【インフルエンザの予防接種と卵アレルギー】その危険性と対処法

インフルエンザ予防接種は、卵アレルギーのある人は受けられない事があります。

これはインフルエンザワクチンが鶏の卵を使用して培養され、作成されているからです。

卵アレルギーのある人は、この卵成分に反応し、激しい反応……アナフィラキシーと呼ばれる状態になるので、卵アレルギーの人はインフルエンザ時には予防接種を受ける事が出来ませんでした。

しかし、技術は発達して含まれる成分も極微量になり、卵アレルギーが合っても診断を受ける事により予防接種を受ける事は可能になっています。

だからこそ今回はインフルエンザと関係する卵アレルギーの危険性の再確認、そしてまだ診断されない赤ん坊の場合の対処法について、更に深く解説したいと思います。

スポンサーリンク


アナフィラキシー……怖いアレルギー反応

卵アレルギーだけでなく、アレルギーで何より怖いのは「アナフィラキシー」と呼ばれる全身に出るアレルギー反応です。

一番多いのはじんましんを始めとした、赤みやかゆみ等のいわゆる皮膚の症状。

 

次ぐに多いのはくしゃみ、咳、息苦しさ等の「呼吸器の症状」

次に目のかゆみ、唇の腫れなど「粘膜の症状」、そして腹痛や嘔吐の「消化器系の異常」です。

最終的には血圧の低下、意識の不明など循環器系にまで異変を及ぼす……これらの症状が複数、しかも急速に症状として出るのがアナフィラキシーです。

 

アナフィラキシー反応が出る確率は低いといえど、決して軽んじてはいけません。

卵アレルギーの人はインフルエンザ予防接種の前にテストを行いますが、万が一にもアナフィラキシーが出ても大丈夫なように、病院内に30分程度は留まり、何らかの異変があればすぐに申し出られるようにしましょう。

アレルギーだと軽んじてはいけません、まだまだ何が起こるか分からないのが、人体なのですから。

スポンサーリンク


赤ちゃんの卵アレルギーは?新しい見分け方

さて、ここで心配なのが赤ちゃんのアレルギーの有無についてです。

離乳食を始めていない乳幼児は、まだアレルギーの有無について判別しにくいので、

もしインフルエンザ予防接種を受けるのであれば、出来るだけアレルギーがあるかどうかを調べておきたい所です。

卵アレルギーだけでなく他のアレルギーも調べたい人は、きちんと病院でアレルギーについての診断を受けると良いでしょう。

特に親御さん、もしくは家族の誰かに卵アレルギーがある家庭の赤ちゃんは、その旨を医師に伝えるようにして下さい。

 

と、ここで最近家庭でも出来る、簡単に赤ちゃんの卵アレルギーの判別、

インフルエンザ予防接種が打てるかどうか判別出来る方法があります。

それは「たまごボーロ」。

和光堂 たまごボーロ T13×6個

新品価格
¥1,086から
(2015/12/7 21:39時点)


このたまごボーロ一個に含まれている卵成分は、インフルエンザ予防接種量よりも多いので、

たまごボーロ一個を食べて何も反応が出ない場合は大丈夫である、といくつかの産婦人科ではこの方法を推奨しています。

たまごボーロを食べ始めるのは7ヶ月頃、赤ちゃんの予防接種は6ヶ月以上ですから、年代ともあっているのです。

あるかどうか分からないけど心配……という人は、まずは欠片からたまごボーロを食べさせて判断してみてはどうでしょうか。

 

もちろん、家族、血縁関係者に重度のアレルギー患者が居る場合は素直にアレルギー検査をオススメします。

赤ちゃんに何かがあっては遅いのですから。

 

卵アレルギーとインフルエンザ予防接種

インフルエンザは高熱が出る事もあり、まだ小さな赤ちゃんが重症化しない為にも予防接種を受けておきたい、というのは当然でしょう。

しかしその予防接種で、アレルギー反応による被害が起きては何もなりません。

どちらが重要だ、大切だではなく、どちらも自分と周囲を守る為にも大切な事。

特に自分で判断出来ない赤ちゃんや子供の場合は、親御さんがしっかりとした知識を持って対処していってあげて下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ