【インフルエンザと吐き気(嘔吐)】すぐにできる2つの回復への近道

インフルエンザ中、様々は症状に苦しめられますが、症状として出現するとかなり辛いのが嘔気、嘔吐。

2016年はインフルエンザA型が流行ると予測されておりますが、インフルエンザA型B型共通して起こる辛い症状が嘔気です。

もちろん、嘔気の症状が出現しない方もいます。

この辛い症状の原因と対策についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


インフルエンザA型とB型って何が違うの?

influenza-vuirus-type

インフルエンザはA型、B型、C型に分類されます。

C型が流行することはほぼないため、流行しやすいA型とB型のみ説明していきます。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザの種類別の症状】A型B型C型の感染経路と潜伏期間

 

A型は冬場の寒い時期に感染するのに対し

B型は冬場から春先にかけて感染します。

 

A型は症状が著名に出ることに対して、

B型はゆっくりと徐々に徐々に症状が出てきます。

そのため、ただの風邪だろうと思って受診し、念のために検査をしたら実はインフルエンザだったということはよくある話です。

 

A型は一気に症状がガツっと出てくるのに対して、B型はゆっくりと症状が出て、免疫細胞が疲弊している時にも症状がで続けているため、完治が遅いのがB型の特徴といえます。

症状に関しては両者とも、類似した症状が出現します。

そのため、A型にかかった人でも嘔気や嘔吐という症状が出現します。

 

しかし、特にB型のインフルエンザには上気道の炎症、消化器の症状が著名に出現することが特徴的です。

したがって、B型のインフルエンザにかかると、強い嘔気が出現します。

 

さらに、一般的なインフルエンザの予防注射では、ほぼ毎年A型のインフルエンザに対しての予防ワクチンが出回ります。

予防接種を受けていたにも関わらず、インフルエンザにかかることはありますが、予防接種をしていたA型にかかった場合は比較的症状は軽いです。

 

しかし、当然ながら予防接種をしないB型にかかると、症状が重く出ます。

そのため、予防接種を打ったにも関わらず、嘔気などの症状が出現した場合は風邪によるものと思わずに一度検査をされることをおすすめします。

スポンサーリンク


嘔気に対しての対策は?

hakike

消化器症状の中でも特に辛いのがこの嘔気。

何が辛いってやはり口から栄養を摂取できなくなること。

乳幼児や高齢者だとこの嘔気によって口から食べたり飲んだりすることが困難となり、脱水症状などの合併症を引き起こしかねません。

嘔気が出た時の対処法とはどんなことをしていけばいいのでしょうか。

 

①病院での点滴加療

残念ながら出現している嘔気そのものをセルフで緩和させることはかなり難しいです。

インフルエンザウィルスによる嘔気であった場合は、市販の吐き気止めなどでは、ほぼ効きません。

 

特に強い吐き気であった場合は、抗インフルエンザ薬を内服することも難しくなるでしょう。

そのため、強い吐き気が出た場合は、病院で制吐剤や、抗インフルエンザ薬の注射をしてもらうことが1番の症状を改善する近道になるかと思います。

ただし、抗インフルエンザ薬の点滴は医療機関によってもできるところとできないところがあるため、受診する前に一度症状も含めて相談するといいでしょう。

 

②こまめな水分補給

嘔気により嘔吐してしまうと、体内の電解質のバランスが崩れ、脱水症状を起こす可能性があります。

そのため、嘔気があってもこまめに水分補給をすることが非常に重要となってきます。

電解質のバランスの崩れが危惧されているため、ただの真水等では改善することは難しいため、

経口補水液であるOS1や、スポーツ飲料などがいいでしょう。

 

特に、嘔気が強い時は、レモンなど柑橘系の味が含まれているものだとさっぱりとした爽快感により、嘔気を和らげることができます。

嘔吐を繰り返し、脱水症状になってしまうと、インフルエンザそのものを悪化させるリスクが高まるので注意が必要です。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザ時の水分補給】ポカリスェットとアクエリアスの違い

 

また、インフルエンザの症状による嘔気だけでなく、処方された抗インフルエンザ薬を服用したことによって吐き気がさらに強くなってしまう場合もあります。

そのため、薬を飲んでさらに嘔気が強くなってしまった場合や、吐いてしまった場合は速やかに処方医に相談して、指示を仰ぐようにしてください。

 

まとめ

woman-doctor

インフルエンザを完治させるのに一番効果の高いと言われている対処法が水分補給です。

 

万が一、食欲がなくて食べられなくても、水分補給だけはこまめに行ってくださいね。

インフルエンザ症状の中で特に辛い嘔気ですが、しっかりと対策をして、かかってしまった場合は、極力、悪化させない対策として水分をしっかりと取っていきましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ