【インフルエンザで救急車を呼びたい】119番通報の判断基準とは?

インフルエンザで辛い時、このまま寝ているだけでいいのか、医療機関を受診するべきか不安になりますよね。

ましてや、1人暮らしの場合や、インフルエンザにかかった相手が基礎疾患を持っていたり、小児や高齢であればあるほど不安は強くなります。

その際に、必ず疑問視されるのが「救急車を呼んでもいいのか」ということ。

今回はあくまで個人的な観点から、インフルエンザで救急車を呼んでいいのか否かについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザで救急車を呼んでいいのか

gimon

まずは、救急車の重要性から。

よく病院には救急車に乗ってきたにも関わらず笑顔で下車してくる人、セルフメディケーションが行えていれば救急車に乗らなくとも翌日の受診で問題ないのでは、と思うような人が救急車で受診する例が多々あります。

それは年々上昇しており、不要な救急車へのコールが、本当に救急車が必要、救急受診が必要な人の生命へのリスクを高めているといえます。

これから、諸々話をしていきますが、自己にて判断が難しい場合は、すぐに119を呼ぶのではなく、まずは#7119に電話をして専門家へ相談し、指示を仰ぐべきだと思います。

 

では、本題に戻って、救急車をインフルエンザで呼ぶべきか。

まず、高熱のみであり、症状が出現していない場合は、

基本的には

  • 冷罨法などを行って様子を見て、次の日に医療機関にかかる
  • もしくはタクシーを利用して一般外来、夜であれば夜間外来にかかる

上記のどちらかがベストです。

(ただし、基礎疾患を有している場合は別です)

 

当サイト関連記事はこちら

インフルエンザと基礎疾患について

 

また、すでに医療機関でインフルエンザと確定診断が出ている場合、高熱や関節痛などインフルエンザにまつわる症状では場合によっては、受診をお断りされることがあります。

なぜなら、本当に命に関わることではない限り、インフルエンザウィルスを所有している人を病棟にあげてしまったり、救急で入れることにより、院内感染を引き起こしてしまう場合があるからです。

 

そのため、救急で受診できたとしても入院に至らず帰宅要請されるところが大半です。

スポンサーリンク


インフルエンザで救急車を呼ぶべきタイミングとは

119-kyukyusha

とはいっても、全部の例が救急車を呼んではいけない、仮に救急受診しても帰宅要請されるというわけではありません。

インフルエンザのウィルスを持っていても救急車を呼ぶべきタイミングや症状があります。

まず、インフルエンザでありながら確実に入院させてもらえるのは肺炎、インフルエンザ脳症を合併した場合、高熱や下痢等の症状で極度に体力が落ちている場合です。

 

当サイトの関連記事はこちら

インフルエンザの肺炎併発を疑ってレントゲン検査する医者は信頼できる

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザ脳症の症状と後遺症】発症率から考える予防と対策

 

体力が落ちている状態、肺炎は高齢者に多い症状です。

あきらかに呼吸の状態がおかしい、咳が酷くなっている、熱が4〜5日たっても引かないという症状があります。

呼吸の状態が明らかにおかしい場合は救急要請して病院へかかってもいいかと思います。

 

また、小児に多いのがインフルエンザ脳症。

けいれん、意識障害、異常行動(意味不明な言動、行動をとっている場合)はすぐに救急車を要請して受診しても良いと思います。

上記の症状であれば、インフルエンザで救急要請しても病院は受け入れ良好です。

 

また、上記以外の症状でも下痢や嘔吐が続いてぐったりしているなどの症状も救急要請していいと思います。

つまり、インフルエンザという病気ではなく、それに付随して合併症を引き起こしている場合は救急要請してもいいと思います。

 

ちなみに、若い方や働き盛りの世代などの場合、

  • 心臓
  • 呼吸器疾患
  • 糖尿病

などの基礎疾患を有している場合はインフルエンザによって、別の合併症を起こしてしまう可能性があるため、医師の判断によっては明らかな症状がなくとも入院になる可能性もあります。

 

しかし、ほとんどの人が救急要請しても点滴をして返されるか、病院にもいけず、たらい回しになってしまったり、はたまた帰される場合がほとんどなので、救急要請せずに、家で療養していることがなによりオススメかと思います。

救急車はもともと、命のリスクがある人が使える公共の乗り物です。

本当に必要な方もいらっしゃるため、うまく判断して活用して欲しいと思います。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ