【インフルエンザ予防接種】4価と3価の違いとワクチンの同時接種

インフルエンザ予防接種、今シーズンより4価へ

2015~2016年のシーズンから、日本でもインフルエンザの予防接種が3価から4価へと変わりました。

この変化によって、流行するインフルエンザへの更なる対抗が出来るようになりました。

 

と、言われても、3価とか4価とかの表現をされると一瞬なんの事か分かりにくいと思います。

その為ここではこのインフルエンザ予防接種、3価から4価への変化を説明すると共に、簡略的ではありますが両方の説明も行いたいと思います。

インフルエンザへの対抗手段として予防接種はもはや常識となっている、その予防接種に関してもきちんと学んでいきましょう。

スポンサーリンク


そもそも、3価、4価、とは?

まずこの3価、4価というのはワクチンが対応できるウイルスの数です。

今まではインフルエンザのA型2種類、B型1種類の抗原を含んでいたので、3価は3種のウイルスに対抗できるワクチンでした。

B型インフルエンザで主に流行していたのは「山形系統」か「ビクトリア系統」と呼ばれる2種で、これまでは、両方が同時に流行することが少なかった為に、どちらが流行するかを予測し、一方だけをワクチンに入れていました。

 

なぜなら日本には「生物学的製剤基準」という規則によって、薬に含まれるタンパク質の上限量が定められていました。

この制限自体は薬に病原性のあるタンパク質が混入すること等を防ぐために必要なものですが、その為、インフルエンザワクチンも3種しか混合できなかった為、どちらが流行るか予想してA型2種+B型1種の投与を行ってきました。

今まではB型はどちらかが流行ってきたのでこの方法で良かったのですが、近年ではB型2種共に流行る事が多くなってきた為、4種、4価のワクチンが求められるようになってきたのです。

既にアメリカではこの4価ワクチンは推奨されていました。

そして日本でも、4価のワクチンを導入する運びとなったのです。

 

今まではA型2種類、B型2種類の抗原を含んでいる3価ワクチンが、A型2種類、B型2種類の抗原を含んだ4価ワクチンになった、

つまり4種のウイルスに対抗できるワクチンとなったのです。

 

これにより、1種とはいえ対応できるウイルスの範囲が広がった、と言えるのです。

またインフルエンザにかかってしまったとしても、その症状を軽減できる範囲が広まった事は私達にとってもありがたい事だと言えるでしょう。

辛い思いをする前にぜひ、インフルエンザの予防接種を受けたい所ですね。

スポンサーリンク


その他のワクチンとの同時接種

所で皆さんは、同時接種という言葉を知っていますか?

同時接種とはその名の通り、幾つかの種類のワクチンを混合し、接種する事です。

幼いお子さんはインフルエンザと同じく、他にも色々な病気に侵されないように予防接種を受けておく事を推奨します。

このワクチン同時接種による副作用はありませんし、

逆に何度も繰り返し病院に行って予防接種を受けるよりも時間や手間が軽減されます。

 

小児科によっては幾つかの予防接種の同時接種を推奨している所もあるので、まだ予防接種を受けていないお子さんがいたらこの機会にワクチンの同時接種で予防接種を済ませておいてはどうでしょうか?

必要とは言え、子供からすれば何度も受けたくはない予防接種。

出来るだけ少ない回数で終わらせて上げられるように、選択肢として考えてあげて下さい。

 

リスクの軽減、先を見据えた予防接種

予防接種を受ける事により病気にかかる可能性が軽減されるだけでなく、万が一にもかかった時にその症状を軽くする事が出来ます。

インフルエンザワクチンが4価になった事で、また対応できる病気の範囲は広がりました。

 

だからこそインフルエンザだけでなく、子供の先も見据えた同時接種についても幼い子供を持つ皆さんに知って頂きたいと思います。

何があるか分からないからこそ、リスクの軽減の為にも出来るだけ早い対処、予防接種を受けておいて下さい。

それは大人も子供も受けられる、先を見据えた手段なのです。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ