【インフルエンザ中の生理】生理不順に悩むより薬の飲み合わせに注意

インフルエンザという辛い症状と戦っている時に、女性にとってもっとも苦痛なのが生理がきてしまうこと。

風邪を引いた時に生理が重なってしまうということもよくある話ではありますが。インフルエンザ中となると症状の重さがはるかに違いますよね。

元気な時に生理になっても苦痛なのに、インフルエンザ中ともなれば苦痛も増しますね。

そんなインフルエンザ中の生理についてのお話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク


生理とインフルエンザって関係あるの?

taichoufuryou-woman

 インフルエンザ真っ最中が生理予定日だった!または生理中にインフルエンザになってしまった!という話はそこそこあり得る話だと思います。

その時多くの方が疑問をもつのが生理周期について。

女性の生理周期はホルモンバランスが深く関与しています。

そしてそのホルモンバランスには、自分自身の体の調子などが関与してきます。

 

そのため、インフルエンザそのものが原因で生理が遅くなったり長引いたりするというより、インフルエンザも含めた体調が悪いという事実が生理周期を乱す原因となっているようです。

ですので、インフルエンザでなくても、風邪で高熱を出した場合でも、これについては大して変わりがないようです。

 

生理前後で体調が悪くなりやすかったり、免疫力が落ちやすくなる方もいることから、生理になるとインフルエンザが治りにくいと言われる方もいらっしゃいますが、 これもどうやらこの生理による抵抗力の問題であるため、生理が来ていない時と比較して極端に治りにくいといわけでもないようです。

 

ただし、生理中であるとそれに付随した生理痛や腰痛などの症状が出現するため、なかなか思うように眠ることができず、それによって治りにくいと感じる方はいるようです。

スポンサーリンク


インフルエンザ中に生理痛に関する薬を飲んでもいいのか

kusuri-nomu

生理中に1番辛いのが生理痛。

インフルエンザの真っ只中の生理であれば、関節痛に加えて生理痛の痛みが生じ、辛さは倍増するもの。

 

普段内服している生理痛のお薬も、実は、インフルエンザ中に内服すると命に関わる事態になりかねないというのはご存知でしょうか。

 

インフルエンザ時に解熱鎮痛剤を使用したことにより、インフルエンザ脳症となる事例があり、インフルエンザ時にはむやみやたらに解熱鎮痛剤を使うことはよくないとされています。

 

インフルエンザ時に内服してはいけない解熱鎮痛剤は、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)という種類の中のサリチル酸系+aと呼ばれる種類の解熱鎮痛剤になります。

 

この薬の薬品名は

  • アスピリン
  • ボルタレン
  • ポンタール
  • PL配合剤

となります。

 

ちなみに、ロキソニンに関しては、意見が分かれることが多いです。

ロキソニンには一応、サリチル酸系+aの種類には含まれていません。

 

しかし、未成年では、ロキソニン内服によるインフルエンザ脳症を発症したという事例もあります。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザ脳症の症状と後遺症】発症率から考える予防と対策

 

病院によっては、成人している際にはロキソニンを処方する場合があります。

したがって、もしもロキソニンを内服するならば、病院にあらかじめ確認をとってからの内服が望ましいでしょう。

 

また、ロキソニン自体が未成年には効きすぎてしまう可能性があるため、未成年に内服させる際も医師に相談の上で内服させるのが望ましいかと思います。

 

ちなみに、何の支障もなく、インフルエンザ中に内服していい解熱鎮痛剤としては、アセトアミノフェンという成分で、薬品名ですと

  • カロナール
  • アンヒバ

という解熱鎮痛剤が使用可能です。

 

唯一、子どもでも安全に使える薬なので、ロキソニンやポンタールを普段使用している方には、なかなか生理痛に対して思うような効果が得られないかもしれませんが、インフルエンザによる熱や関節痛は和らぐかと思うので、そこで少しは楽になるのかなと思います。

 

まとめ

woman-doctor

以上のことから、特に生理とインフルエンザには大きな関係や影響はなさそうです。

しかし、鎮痛剤の選択を間違えると命に直結することにもなりかねないため、

自己判断せず、必ずお医者さんに相談して、正しくお薬の服用を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ