【インフルエンザの今年からの値上げ】具体的な値段とその理由

インフルエンザワクチンの値上げについて

2015年から、インフルエンザワクチンの値上げが決まりました。

その値上げ料金は高いものではないようですが、色々な物が値上げされている昨今の現状を考えると少しの値上げでも厳しい……という方は多いのではないでしょうか。

  • インフルエンザワクチン、予防接種は何故値上げされたのでしょうか?
  • 値上げされたのならどれくらい上がるのか?

それらと共に、予防接種の値上げから今後の影響を考え、今回はご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザワクチン、どれくらい値上げされるのか

インフルエンザワクチンの値上げは、一回に500円ほど値上げされる見通しです。

という事は予防接種も一回に500円アップするとみて良いでしょう。

では一回の値段はどの程度になるのか?実はそれは病院次第と言わなくてはなりません。

 

何故ならインフルエンザの予防接種は病院が自由に値段を決められる、自由診療なのです。

ですから、今までもインフルエンザの予防接種は2000~3000円、高い所だと4000円となっていました。

残念ながら高いからといってワクチンの効き目が良かったり、病院の腕が良いという事はないので、お値段が気になる人は医療機関に事前に問い合わせると良いでしょう。

ともあれ、予防接種の値上がりは今までより500円ほど上がると見ておいて下さい。

 

値上げの理由と考えられる影響

所で、どうして予防接種の値段、ワクチンの値上がりになったのでしょうか?

それは今までのインフルエンザワクチンは、インフルエンザA型の2種類と、インフルエンザB型の1種類、合計3種類のインフルエンザウイルスに対して効果が出るように作られていました。

これを3価ワクチンと言います。

しかし今年からはA型2種類、B型が2種類となり、合計4種類のインフルエンザウイルスに対応する4価のワクチンになったのです。

その為により多くの種類のインフルエンザウイルスに対応出来る、効果が高くなったワクチンとなりました。

しかしその為に、値上がりをしてしまう事になったのです。

 

そこから考えられる影響として、予防接種をしない人が増えるのではと言われています。

一回500円ほどとは言え、値上がりを厳しいと思う人が増えるのは想定出来るでしょう。

しかし、予防接種をしない人が増えるという事は、インフルエンザが逆に流行してしまう事が恐れられています。

予防接種を受けていない事でかかる人が増える、かかる人が増えるだけでなくそこから広がる可能性がる……これがインフルエンザ予防接種料金が値上がりしてしまった事から考えられる、最悪の影響パターンであると言えます。

スポンサーリンク


値上げされた予防接種料金から今後を考える

しかし、値上がりされたとは言えインフルエンザワクチンがより効果的になったのは明白です。

また予防接種を受けない人が増えると、それまで以上にインフルエンザは猛威を振るう可能性があります。

出来ればこの機会に、インフルエンザの予防接種は受けておく事をオススメします。

一回の、もしくは二回のインフルエンザ予防接種を避けてしまったが為に、一週間もの間苦しむ事になる……家庭内なら、一人かかれば全員に感染してしまう可能性があります。

そういう集団の感染を避ける為にも、より対応出来るウイルスが広がった新しいインフルエンザワクチンでの予防接種を受ける事の大切さを、この機会に考えてみて下さい。

おそらく、今後ワクチンが値下がりする事は余程の事がなければないでしょう。

だからこそこの機会にその予防接種一本がどれだけ大切かという事を、皆で考えましょう。

出来れば500円で苦しみとそこから広がる病気のリスクを減らせる、そういったメリットに注目して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ