【インフルエンザとエタノール】消毒の効果と効き目が高い濃度とは

インフルエンザとエタノール

エタノールと言われると一瞬化学の時間を思い出してしまいそうな名称ですが、簡単に言うとアルコールです。

今回はこのインフルエンザとエタノール……アルコール消毒について解説をしていきたいと思います。

インフルエンザの予防や対策で「アルコール消毒が良い!」とは言われていますが、その効果はどのくらいなのでしょうか?

またどうしてアルコール消毒がインフルエンザ対策に良いのか?

今回はそのポイントも説明していきましょう。

スポンサーリンク


インフルエンザ対策にアルコール消毒が効果的な理由

まずインフルエンザ対策に何故アルコール消毒が効果的か説明しましょう。

 

インフルエンザウイルスは、エンベロープという脂質性の膜で覆われています。

このエンベロープは突起状になっており、言ってみればシューズのスパイクのような役割をしています。

これが粘膜に突き刺さり、そこから感染していくと考えて下さい。

 

さてこのエンベロープは水に溶けにくくて油に溶けやすいという性質を持っています。

つまりは脂質性の膜なのですが、これはアルコールにより溶かす事が出来ます。

だからエタノールなどのアルコールに触れる事で、このエンベロープが溶けてしまいます。

スパイクを失ったインフルエンザウイルスは感染出来なくなる、つまり不活性化するのです。

 

感染出来なくなったウイルスは増殖しなくなってしまいます。

これがインフルエンザ対策にアルコール消毒が効果的な理由です。

 

ではアルコール消毒がインフルエンザウイルスに効果的という事は分かったとしても、アルコールには濃度があります。

結果から言うと、一番インフルエンザウイルスに効果的な濃度は、70%です。

これはどうしてでしょうか?

効果的ならよりアルコールの成分が高い方が良いのではないでしょうか?

次にそれをご説明しましょう。

スポンサーリンク


より効果的なアルコール消毒をする為に

まずアルコール消毒はアルコールを吹き付ければ良いという訳でなく、よりじっくりと浸透させる、良く表面に塗り込める事が重要です。

しかしアルコール成分が……例えば100%だとすると、空気中に蒸発しやすくなってしまい、効果を発揮出来ません。

その蒸発と効果のバランスの良さを追求した研究結果が、70%なのです。

何事も高ければ良いというものではないという事ですね。

 

そして次に、アルコールはインフルエンザウイルスには効果的ですが、手の表面の汚れには効果はありません。

寧ろ汚れている状態で手をアルコール消毒してもウイルスまで届かないので、まずは手の汚れを落としてからアルコール消毒を行いましょう。

そして手のすみずみまできっちり行き渡るように、指の間や手首まですり込むようにすると効果的です。

吹き付けるだけでは効果はないという事を良く理解し、アルコール消毒を行って下さい。

 

また手が濡れていると濃度が下がるので、良く拭いてからアルコール消毒をして下さいね。

 

インフルエンザのケアだけでなく

ただワンポイントだけ注意したいのが、このアルコール消毒は手の表面の油まで流してしまい、手が荒れやすくなってしまいます。

女性や、まだ小さな子供には手を洗った後、アルコール消毒後には手のケアを行ってあげて下さい。

 

特にインフルエンザが流行る冬の時期は手が荒れやすい為、頻繁にアルコール消毒をしているとあっという間にヒビやあかぎれで痛々しい事になってしまいます。

市販の乳液やハンドクリームでしっかり油分を補い、手の健康もケアして上げましょう。

また家具を消毒する際は、ニスやワックスも脂溶性で塗装が剥げてしまうので其の辺も確認してからアルコール消毒を行いましょう。

しっかり予防とその後のケア、両立していきましょうね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ