【インフルエンザと鼻水】風邪とインフルエンザの時の鼻水の違い

インフルエンザと鼻水

体調が悪い時に出る咳やくしゃみはマスクである程度軽減できますが、厄介なのが「鼻水」ですね。

特に外出している、人前だと鼻水が出てもかみたいのにかめないなんて良くある話です。

しかし鼻水というのは体調を崩す前、また体調がどのような状態化のバロメーターでもあるのです。

 

今回はこの鼻水とインフルエンザの関係性。

風邪でも鼻水は出ますが、インフルエンザの時の鼻水との違いは?色、状態は?

また気になる鼻水が止まらない時の対処法も合わせてご紹介しましょう。

スポンサーリンク


【鼻水】風邪の時とインフルエンザ時

一般的に、風邪の時は初期から鼻水が出ますが、インフルエンザは熱が収まってきてから鼻水が出始めます。

そして両方とも最初は水のように透明でサラサラしており、段々と黄色や緑色に変化して粘度が高くなっていきます。

インフルエンザの場合は最初から粘度が高く、黄色や緑色の鼻水が出てくるケースがあります。

さて、では鼻水が出るメカニズムをご説明しましょう。

 

風邪のひき始めに、ウイルスによって鼻の粘膜が炎症を起こします。

炎症を起こされた粘膜が腫れると、血管から水分が染み出てきて透明で水のようなサラサラした鼻水が出てくるのです。

これが初期の頃出てくる鼻水ですね。

 

そして次に、体内で白血球とウイルスが戦い始めますが、この時やられた白血球や退治されたウイルスも体の外に排出されます。

これが黄色い、粘度の高い鼻水になります。

鼻水の粘度や色は、実はウイルスや白血球の死骸が混ざっている「膿」だからなのです

更に含まれるウイルスや白血球の数が増えると、鼻水は緑色に変化します。

ですから粘度が高い、色が付いている鼻水は体がウイルスや細菌を退治した証拠であり、風邪やインフルエンザが治ってきている証拠なのです。

 

ただ鼻水の中はウイルスや殺菌が増えやすく、鼻の奥は炎症しやすいので緑色の鼻水が出る時は鼻腔炎や蓄膿症を併発している事もあります。

あまりに長く粘性の強い鼻水が出ている時は、医療機関で検査をして貰いましょう。

 

因みにこれは一例で、インフルエンザ初期であっても免疫力の低下により細菌に感染し、鼻水が出る人もいるのであくまで参考としてお考え下さい。

スポンサーリンク


流れる鼻水の対処法

しかし鼻水で一番困るのは、人前で何度もかむのがはばかれる事。

ここでは少し、鼻水が流れる事を軽減させる方法をお教えしましょう。

 

一番手っ取り早いのが、口の中に水を含む事です。

鼻水は炎症により腫れた内部を水分を分泌させて冷ます、もしくは乾燥を抑制する為に流れます。

それが鼻の外でなく、喉へと流れるようにするのがこの方法です。

やってみると分かりやすいのですが、少量の水を口に含むと喉の奥に流そうと口内が動きます。

それをそのままにしておくと、液体が零れないようにする為か自然と鼻の中も喉の方に水分を動かすように調節します。

ただ喉に向かって鼻水が流れてしまうと鼻の奥や喉の粘膜にウイルスや細菌が流れ込んでしまい、それが喉や鼻の病気に繋がる事にもなるので、簡単で効果的ではありますが風邪で鼻や喉をやられやすい人にはオススメしない方法です。

 

もう一つは、ツボ押しです。

  1. まず小鼻の横
  2. そして鼻の根元の横
  3. 最後に鼻の根元
  4. 目頭の部分を押して下さい。

この部分はさするように押す、マッサージする事で鼻の通りが良くなり、鼻の血行が良くなります。

鼻の血行が良くなる事で鼻の内部が温められ、乾燥を防ぎ、鼻水を抑制する効果があるのです。

少し手でマッサージする事になりますが、鼻や喉を傷めないのでこちらがオススメの方法です。

出来れば鼻水をかんでから、ちょっとマッサージしてみて下さい。

定期的にする事で鼻水を抑える効果が更に期待できますよ。

 

鼻水が出るという事。

鼻水が出るという事は、インフルエンザのみならず体に何か影響が出ているという証拠です。

それは体内のウイルスや細菌の排出であったり、鼻の乾燥を防いでいたりと色々な理由が考えられます。

しかし、鼻水はたんぱく質が多く、放っておくと細菌が増殖しやすいのもポイント。

 

体の中に溜め込んでいては良くありません。

出来れば鼻水は出来るだけかんで体外に排出して下さい。

また原因不明の粘度が高い鼻水が出ているという事は体内にウイルス、細菌が存在しているという事。

少しの異常を見逃さないようにするのが、病気の早期発見に繋がりますので気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ