【インフルエンザ中に飛行機は乗れる?】ANAとJALの対応編

インフルエンザと飛行機

インフルエンザという病気は厄介なもので、どこで誰から感染するか分かりません。

とにかく感染を防ぐ為には、人混みを出来るだけ避ける事。

不特定多数が密閉空間に押し込まれている状態の交通機関は特に移りやすい場所でもあります。

かと言って一切の外出をしないなんて、無理な話です。

 

もしインフルエンザのようだけど、飛行機を既に予約している場合はどうしたらいいのでしょうか?

  • キャンセルできるのでしょうか?
  • その場合のキャンセル料は?
  • そもそもインフルエンザの時は飛行機に乗る事は出来るのか?

今回は二つの有名な航空会社、ANAとJALのインフルエンザの対応を含めて、飛行機内でのインフルエンザ対策をご紹介しましょう。

スポンサーリンク


インフルエンザでの飛行機搭乗

influ-kinai

ここでまずインフルエンザ時のANAとJALの対応をご紹介します。

 

基本的に二つの航空会社共に、

『学校保健安全法で出席停止が定められている感染症のうち、出席停止期間の基準を過ぎていないお客様については航空機搭乗に適しておりません』

となっています。

当然ながら、インフルエンザに感染している人は感染拡大を避ける為にも飛行機には搭乗出来ないのです。

また、JALでは更に詳しく『発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあたっては3日)を経過するまで』という規定もありました。

 

ただし、ANA『医師により感染の恐れがないと認められた場合にはこの限りではありませんので、主治医にご確認をお願いいたします。場合によっては診断書をご用意していただくこともございます』とあり、

JAL『航空会社所定の診断書が提出された場合には搭乗いただけることもございます』ので、

医師への相談、診断書があれば出席停止期間基準内であっても乗れる可能性がない訳ではないようです。

 

 

そして気になるキャンセルした場合の料金ですが、

ANAでは

お客様が病気等の理由で旅行不可能な場合、次の特別対応をいたします。

詳しくは、ANA予約・案内センターまでお問い合わせ下さい。

  • 病気等の理由で変更・払い戻しをする場合は、医師の診断書等の提出が必要となります。
  • ご搭乗予定日の翌日から起算して30日間以内の予約変更を承ります。
  • 払戻手数料・取消手数料は適用いたしません。

出典:ANA

 

そしてJALの場合、

お客さま、またはご同行者の病気などにより旅行不可能な場合は、医師の診断書などの提出を条件に、払戻手数料・取消手数料をいただかずに払戻いたします。

出典:JAL

 

となっています。

こちらを見る限りでは、医師の診断書があれば両会社共に相談に応じてくれるので無理に搭乗してインフルエンザを拡大させるよりも、診断書を持って相談する事をオススメします。

スポンサーリンク


飛行機内でのインフルエンザ対策

kinai-mask

最後に、飛行機内でのインフルエンザの対策もいくつかお教えしましょう。

インフルエンザ感染者は搭乗に規制があるとしても、完全ではありません。

また、インフルエンザ初期で感染が判明していないかもしれないので、自分の身は自分で守れるように知識を付けておきましょうね。

 

まず当然ながらマスク、密閉力の高いサージカルマスク

アイリスオーヤマ マスク サージカル プリーツ ふつう 60枚入り SGK-60PM

新品価格
¥513から
(2015/11/3 00:43時点)


N95マスクがオススメですが、

アイリスオーヤマ マスク N95 ふつう 3枚入り ANK-3

新品価格
¥474から
(2015/11/3 00:45時点)


お値段が高めで少々辛い……という人は普通のマスクでも紐を調節して、出来るだけ顔にフィットさせるようにしてみて下さい。

使い捨てマスクでも顔にフィットさせればかなりの効果が見込めるだけでなく、安いのですぐに処分しやすいというメリットがあります。

出来ればウイルスが付着している可能性のあるマスクを長期間付け、自分で触れて感染する……という事は避けましょう。

次に乾燥を防ぐ為に、ある程度の水分を補給出来るようにしましょう。

 

また、乗る時間と順番も大切です。

事前に前の席か後ろの席か、場所を確認しておきましょう。

そして、前方の席であれば、最後の方に乗り込み、後方なら出来るだけ早めに乗るのが定石です。

何故ならインフルエンザは基本的に人との接触、咳等から感染します。

前方席で早く乗り込むと隣を多くの人が通る形になり、後方で後から乗ると人の多い中を通る事になります。

小さな事に見えますが、少しでもリスクを下げたいなら乗る順番も考える事は大事ですね。

 

インフルエンザでは周囲に配慮し、広めない事も大事

woman-doctor

インフルエンザは感染しないように、そして同時に広めないようにしなければならない感染症です。

インフルエンザと疑わしい場合は事前に検査を受け、またインフルエンザと分かっているのに飛行機等の交通機関を利用して周囲に感染を拡大させないように注意して下さい。

いかに自分の状態を知り、広めないように周囲に配慮するか。

それがインフルエンザで最も大事な事なのです。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ