【インフルエンザと注射】注射料金の相場と腫れの副作用について

インフルエンザと注射

皆さんインフルエンザと言えば、事前の予防接種……注射がすぐ思い浮かぶのではないでしょうか。

しかしこの注射の料金は病院によって違う事は知っていますか?

今回はこの注射の料金が病院によって違う理由を詳しく説明すると共に、注射料金の相場、また予防接種による痛みや腫れなどの副作用について。

そして注射後の飲酒についてなど色々な事について説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザの注射料金はどうして病院によって違うのか?

さてまずどうして料金に違いが出るのか。

それについては理由が二つ挙げられます。

 

  • インフルエンザ予防接種は任意接種である事

任意接種とは、必須ではなく受けるかどうかを自分自身で決められる予防接種です。

これは保険が適用されず、また保険外診療の為、料金は医療機関で設定出来るようになっています。

因みに医療機関ではワクチンの仕入れ値、初診料、手数料を考慮して料金を設定しています。

 

  • 医療機関によって仕入れているワクチンの種類が違う

インフルエンザワクチンというものは実は一種類ではなく、様々な種類とメーカーがあります。

特に重要なのが、チメロサールという防腐剤。

このチメロサールは水銀化合物なのですが、含まれている量は体に害はないとされています。

しかし不安に思う人も多く、今ではチメロサールフリー、防腐剤が含まれていないインフルエンザワクチンも使用されています。

そして、この防腐剤が含まれているか含まれていないかで、料金が1000円ほど変化するのです。

 

インフルエンザワクチンの値段、注射の値段が各病院によって違う理由を知って貰った所で、次に注射の相場をご紹介しましょう。

 

インフルエンザ注射の相場はどれくらいか?

大まかになりますが、13歳以上~大人のインフルエンザ注射の相場は3500円から4500円。

今年はワクチンが従来の3価から4価に変化したので往年より500円値上がりしています

 

また二回目の注射は料金が安くなる場合があり、その場合はこの値段より1000円ほど値下がりします。

住んでいる地域によって中学生は事前の申請により、一回分だけ一部助成される場合もあるのでご確認下さい。

 

また満65歳以上の高齢者の場合、各自治体によって自己負担額の一部が助成されるケースがあり、この場合の注射料金の相場は1500円から2000円となります。

 

因みに生後6ヶ月から13歳未満の子どもの場合、インフルエンザ予防接種は2回受けなければいけません。

この場合の1回あたりの料金の相場は3000円から4000円。

ただし、医療機関によっては二回目の接種料金が安くなる場合もありますので、事前に確認をしてみて下さい。

こちらも事前の申請により料金が一部助成されるケースもありますので、医療機関、自治体等で確認を取る事をお忘れにならないように。

スポンサーリンク


インフルエンザ注射の副作用と飲酒について

インフルエンザ注射をした後、副作用が出る人は全体の10~20%の人だと言われています。

その見られる多い症状としては、注射の跡が腫れる、痛みがある、赤みがある等の症状です。

次に初熱、それから頭痛や全身のだるさ等、インフルエンザの症状に似た副作用が現れます。

ただこれらの症状は重くなければインフルエンザに対して体がキチンとした対応が出来ている、免疫力が付いているという証でもあるので、余程強い症状ではない、一週間以上続いている状態ではない限り大丈夫です。

 

ですがこれらの症状には、飲酒……お酒を飲む事が少々関わって来るのです。

因みに飲酒自体に関しては「予防接種後には大量の飲酒は避けましょう」となっていますが、これはアルコールによってワクチンの効果が出なくなるという事ではありません。

アルコールを摂取する事により、血液の循環が活発になる事、そして肝臓に負担がかかる事で免疫力の低下が考えられる事にあります。

これらのアルコール効果によって、インフルエンザ予防接種での副作用が出やすくなってしまうのですね。

その為、インフルエンザの注射後24時間は飲酒を避けておく方が賢明でしょう。

 

インフルエンザ予防接種を受けるという事

料金的に見てもインフルエンザの注射、予防接種というのは決して安くはありません。

しかし、受けておく事でインフルエンザでの苦しみが軽減される事を考えると、やはり一度でも受けておく事をオススメします。

特に受験シーズンの学生、体力のないお年寄りや子供は、出来れば優先的に受けておきたいですね。

 

また、受けた際の副作用も考えて、ゆっくりと休める日にインフルエンザ予防接種を受けるのがベストでしょう。

しっかり受けて、ばっちり対策。

冬の一行事としてインフルエンザ注射、お早めに。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ