【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

「インフルエンザウイルスはアルコール消毒で殺菌出来る!」これは半分正しく、半分は誤りです。

まずインフルエンザウイルスは菌ではなくウイルスですので、生物ではありません。

ざっくり説明すると、タンパク質の塊のようなものです。

ですから正しく言うと不活性化、活動できなくするという方が正しいのです。

 

と、余談はここまでにして。

どうしてインフルエンザにアルコール消毒が効果的なのか、それについて詳しい解説をすると共に、家庭でも作成出来るアルコール消毒液の作り方もご紹介しましょう。

スポンサーリンク


インフルエンザウイルスを不活性化する、アルコール消毒

まずアルコール消毒がインフルエンザにどう有効かの前に、アルコールを使用したお掃除の仕組みをご説明させて頂きますね。

がんこな油汚れをお掃除している状況を想像して頂ければ分かるかと思いますが、アルコールを使うと、へばりついている脂質性の(手垢等)の汚れを溶かし、浮かす事が出来ます。

浮かした汚れは剥がれているので、水拭きや空拭きでも簡単に拭い取る事が出来ます。

インフルエンザウイルスも、仕組みは同じです。

 

インフルエンザウイルスは表面にエンベロープという突起状の膜をまとっています。

これが喉や気管支の粘膜に刺さり、エンベロープを介してインフルエンザウイルスは体内へ侵入して増殖していくのです。

しかしこのエンベロープ、脂質性を持っているんですね。

ですからアルコールを使用すると溶けてしまい、インフルエンザウイルスは人へ感染する力を失うのです。

これがインフルエンザウイルスの不活性化、という仕組みです。

 

アルコール消毒液の作り方と、ベスト濃度

因みにアルコール消毒液はドラッグストアで買う事が出来ますが、自作する事も可能です。

まず用意するのは無水エタノール。

これは15℃の状態でアルコール濃度99.5%です。

これと精製水を、7対3の割合で混ぜれば70%の濃度のアルコール消毒液が出来上がる訳です。

 

「これをそのまま使用した方が、濃度が高いから効き目があるんじゃないのか?」と思われそうですが、実はアルコールは濃度が高ければ高いほど蒸発しやすく、インフルエンザウイルスに浸透する前に蒸発してしまうのです。

せっかく効き目が高くても効く前に蒸発しては意味がない……という訳で、水分を混ぜて安定させます。

そして、効き目と揮発性を考慮した濃度が70%なのです。

 

因みに使用する水は精製水ではなく、水道水でも構いません。

しかし不純物が多く含まれている水道水は長く置いておくと変質しやすいので、多めに作って置いておくなら精製水を、その度に作るなら水道水と用途を分けた方が良いでしょう。

またエタノールはアルコールの別名、つまりアルコールな訳ですから大変良く燃えます。

ですから火気厳禁、涼しい場所に置いておきましょう。

それと上記の通り濃度が高い事で揮発しやすいので、長期置いておくと知らない間に失くなった……という事も有り得るので、その点も考慮して下さいね。

スポンサーリンク


アルコール消毒のポイント

何よりアルコール消毒のメリットは、ハイター等の自亜塩素系消毒液と違い、色々な場所に使用出来るというメリットがあります。

何より手洗いの後の消毒に使えるのも大きな所ですね。

ポイントとして念入りに使う事が求められ、出来れば床を拭いたりするなら二度拭きをしておくと更に効果的です。

ですがアルコールアレルギーで皮膚が赤くなってしまう人、手荒れが酷い人はご使用をお控え下さい。

消毒するという事は、決して人体に無害とは言い切れないのです。

 

そのままだと手が荒れるので、手洗いの後に念入りにケアをする。

直接は無理でも、手袋をして感染が予想される箇所の消毒や掃除に使う。

 

自分や家族にあった消毒方法で、インフルエンザから身を守りましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ