【インフルエンザと卵アレルギー】予防接種前に知っておきたい対処法

インフルエンザと卵アレルギー

寒くなってくるとやってくるインフルエンザシーズン。

是非ともシーズン前には予防接種を受けて、インフルエンザにかからない、万が一かかっても重症化しないようにして臨みたいものです。

しかし皆さんは「インフルエンザの予防接種は卵アレルギーの人は受けられない」という事をご存知でしょうか?

これは

  • アレルギーがあれば絶対に受けられないという事なのか?
  • なぜ卵アレルギーなのか?
  • 他のアレルギー持ちは大丈夫なのか……?

 

知っている人は知っている、知らない人は知らないインフルエンザ予防接種と卵アレルギーの関係性について。

今回はその原因からまずは説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


どうして卵アレルギーがインフルエンザ予防接種に関係があるのか

まず卵アレルギーについて少し。

卵アレルギーというのは、卵白に含まれているタンパク質に対してのアレルギー反応が殆どなのです。

 

そしてインフルエンザワクチンは、製造の際に、ウイルスを卵の中で増殖させて作られています。

その為、極少量ではあるもののインフルエンザワクチンの中に卵の卵白成分が残っているのです。

これに対して体がアレルギー反応を起こしてしまうので、卵アレルギーの人はインフルエンザ予防接種が受けられない事があるのです。

 

しかしもちろん、卵アレルギーを持っている人全員がインフルエンザ予防接種を受けられないという訳ではありません。

実際には強いアナフィラキシーショックが出なければ、卵アレルギーでもインフルエンザ予防接種は可能なのです。

ただし、それにはキチンとした検査を受ける事が必要になります。

 

卵アレルギー所持者のインフルエンザ予防接種は

まず卵でアレルギー反応が出た事がある人はその旨を隠さず医師に伝えて下さい。

大人であれば自己判断が付くと思いますが、子供の場合は周囲の人がしっかりと判断をして、医師に伝えて上げましょう。

例え軽度であっても、この時点できちんとアレルギーを伝えて下さい。

 

次にその卵でのアレルギー反応が強いと判断された場合は、テストを行います。

この時にワクチンの皮膚テストを行いますが、これで晴れている範囲を測りワクチンの接種が出来るかどうか調べるのです。

 

残念ながらここで激しい反応を起こした場合、ワクチン接種でショック状態になる危険性が高い為予防接種は行えません。

またワクチン接種後30分内はアレルギー反応が出る場合もある為、出来れば接種できたとしても30分は病院にいる事をオススメします。

スポンサーリンク


赤ちゃんの卵アレルギーはどうなる?

さて、既に成人している大人や、ある程度食事をしてアレルギーがあるかどうか判別がついている子供でしたら、まず「卵アレルギーがあるかどうか」判断出来るので、この方法で構いません。

しかし、問題は「卵アレルギーがあるかどうか分からない」赤ちゃん。

インフルエンザ予防接種は生後6ヶ月から受ける事が出来ます。

しかし子供や大人に比べ、赤ちゃんはまず卵を食べていないのでアレルギーがあるかどうかすら判断出来ません。

この場合はどうするべきか?

 

オススメなのは、卵アレルギーがあるかどうか検査を受けてからの予防接種です。

病院によってはアレルギー専科等がありますので、まずはそこで検査して貰いましょう。

希とは言え「あるかもしれない」アレルギー。

この機会に卵アレルギーの有無を検査で知っておく事をオススメします。

 

卵アレルギーの予防接種

実は関係が深い卵アレルギーとインフルエンザ予防接種。

しかし、卵アレルギーがあるからインフルエンザ予防接種を受けられないという事は決してありません。

まずは予防接種前に医師に相談し、その上で出来れば検査を受けてから予防接種を行う。

卵アレルギーと上手く付き合っていく方法を選んで下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ