【インフルエンザに妊娠中に感染】妊娠初期の感染と服用に気を付けたい薬

妊娠中にインフルエンザにかかると、重症化しやすいことがわかっています。

また、早産の原因となりうることも知られています。

十分な予防対策を講じることがなにより大切です。

予防の基本について、確認していきましょう。

 

スポンサーリンク


インフルエンザの流行前にワクチン接種を忘れていませんか?

妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては、安全性と有効性が証明されています。

また重篤な副作用も今までのところ報告されていません。

妊娠がわかったら、インフルエンザの流行前にぜひワクチン接種を行って下さいね。

ただし卵アレルギーのある方は、アレルギーの強く起こるアナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、医師に相談のうえ抗インフルエンザ薬による予防投与を行うほうが望ましいでしょう。

日本産婦人科学会では、ワクチン接種ができない卵アレルギーのある妊婦さんへ抗インフルエンザ薬の投薬による予防が推奨されています。

 

インフルエンザが流行したら?

人ごみや繁華街、人の多く集まるところへの外出は極力避けましょう。

外出時にはマスクを着用し、乾燥した室内では加湿器などを使用して、適度な湿度を保つとよいでしょう。

うがいや手洗いを徹底して行って下さい。

妊娠中は体の免疫力が低下している時期なので、十分な休養と栄養の補給を心がけてくださいね。

 

妊娠中にインフルエンザにかかったら?

急な高熱と強い全身症状が現れてインフルエンザ感染が疑われるとき、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。

その際に妊婦から妊婦への感染を防止する意味でも、事前の電話連絡で受診の相談をされる方がいいでしょう。

発症後48時間以内の抗インフルエンザ薬であるタミフルの服用開始が重症化防止に大事であることが、日本産婦人科学会により勧告されています。

 

妊娠中インフルエンザの患者さんと接触した場合は?

タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬の予防投与を10日間行うことが推奨されています。

ただし、完全に予防できるとは限りません。早めの予防投与が必要であることがいわれています。

 

スポンサーリンク


抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)とは?

妊婦さんが抗インフルエンザ薬を服用する場合に、胎児への影響は現在まで報告されていません。

妊娠期間中に服用しても、安全性の高い薬だといえるでしょう。

 

また、かかりつけの産婦人科医の診断管理のもと計画的な投薬を受ければ、これら抗インフルエンザ薬はとても有効な治療手段になります。

ただし予防的に投薬を受ける場合には、健康保険は適応されないことがほとんどで、自己負担になることが多いです。

かかりつけの医師にご相談くださいね。

 

タミフル服用後の異常行動とは?

以前タミフル服用後の未成年者が、異常行動を引き起こす事例が多数報告されました。

今でも厚生労働省は因果関係を解明するために研究を続けていますが、すべて解明されているわけではありません。

ただし一定の見解が示されています。

10歳代の未成年者には、タミフル投与は原則として差し控えることや、ハイリスクの小児、未成年者でタミフルを服用した後は、少なくとも2日間は家族の監視が必要になるなど、対策が講じられています。

インフルエンザに罹った場合にタミフルの販売開始以前にも、インフルエンザ脳症の発症による異常行動の発現が報告されていました。

このことよりタミフルの処方の有無によらず、保護者の方が小児、未成年者が一人にならないよう配慮することが重要といえます。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ