【インフルエンザは冷やす?温める?】冷やす場所と冷えピタの使い方

インフルエンザの時は冷やすべき?それとも温めるべき?

風邪の時は体を冷やさないように!と言われた事は誰しもあると思います。

そして同時に、高熱の時頭だけは冷やさないと脳がやられるから!と言う事も聞いた事はないでしょうか。

 

ではインフルエンザのような特殊な病状の場合は、どちらが正しいのでしょうか?

冷やした方が良いのか?それとも温めるべきなのか?

今回はそれをきちんとした医学的な観点からご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザの時は冷やす方がいいのか?温めるべきなのか?

結論から先に言うと、温める事も冷やす事も必要になります。

 

まず、インフルエンザで寒気がしている時は体を冷やしてはいけません。

この寒気がしている最中は、体がウイルスを殺す為に熱を上げている最中なのです。

ですから適切な体温になるまで体の熱は上がり続けます。

それをサポートする為にも、またウイルスを早く退治してしまう為にも暖かくしましょう。

 

そして熱が下がり始める、汗が出てきた時は冷やすようにしましょう。

汗が出ているという事は体が熱、体温を下げようとしているのです。

だからといってクーラーや扇風機を使って下げるのはよろしくありません。

  • 布団を薄くする
  • 枚数を減らす
  • 水分を摂る
  • 氷嚢で冷やす

これらが効果的です。

また体が濡れていると体力が奪われ、インフルエンザが治っても風邪をひく危険があるので、着替えは小まめに行って下さい。

 

次に冷やす場合の効果的な方法をご紹介しましょう。

 

熱を引かせる為に、冷やす場合

熱を冷ます、冷やすアイテムとして有名なのが冷えピタ。

頭に貼っている絵を良く見ますが、医学的に見ると頭を冷やす事は、効果がないのです。

実際には

  • 首の付け根
  • 太ももの付け根
  • わきの下

等の太い血管がある場所を冷やす方が体は冷えます。

 

では何故頭を冷やした方が良いと言われているのか?

 

昔は高熱により脳が障害を負うからだと言われていました。

しかし、最近では高熱といっても人間の出す40度くらいで脳が障害を負う事はないと分かっています。

むしろ、高熱の原因である菌やウイルスが脳に入り、脳症や脳炎を起こす事で脳が障害を負うのです。

 

ですから、冷えピタを使用するなら太い血管のある場所に貼った方が効率を考慮すると効果的なのです。

ここで冷えピタについて、特に幼い赤ちゃんへの使用の注意も説明しておきましょう。

 

赤ちゃん、子供の場合……冷えピタの使用

まず冷えピタは大人用と子供用、ベビー用がある事はご存知でしょうか。

 

この違いは、大きさと清涼化剤の量です。

この清涼化剤と言うのは、皮膚に清涼感を与える目的で配合される成分で、冷えピタを貼る事ですっと冷たく気持ち良くなるのはこの為です。

 

子供用は大人用に比べて大きさが小さく、清涼化剤の量も少なくなっています。

そしてベビー用は更に小さく、清涼化剤は含んでいません。

またベビー用は誤って飲み込まないように、苦みを感じる成分を配合しているようです。

 

このように赤ちゃんの誤飲には配慮がなされていますが、冷えピタは赤ちゃんが自分で剥がして飲み込んでしまう危険性があります。

また、冷やす目的だけを考えるなら、アイスノンをタオルで包んで足の付け根や内側に当てて上げる方が遥かに解熱に効果があります。

冷えピタは絶対に危険だとは言いませんが、誤飲を避ける為にも一定年齢を満たない幼児には、特に目を離すような事がある場合は使用を控えましょう。

スポンサーリンク


頭を冷やす事の意味と、解熱について

では頭を冷やす事には一切利点がないかといえば、そうでもありません。

高熱の時に頭を冷やす事で気持ち良さを感じる、熱が高すぎてボーっとするので頭を冷やしたい。

そう言った「精神的に感じる」観点から頭を冷やす事は、悪手ではありません。

 

特に子供の場合、まだ熱が上がる時でも熱が高いと眠れない事が良くます。

そんな時に頭を冷やして上げると心地よさから例え短時間でも睡眠を取る事が出来るなら、頭を冷やす事も考慮して上げましょう。

まとめ

  • 熱が出る間は温める
  • 汗をかき出したら冷やす

これは効果的な面だけに注目した対処法です。

高熱で辛い時、特に子供がインフルエンザで苦しんでいる時には、今回あげた2点だけに固執しすぎて、決してこの通りにしないと悪化してしまうという事はないので安心して下さいね。

我慢し過ぎない事も、体力の回復には意味があるのですから。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ