【インフルエンザ中のお酒のリスク】飲酒のリスクと薬との飲み合わせ

インフルエンザは高熱を初めとする症状がとても辛いという印象が強い疾患です。

しかし、この病気の大きな特徴は、治療薬を飲み始めると、菌が体内に残っていても熱があっという間に下がって楽になること、そして予防接種を打っていた場合は、菌が体内に潜伏していても熱はたいして上がらないというところにあります。

そうすると、通常通りの生活に戻りたくなるのが我々人間です。

 

普段の生活で、お酒が大好きで飲んでいらっしゃる方は果たしてインフルエンザ中にお酒をのんでいいものかと疑問を持つかと思います。

 

また、よくご高齢の方は「アルコール消毒だから」といい、風邪でもアルコールを摂取する方がいらっしゃいます。

アルコールは本当に、インフルエンザ中でも飲んでいいものなのでしょうか。

スポンサーリンク


インフルエンザ中にお酒を飲んでいいのか?

osake-nomitai

インフルエンザ中にお酒を飲んでもいいのか・・・

答えはNOです。

日本にはおばあちゃんの知恵ともいうべきもので、風邪のひきはじめは卵酒で治すなんていう言い伝えがあります。

卵酒とは本来アルコールの力と卵のタンパク質で体を温めて抵抗力をつけるという意味から出てきた品物です。

しかし、インフルエンザ中となると、ただでさえ発熱で体が熱いのに、さらに体温を上げることで関節痛や頭痛などの痛みへ繋がる上に、熱の上昇が熱性けいれんという、熱によるけいれんを助長させる可能性にもなりかねません。

 

また、アルコールには、利尿作用があるため血液中の水分を外に出してしまう作用があります。

この作用により、脱水症状になりやすくなります。

インフルエンザ中に飲酒をすることで、ただでさえ、発熱や発汗で体内の水分が外へ出て行きやすい状態となっているため、脱水のリスクを上昇させることとなります。

元気である普段でさえ、飲酒による脱水や血栓ができることを防ぐために、飲酒した量の2倍の量の水分を摂ることが推奨されています。

 

しかし、インフルエンザ中はただでさえだるくて何も食べたくなくなるのに、意識して水分をたくさん摂るということは難しく、ますます脱水状態となりやすくなっています。

 

当サイトの関連記事はこちら

【インフルエンザ時の水分補給】ポカリスェットとアクエリアスの違い

 

さらに、インフルエンザ中に処方される抗インフルエンザ薬(タミフルやリレンザなど)は、アルコールが禁忌というわけではありませんが、基本的にどの薬を内服していても、薬を飲んでいる間はアルコールの規制が推奨されます。

インフルエンザ中は効果的にウィルスをやっつける必要があるため、薬の効果を変化させてしまうアルコールは極力控えることが無難かと思います。

スポンサーリンク


それでもどうしても飲みたい時は?

nomihosu-osake

 

毎日アルコールを飲んでいる人にとって、アルコールを我慢しなければならないのはやはりとても辛いことかと思います。

インフルエンザ中でも、お酒を飲んでも影響の出ない期間があります。

それは、発症してから4日目あたりのちょうど熱が下がり始める頃です。

この頃になると、体内でのウィルスとの戦いはほぼ終わっているため、飲酒をしても問題がない時期といえるでしょう。

しかし、大量飲酒をしてしまっては、ウィルスを外に出すための抵抗力が弱まってしまうことが考えられるため、多くとも350ml程度にとどめておくといいでしょう。

 

上記のことから、飲むアルコール消毒はどうやら迷信であったということが伺えます。

アルコールが好きな方も、元気になってからまた、飲んでいただくこととして、インフルエンザ中は帰省していただくことをおすすめします。

 

また、インフルエンザの予防接種後は、多量に飲まなければ、アルコールを飲んでも良しとされています。

これにも理由があり、飲酒により、体中にアルコールが周り、体が温まると、インフルエンザワクチンの吸収を早めてしまうため、打ったことでインフルエンザになってしまう可能性があるからとされています。

まとめ

woman-doctor

お酒は百薬の長なんていう言葉もありますが、時と場合と量を考えて飲酒をすることが大事です。

体調が万全でない時は、我慢も大事です。

特に脱水症状につながってしまうようなことは、インフルエンザの治療においては大敵です。

 

お酒は元気な時に、節度を守って楽しく飲んで、健康の維持増進になるような飲み方をしていきましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ