【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

インフルエンザ時の耳の痛み

Otitis media

インフルエンザにかかった時、もしくは発症してから耳の痛みを感じる人、もしくは耳に違和感を覚える人が多くいます。

インフルエンザは免疫力が落ちる為に肺炎等の合併症を発症しやすいのですが、その中の一つに中耳炎があります。

このインフルエンザによる中耳炎、放っておくと難聴に繋がる事もありますので早期の治療が必要となります。

 

今回はこのインフルエンザによって引き起こされる耳の痛み、中耳炎。

どのような原因で起こるのか、そしてどう対処したら良いのか。

この事について説明をしていきましょう。

スポンサーリンク


インフルエンザ時の中耳炎

chu-jien

出典:news.mims.com

 

インフルエンザにかかった時、まずウイルスは鼻や喉の粘膜に張り付いて繁殖し始めます。

そしてこの部分の粘膜には、中耳、耳の中へと続いている管があります。

ここを通ってウイルスが耳の奥へと入り込んで炎症、中耳炎を引き起こすのです。

このようにウイルスが引き起こす中耳炎を、ウイルス性中耳炎と言います。

 

また希に体内を巡っている血液中にインフルエンザウイルスが増殖し、この血液の巡りによって耳にウイルスが侵入して中耳炎となる事もあります。

 

そしてもう一つ、こちらはインフルエンザによる免疫力低下による中耳炎です。

インフルエンザによって体力が奪われ体の免疫力が低下し、細菌による中耳炎が引き起こされた場合。

 

ウイルスによる中耳炎ではないものの、細菌が入り込んで炎症を起こす事は変わりなく、場合によっては熱も出ます。

また耳の周囲が腫れていたり、内部が腫れる事により聞こえが悪くなります。

 

大抵の場合、中耳炎というものは免疫力が戻る事で完治します。

しかし、細菌やウイルスが骨に炎症を起こしたり、慢性化した中耳炎によって鼓膜に穴が空いたり、中耳に膿が溜まったりといった悪性化によって慢性化中耳炎となる事もあるので中耳炎とはいえ注意が必要です。

スポンサーリンク


中耳炎の慢性化と治療法

manseika2

中耳炎が慢性化する、長期の炎症が続いている事を慢性化中耳炎と呼びます。

 

これによって難聴となったり、耳に違和感を覚える人も多くいます。

こうなった際には、出来るだけ早めに耳鼻科で検査を受ける事をお勧めします。

 

既に慢性化して悪化が酷い場合は、鼓膜を切開して中耳の膿を取り出したりする手術の必要性もありますが、殆どの場合は薬物治療による治療が行われます。

まだ悪化していない中耳炎でも薬による治療で早期治療できますので、もし耳に違和感を覚えたらすぐに耳鼻科に行って下さい。

 

また万が一にも切開治療となっても、鼓膜は再生しますので耳が聞こえなくなる訳ではありません。

安心して下さいね。

 

先にも申し上げた通り、インフルエンザによって中耳炎となった時にはそのままでも治らない訳ではありません。

 

しかし体の体力、免疫力が下がっている直後では自己回復で完治させるのは難しいので、耳の痛み、耳に違和感を覚える、聞こえにくいなどの症状が出たらすぐに耳鼻科を受診しましょう。

 

インフルエンザの発見場

woman-doctor

因みにインフルエンザの検査を受ける事は、耳鼻科でも出来ます。

もしインフルエンザの疑いがあるなら、耳鼻科で耳の検査を合わせて受診しておくのは悪手ではありません。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザの検査】耳鼻科でも受診できる費用とそのタイミング

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

 

耳の内部となれば見えない場所であり、どうしても症状的に後回しになりがちな所ではあります。

だけど症状が重くなって良い事ではないので、インフルエンザにかかった時、特に小さな子供の場合は耳の状態もよく観察して上げましょう。

 

その場合は痛みを感じるようならすぐ耳鼻科へ、少し時間が空いて痛がるようであれば耳の裏を冷やして上げると炎症が抑えられて楽になりることもよくあります。

ですが根本的な解決方法ではないので、出来るだけ早めに耳鼻科で処置をして貰って下さいね。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ