエンザに感染した時に入浴はいつ頃から行うべきか、そこから感染はあり得るのか。

この疑問へお答えしていきます。

スポンサーリンク


インフルエンザにかかった時の、入浴判断

nyu-yoku

「風邪の時は入浴しない方がいい」と言う言葉を聞いた事はありますか?

実は熱いお湯に浸かるという事は、かなりの体力を消耗する事なのです。

風邪の時は体力が第一、だから入浴は控えた方が良いのです。

 

しかし、だからと言って、絶対に入ってはいけないという訳ではありません。

 

要は体力を消費している時に更に無理をしなければ良いだけの話なので、

入浴自体はしても構いません

 

汗をかいて体をさっぱりさせたいという方もいるでしょう。

高熱でフラフラで動けないのに無理をして……そんな状態でなければ、汗を流す事は悪い事ではないのです。

 

ですが熱いお湯だと体力を奪われてしまうので、ぬるめのお湯に、もしくはシャワーで済ます方が体力低下を防げます。

そして脱衣所等は温かくして、湯冷めしないようにする等の工夫をして入る事をオススメします。

 

しかし風邪だけでなくインフルエンザともなれば、感染が心配ですよね。

インフルエンザは、入浴で感染する事はないのか?次はそれにもお答えしましょう。

スポンサーリンク


インフルエンザは入浴で感染するのか?しないのか?

masuku2

インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみで飛んだ菌からの飛沫感染です。

 

またインフルエンザ菌は、高温、高湿度の状況下では長く生きられません。

そう、温度湿度が共に高い状況であるお風呂場はインフルエンザ菌の大敵。

 

この事からインフルエンザにかかっている人の入浴後、同じお湯に浸かってもインフルエンザには感染する可能性はかなり低いと言えます。

しかし脱衣所で感染するリスクは残っているので、換気をする事を忘れないようにして下さい。

 

ただ、インフルエンザにかかっている人と一緒の入浴、例えば子供と一緒に入浴となるとどうでしょうか。

 

この件に関しては「インフルエンザにかかっている人と一緒にいる」という事が既に感染のリスクが高いと言えるので、「お風呂に入る」事自体は問題ではありません。

どうしても一緒に入らなければいけないなら、シャワーで早めの入浴時間で体力低下を防ぎ、冷えないように入浴後は体を手早く拭いて服を着せる等、湯冷め対策を考えましょう。

 

貴方自身がインフルエンザにかかっている場合は他の家族に入浴を頼むか、同じような方法で接触している時間を少なくするようにすると感染リスクが減ると思います。

 

インフルエンザにかかった、だけでなく入浴のリスクを考える

kangoshis

生活の上で、例えインフルエンザにかかったとしても入浴は欠かせない人には欠かせないでしょう。

 

しかし、インフルエンザにかかった人と一緒のお風呂に入る事でインフルエンザにかかる、という事は有り得ません。

インフルエンザにかかった人と接触する事が、インフルエンザにかかるリスクを高めているという事なのです。

それを良く理解すると共に、インフルエンザに感染しないようにはどうするか、という事を考えて行動して下さい。

 

また自分自身の体力とも相談してから、入浴するかどうかを決めましょう。

特にお子さん相手の場合は、判断は慎重に。

入浴後に冷えないようにする等、入浴後にも気遣ってあげて下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ