【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

インフルエンザと市販薬

市販薬というと、病気になっても忙しくて中々病院に行けない人の強い味方。

もしもの為に一つは家に用意してある、という人もいるのではないでしょうか?

そしてこの市販薬……これらは、インフルエンザに効果があるのでしょうか?

いいえそもそも、インフルエンザ時に使用しても良いのでしょうか?

 

今回は市販薬の中でも特に有名な「熱のど鼻にぜんぶ効く」でお馴染みの「ルル」。

この薬とインフルエンザについてご説明をしたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザにルルは効くのか?

ruru

まずここでインフルエンザと薬についてご説明をしましょう。

市販薬に「インフルエンザウイルスを殺す作用があるのか」という問いには「ない」という答えになります。

一般的にインフルエンザウイルスを殺す作用が有る薬はありません。

タミフル等も増殖を抑えるだけで、殺菌作用はないのです。

 

ですが、「インフルエンザによる発熱等の症状を抑える効果はあるのか」という問いには「ある」という答えになります。

そう、これらの薬はインフルエンザウイルスには効果はありませんが、解熱作用や痛みを抑える効果はあるのです。

 

ただ一点、インフルエンザで高熱が出るのは体がインフルエンザウイルスを殺そうとして起こっています。

ですからその熱を下げるという事は、結果的にはインフルエンザを治す事が遅れてしまうという事になります。

 

だからと言って高熱が続けば体力が奪われ、特に子供や老人ともなれば元の体が持ちません。

余りに高い熱が続くのであれば、市販薬を使用して解熱する事は間違いではないのです。

ですから「解熱作用」を期待するのであれば、インフルエンザにルルは効果はあると言えるでしょう。

 

しかし、ここでもう一点。

インフルエンザと市販薬を使用する事について注意しなければいけないポイントがあります。

それは、「インフルエンザ脳症」です。

 

ルルを始めとした市販薬の扱いの注意点

インフルエンザ脳症とはインフルエンザの感染で起こる、脳に障害をもたらす疾患です。

 

当サイトの関連記事はこちら

【インフルエンザ中に飲んではいけない薬】熱を下げる市販薬のリスク

【インフルエンザに妊娠中に感染】妊娠初期の感染と服用に気を付けたい薬

 

時には臓器にも疾患をもたらす危険性がある恐ろしい疾患ですが、これが市販の解熱剤に含まれる成分によって発症してしまう恐れがあるのです。

その引き起こす成分と代表する解熱剤を書き出してみましたので、参考にして下さい。

 

  • ジクロフェナクナトリウム

ボルタレン

  •  メフェナム酸

ポンタール

  • アスピリン(アセチルサリチル酸)

バファリン

アスピリン

 

これらはインフルエンザ脳症を引き起こす危険性があるので、良く薬の成分をチェックして下さい。

 

対してインフルエンザの際に使用できる成分と解熱剤には以下の物があります。

 

  •  アセトアミノフェン系 

ルル

パブロン

コンタック

新エスタックゴールド

  • イブプロフェン系

イブ

エスタックイブ

パブロンエース 

  • ロキソプロフェン系

 ロキソニンS

 

この中でもアセトアミノフェン系は解熱効果は弱いのですが、その分安全です。

対してロキソプロフェン系は効果が強い代わりに胃や内臓へのダメージが強く、子供にはオススメしません。

子供用としては「小児用バファリン」が良いでしょう。

こちらは大人用のバファリンとは内容成分が違っています。

結論としては、インフルエンザ時に解熱作用を求めてルルを飲むのは効果的にも成分的にも間違ってはいないと言えると思います。

スポンサーリンク


薬は状況を良く見て判断する

woman-doctor

またもう一点気をつけて欲しいのが、飲み合わせです。

例えばルルとロキソニン、これらは共に解熱効果がある薬ですね。

だからこれらを飲み合わせると、その成分が被ってしまい効果と共に副作用も強くなってしまいます。

 

大抵の薬には効果が被る薬は一緒に服用しないように、との注意書きがあるのはこの為です。

もちろんこれは市販薬だけでなく医師に処方された薬でも同じですので、市販薬を飲んでいる人は医療機関にかかる時には何の薬を飲んでいるのか正確に伝えましょう。

ベストな方法は、薬自体を病院に持って行く事です。

 

薬の飲み合わせに関しては医師の判断を仰ぐ、どうしても飲む場合は6時間以上の時間を空けて飲むようにしましょう。

薬は正しく飲んでこそ効果があり、沢山飲めば良いという訳ではありません。

良く効く薬には副作用があるので、自己判断で誤った飲み方をしないように注意しましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ