【インフルエンザと免疫】かからない人の特徴と免疫力を上げる方法

インフルエンザと免疫力

多くの病気に対抗するには免疫力が重要だという事を、目にした事、聞いた事はないでしょうか。

免疫力とは簡単に言うと、病気に対する抵抗力です。

インフルエンザワクチン、予防接種も体に免疫を付ける為に行われる…だとすれば、インフルエンザに対抗するには免疫力が重要になってくるという事。

では免疫力が出来ればインフルエンザにかからなくなるのか?だとすれば免疫力はどうやって上げる事が出来るのか。

今回はこの免疫力とインフルエンザの関係性をご説明したいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザにかかると免疫力は出来るのか?

まず免疫について少しご説明をしましょう。

私達の体の細胞、免疫細胞はウイルスのデータを数年は記憶しています。

その為、再び同じウイルスが体内に侵入すると、免疫細胞が素早い対処を行う事ができ二度目は症状が軽く済むのです。

だからインフルエンザワクチンによる予防接種は有効であると言えるのです。

 

ではどうして症状が軽く済むだけで、インフルエンザに二回かかる事があるのか?

それはインフルエンザには様々なウイルスの形があり、そのウイルスは日々少しずつ変形しているからです。

前と全く同じ形状のウイルスが侵入してくる訳ではないので、流石の免疫細胞も対処に少し手間取ると考えて下さい。

だからインフルエンザにかかる事で免疫は出来ますが、それでもうシーズン中に二度とインフルエンザにかからない訳ではありません。

ですが免疫が生まれる事により、次のインフルエンザにかかった時は症状が軽くなるのです。

 

インフルエンザにかからない人の特徴を、かかりやすい人の特徴から考える

では次に、根本的にインフルエンザにかからないようにする為にも、インフルエンザにかからないとされている人の特徴とは何か。

それを知る前にまず、インフルエンザにかかりやすいと言われている人の特徴をご紹介します。

  1. ストレスが多い。
  2. 睡眠不足など生活が不規則。
  3. 冷え性。
  4. 通勤電車も含め、人混みに出掛けることが多い。
  5. 集団生活をしている子どもと同居している。

 

まず④と⑤ですが、インフルエンザは人から人へ感染します。

その為人に接する機会が多いとインフルエンザに感染しやすいというのは、道理であると言えるでしょう。

では他の三つ…これらの特徴は全て、「免疫力が低下しやすい人」の特徴なのです。

他にも妊婦、糖尿病患者など抵抗力が普通の人よりも劣っている、免疫力が落ちている人はインフルエンザや他の病気にもかかりやすい事が分かっています。

 

ここから判断すると、インフルエンザにかからない人の特徴は「免疫力が高い人」と言えます。

では免疫力を高めるにはどうすればいいのか?

次にそれを説明したいと思います。

スポンサーリンク


免疫力を上げる方法とは

では免疫力を上げる方法とは…実は免疫力は、体温と深い関係があるのです。

先程も説明した通り冷え性の人はインフルエンザにかかりやすい、これは冷え性により体温が下がる事で免疫力が低下するのですが、この理由も詳しくお教えします。

 

免疫細胞の主となる白血球は、ウイルスや細菌を退治してくれる働きを持っています。

この白血球の働きは、体温が1度下がると30%以上低下し、逆に体温が1度上がると500~600%も活性化するのです。

つまり体温を上げる事で免疫力を高める事が出来るのですね。

現代の日本人は低体温化が進んでいると言われています、この低体温化を防ぐ為にも、免疫力を付ける為にも出来る方法をご紹介しましょう。

 

第一に、適度な運動、出来れば下半身を使った運動やウォーキングがオススメです。

その理由は、

人間の体温の40%は筋肉が作り出します。

そしてその筋肉の70%は足に集中しているので、下半身を使うようにする事で低体温を防ぎ、免疫力を高める効果が期待出来るのです。

 

次に、ストレスの軽減。

ストレス過剰になると交感神経が高まり、血管が収縮して血行が悪くなります。

その結果体温が低下するので、適度にストレスを解消する事は免疫力アップへと繋がるのです。

因みに睡眠不足も体へのストレスとなっているので、適切な睡眠時間を取りましょう。

 

そして食生活の改善、特に食べ過ぎに注意しましょう。

体の中で熱を作り出す働きが高いのは、筋肉に加えて、肝臓、脳、心臓です。

しかし、大量に食べ物を食べると消化する時に血液が胃腸に集まるので、筋肉、肝臓、脳にあまり血液が行かなくなります。

そうなるとこれらの臓器の働きが落ち、熱が作り出されにくくなって体温が下がるのです。

食べ物は食べ過ぎないように、同時にだらだら長時間食べる事を止めて、規則正しい食生活を送りましょう。

 

免疫力を付ける事は、インフルエンザ以外の病気のリスクも下げる

上記を見て頂ければ分かる通り、免疫力を高めるという事はインフルエンザにかかりやすい人の生活を逆転しているという事なのです。

そしてそれは、規則正しい生活をしていれば自然と身に付く事でもあります。

免疫力を付けるという事は、インフルエンザ以外の病気にかかるリスクも低下させます。

良く病気にかかりやすい人はまず、自分の生活を見直し、少しずつ改めて行って下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ