【ノロウィルスとインフルエンザの違い】同時にかかる可能性はある?

寒くなると流行し出す、冬シーズンの二大感染症。

それがノロウイルスとインフルエンザです。

この二つ、ノロウイルスとインフルエンザウイルスと言うように両方ともウイルス性の病気です。

 

しかしこの二つの違いに付いて、詳しく知らない人は多いのではないでしょうか?

今回はこの厄介な病気、ノロウイルスとインフルエンザについて解説をしたいと思います。

スポンサーリンク


ノロウイルスとインフルエンザの違い

noro-influenza

ではノロウイルスとインフルエンザの違いを、症状や潜伏期間から見ていきましょう。

まずはノロウイルスから。

 

【ノロウイルス】

まず胃痛のような、気分の不快さを感じた後に嘔吐、激しい下痢と腹痛が起こります。

ただし全員が両方の症状がある訳でなく、嘔吐のみ、下痢のみという症状が現れるケースもあります。

 

また発熱は37℃程度の微熱で、大人であれば発熱の症状が見られない人がいるのもインフルエンザとの違いでしょうか。

 

潜伏期間は1日から2日、発症してから3日から5日程で症状は回復します。

しかし発症してから一週間から長くて一ヶ月の間、便の中にウイルスは排出され続けるので感染の危険性が長いのが特徴です。

 

感染経路は以下の通りです。

  • 二枚貝の生食による経口感染
  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 吐瀉物
  • 汚物が乾燥する過程でウイルスが空気中に飛んでいく空気感染

ノロウイルスのことならこちらの記事もどうぞ

 

【インフルエンザ】

喉の痛み、空咳、頭痛、そして激しい悪寒を伴って急に発熱するのが特徴です。

 

また全身の倦怠感、関節痛もあり、39℃近い高熱が出ます。

悪寒がする間は熱が出る証拠、悪寒が無くなってから暫くして解熱し始めます。

この発熱がノロウイルスとの違いですね。

 

潜伏期間は半日から長くて3日、A型かB型で違いますが、B型の場合は発症までがA型より少し長く、下痢や腹痛等の症状も出ます。

発症してから2日、長くて3日で快熱しますがそこから2日はウイルスを排出しているので、大体発症後5日間までは他人に感染する可能性があると思って下さい。

 

感染経路は主なのが飛沫感染、それから接触感染です。

スポンサーリンク


ノロウイルスとインフルエンザは、同時にかかる事はあるのか?

influ-mask

少しウイルスの話になりますが、ウイルス同士は干渉現象を起こすと言われています。

つまり1個の細胞に複数のウイルスが感染した時には一方、もしくはその両方の増殖が抑制される……というものです。

この現象を参考にするとノロウイルスとインフルエンザは同時にかかる事は少ないと言えます。

 

しかし、実際には2013年に80歳の男性がノロウイルスとインフルエンザに同時にかかり、死亡するという痛ましい出来事が起こっています。

この事から考えると、同時感染のリスクは低いながらも「ある」と言えるのではないでしょうか。

 

ですから常日頃から規則正しい生活をして免疫力、そしてある程度の体力を付けておく事、予防接種等で感染のリスクを下げる事、そして感染した時には早期の発見、そしてそれ以上広めないように対策をする事。

これらの事が重要になってくるのです。

ノロウイルスとインフルエンザ、シーズンが重なっているからこそ怖い病気です。

寒くなってきたらしっかりとした対策を講じましょう。

 

当サイト関連記事はこちら

ノロウイルスは潜伏期間と初期症状だけ押さえれば悪化を防げる

【ノロウィルスの消毒液・スプレー】比べて選ぶならプリジアプロ

【ノロウィルスの簡易検査】費用とその精度を専門医療機関と比較

ノロウイルスとインフルエンザに対抗するには

woman-doctor

自然界に生きている動物には、どれも「天敵」が存在します。

そしてウイルスはある種、人間にとっての天敵と言えるかもしれません。

 

しかし予防法、対策法、そしてかかった時の対処法と色々な対抗方法は発見し、研究されて行っているのです。

これらの方法をしっかりと知り、その上でどの病気か判断、治療をする事。

そして何より普段からの過ごし方を気を付ける事が私達の「天敵」に対する対抗方法なのです。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ