【インフルエンザとインフルエンザクリーナー】除菌効果と危険性

注目される、インフルエンザクリーナー

今注目を浴びている、インフルエンザクリーナー。

インフルエンザクリーナーというと凄い機械のように感じてしまいますが、空気清浄機やエアクリーナーと同じような物だと考えて頂くと想像しやすいかもしれません。

簡単に言うと空気中を漂うインフルエンザウイルスを空間除菌しようという物です。

このインフルエンザクリーナーがどういう仕組みなのか、そして効果はどの程度のものなのか。

使う上で色々と気になる事を今回は説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザクリーナーとはどんなものなのか?

一番有名なインフルエンザクリーナーは、以前話題になった「クレベリンゲル」ではないでしょうか。

クレベリンゲルは付属したキャップの中にこれまた付属している顆粒をいれ、その後塊を確認したら青いキャップをつけて使用するように、と書かれています。

その後は設置しておくだけで室内のノロウイルスやインフルエンザウイルスを撃退してくれるという、凄い製品でもあります。

それから別会社より、「クロッツ空間除菌」という商品もインフルエンザクリーナーとして発売されています。

 

これらの製品がどのような仕組みかというと、二酸化塩素という塩素化合物を発生させる事にあります。

この二酸化塩素には殺菌作用があり、消臭・消毒などに使われています。

プールの消毒に使用されている塩素や、水道水の消毒処理にも塩素は使用されているのです。

両方とも体に入る事があり得るだけに、出来るだけ人体に無害な消毒薬を使用します。

それだけにこのインフルエンザクリーナーは人体に無害でありながら、インフルエンザウイルスや他の感染症を引き起こすウイルスや雑菌への消毒を考えられている製品と言えますね。

何より置くだけで消臭、消毒効果があるので病院、学校等の機関で積極的に取り入れられています。

それを家庭でも使用出来るようにしたのが、これらの製品なのです。

スポンサーリンク


便利なインフルエンザクリーナーの注意点

しかし便利な製品にも、完全だとは言い切れないのが世の中です。

実は二酸化塩素は安全と言われながらも、健康へ悪影響をもたらす可能性も指摘されています。

高い濃度の塩素系ガスは直接吸い込む事により、喉や鼻の粘膜、気管支を刺激してしまって気管支炎や喘息を引き起こす可能性があるのです。

実際、クレベリンゲルが販売された時には副作用としてこれらの危険性が注目され、問題視されました。

 

しかしこれはあくまで高い濃度、高濃度のガスを吸い込んだ時に起こる症状であり、

商品にも

  • 「出てきたガスを直接吸い込まないように」
  • 「車の中等、密閉された空間では使用しないように」

等の注意喚起はされています。

この事から判断するに、有効性は認められているけれど危険性もあり、使用者が注意して使用する事が求められていると言えます。

万が一の危険性も考えて、小さな子供ペットを飼っている人は手の届かない場所に配置する、使用を検討する等の自衛手段を講じる必要性があると思われます。

 

インフルエンザに対抗するには、正しい知識を

これらは決してインフルエンザクリーナーを否定する訳でも、絶対に使用するな、と言っている訳でもありません。

ただ二酸化塩素の仕組みを知り、そして同時に危険性を知るという事は重要な事であり、どうして有効なのか、使用するなら何に気を付けなければいけないかを判断する為には、それに対しての知識が必要だという事です。

インフルエンザに対抗するには、まずインフルエンザを知る事。

身を守る為の予防法を考えるならまずインフルエンザ自体の知識を身に付け、どういったものが効果的なのかを知る事が大事なのです。

そしてその上で自分で判断する事、それが私達に最も求められている事なのですよ。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ