【インフルエンザに毎年かかってしまう】予防接種を受けてるのに…

毎年やってくるインフルエンザシーズン

インフルエンザと言えば、毎年のように流行する事が当然のようになっていますね。

寒い時期、特に年末が近付いて来ると「インフルエンザ予防接種」と、まるでシーズン行事のように目にする人も少なくはないと思います。

 

しかしここで不思議なのが、どうしてインフルエンザは毎年予防接種をするのか?

そして予防接種を受けていても毎年かかってしまうのはどうしてなのか?

インフルエンザ予防接種に対する素朴な疑問、今回は改めて詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


毎年のインフルエンザ予防接種

まず大事な事ですが、インフルエンザ予防接種によるワクチンは「インフルエンザにかからなくなる」のではなく、免疫を作る事により「症状が重くなる」事を防ぐ事が目的です。

ですからインフルエンザ予防接種をしていても、その人の過ごし方や人との接触の仕方、免疫力でインフルエンザに感染する可能性は0にはならないのです。

インフルエンザ予防接種はかかった時の重症化を防ぐ事が第一の目的、そして次に免疫を付ける事でかかりにくくするようにする事を目的として考えて下さい。

予防接種だけでなく、毎日の生活を見直してインフルエンザにかからないような体作りや予防法をする事がポイントとなってきます。

 

そして次に、ご存知と思いますがインフルエンザにはA型とB型という二つの型があります。

A型のインフルエンザになった年とその翌年は、A型に免疫が出来ていた…けれどB型にかかってしまった…このような事もあるので、インフルエンザの予防接種を毎年受けておいた方が良い、という訳です。

 

インフルエンザ予防接種の効果期間

因みにインフルエンザワクチンの効果がある期間はどれくらいか、知っていますか?

 

実はインフルエンザの予防接種を受けて免疫を作ると言っても、予防接種をしたその瞬間から免疫が出来ている訳ではありません。

ワクチンは毒素を無くしたウイルスを体に注射し、それを免疫細胞に倒させる事によって対抗手段を覚えさせます。

これが「インフルエンザに対する抗体」です。

そして、この抗体を体に作らせるのに、個人差がありますが1~2週間必要になります。

だからインフルエンザの予防接種をインフルエンザが流行ってからしたとしても、抗体が作られる前にインフルエンザにかかってしまうのです。

 

またインフルエンザの予防接種の効果期間はおよそ5ヶ月。

抗体の力が一番強いのが出来て一ヶ月、そして三ヶ月を過ぎると今度は徐々に抗体が力を失っていきます。

その為、予防接種を受けるのが早過ぎてもインフルエンザの予防接種の効果がはっきされないのです。

 

もしインフルエンザの予防接種を毎年受けているのにインフルエンザにかかってしまう…そういう人は少しインフルエンザの予防接種を受ける時期を見直してみましょう。

過去、インフルエンザは12月中旬から3月頃までが一番のピークですので、11月の終盤には予防接種を受けるようにしてみて下さい。

スポンサーリンク


インフルエンザの予防を考えるなら

インフルエンザのウイルスは毎年形を変えていくという、人にとっての「天敵」に値します。

その為、インフルエンザの予防接種はあくまで悪化を防ぐ事に念頭を置かれているのが現状です。

しかし、少しでもリスクを下げられる事には変わりはありません。

そして同時に、普段の生活を見直してインフルエンザ、風邪に対抗出来るだけの体力と免疫力を身に付ける事が大事です。

 

手洗いうがいの徹底、乾燥防止など、予防接種以外の事にも気を配ってインフルエンザのシーズンを乗り切りましょう。

また万が一インフルエンザにかかってしまった時は、早めの医療機関受診、そして悪化させないようにゆっくりと休む事を第一にして下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ