【インフルエンザに漢方は効く?】麻黄湯、葛根湯の効き目と飲み方

数年前に「インフルエンザにタミフルと同じくらい効く!」と話題になった麻黄湯。

インフルエンザに対抗する手段が増えたという事で、とても嬉しいニュースとなりましたね。

 

しかしその情報、本当に正しく理解していますか?

今回はこのインフルエンザと漢方薬、特に麻黄湯、葛根湯の正しい効果、正しい飲み方。

インフルエンザにどう効くのかを、確認としてお教えしたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザに麻黄湯・葛根湯は効くのか?

まず麻黄湯、葛根湯の効果の説明をしましょう。

【第2類医薬品】【クラシエ】 麻黄湯(まおうとう)エキス顆粒45包

価格:1,499円
(2015/12/16 20:44時点)

麻黄湯は

  • 「麻黄」
  • 「桂皮」
  • 「甘草」
  • 「杏仁」

という4つの生薬で構成されている漢方薬です。

そして葛根湯は汗をかけず、熱が体の中に籠ってしまった状態で寒気がするものに対し、体温を上げて発汗を促し、病気の原因を汗と共に除去する目的として使われます。

つまりインフルエンザに効果がある、というのは「体温を上げてウイルスを失活させ、その後汗をかいて体温を下げる」という体がインフルエンザを撃退する手助けをしてくれるという事なのです。

稀に勘違いしている人がいますが、決して「インフルエンザウイルスに効果がある」という訳ではありません。

 

インフルエンザと発汗の関係の記事はこちらをどうぞ

 

また既に発汗している、体がかなり弱っている、胃腸の具合が悪い……

このような場合は症状を悪化させてしまい、痙攣、嘔吐、下痢等の症状が出てしまうので使用は出来ません。

 

カンポウ専科 葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包 【第2類医薬品】

価格:1,145円
(2015/12/16 20:42時点)


次に葛根湯ですが、

  • 「葛根」
  • 「大棗」
  • 「麻黄」
  • 「甘草」
  • 「桂皮」
  • 「芍薬」
  • 「生姜」

で構成されています。

葛根湯も麻黄湯同じく、体を温めて発汗を促す漢方薬です。

しかし、また麻黄湯と同じく既に発汗している時に服用すると、筋肉の痙攣を引き起こす危険性があります。

また胃痛が弱っている時、元々胃痛が弱い人は下痢を起こす事があるので注意が必要です。

 

麻黄湯、葛根湯の効果、インフルエンザを撃退するのではなく、あくまでその手助けをしてくれる薬という事はお分かり頂けましたか?

では次に、この二つの効果的な飲み方もお教えしましょう。

スポンサーリンク


麻黄湯・葛根湯の飲み方

Plain hot water

まず麻黄湯も葛根湯も、飲むタイミングというものがあります。

そのタイミングは熱が出始めた時、つまり体がゾクゾクしてきて「熱が出てきたか?」という時に飲みましょう。

このインフルエンザが発症してすぐに飲むのがポイントです。

そして薬というと何かお腹に食べ物を入れてから飲むのが普通ですが、漢方薬はお腹に何も入っていない状態で飲まないと効果が薄れてしまいます。

もしご飯を食べた直後であるなら、出来ればそこから二時間ほど時間を空けましょう。

 

また飲む時は水ではなく白湯で、飲みづらい時は白湯に溶かして飲んでも大丈夫ですよ。

粉タイプならこの飲み方ですが、ドリンクタイプも同様に冷やさない方が効果があります。

ドリンクタイプの麻黄湯は常温で置いておくか、お湯で割って飲むようにしましょう。

 

ただし既に発汗している時、そしてお腹の調子が悪い時は飲まないようにして下さい。

副作用が少ないと言われている漢方薬ですが、体の補助や手助けをしてくれるだけあって、正しい服用をしないと逆に体に負担をかけてしまうのです。

 

正しい服用法、使用方を守る事

woman-doctor

どうでしょうか?

漢方薬とインフルエンザの仕組み、関連性についてはご理解頂けましたでしょうか?

あくまで漢方薬はインフルエンザウイルスに効果があるのではなく、インフルエンザウイルスを撃退する体の働きを高めてくれるのです。

 

漢方薬は副作用が少なく、正しく飲めば効果が高い薬です。

しかし、それだけに正しい飲み方、使い方をしていなければ効果はありません。

漢方薬だから効く!のではなく、どの漢方薬がどうして効果があるのか。

そこをしっかりと理解して下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ