【インフルエンザB型は熱が下がらない】その症状と完治までの期間

毎年、猛威をふるっており、インフルエンザA型=インフルエンザとなっているのに対し、あまり注目されないインフルエンザB型。

しかし、かかると実はとっても厄介なのがインフルエンザB型。

 

だいたい、予防接種もA型のワクチンがほとんどであった中、今シーズンはA、B混合となり、今シーズンはかなり注目されています。

しかし、インフルエンザB型についてしっかりと理解をしている人は少ないように思います。

 

そこで、今回はインフルエンザB型について着目していこうと思います。

スポンサーリンク


インフルエンザB型の症状は?B型ならではの特徴は?

 

virus-b

インフルエンザB型の症状は、下記のようになります。

  • 高熱または微熱
  • 悪寒
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 関節痛または筋肉痛
  • 喉の痛み
  • 鼻水
  • 嘔気、嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢

インフルエンザA型と症状は類似していますが、大きな違いの1つとして、B型は、呼吸器の症状が多いA型と比べて消化器症状が顕著に出現します。

そのため、吐き気や下痢が長期間続いてしまうため、最初はノロウィルスと勘違いする人が多くいるということが特徴的です。

 

また、B型は熱の状態がA型と大きく異なります。

B型も、A型同様に38〜40度の高熱が出ることがありますが、だいたいが37度〜38度といった微熱程度で済みます。

人によっては平熱程度しか熱が出なかったが、体の節々が痛かったりだるかったりしたという人もいます。

高熱が出ない分、消化器症状で苦しめられるのがB型ということですね。

 

※こちらの記事でも症状について詳しく書いています

もしかしてインフル?微熱がインフルエンザのシグナルとなる可能性

【インフルエンザ中の下痢を止めたい】注意点をおさえた正しい対処法

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザの症状が軽い】その原因は初期症状?それとも完治?

 

インフルエンザB型の厄介なところとは。完治までにかかる期間は?

taichou-furyou3

前述した内容だけ見ている、熱が出ないから症状も軽く、いいのではないかと思われがちですが、インフルエンザB型はかなり厄介なインフルエンザとされています。

なぜ、厄介かというと、下記の理由が当てはまります。

 

  • 熱がなかなか下がらない

前述した発熱、この熱にも厄介な理由があります。

それは、微熱もしくは高熱が続いてなかなか下がらないということ。

微熱だけでなく、平熱程度しか出なかった場合でも倦怠感が長期間持続するというパターンが多いです。

 

  • 完治までに時間がかかる

そもそも、インフルエンザB型の潜伏期間は1〜2日、長くても3日とされています。

潜伏期間を終えて、発症すると、解熱に2日ほど、症状全てが消失するのに1週間から10日ほどかかります。

ということは、潜伏期間から完治までに、約2週間かかるとされています。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザの解熱と感染力】37度と2日後の判断と数え方

 

  • 流行期間が長い

真冬である12月〜2月で流行が終わるインフルエンザA型と違い、B型は春先まで続きます。

なので、卒業式、入学式にインフルエンザで出られなかった、春休みにかかってしまったという残念な例もたくさんあるほどです。

 

  • 感染力が強い

前述したようにインフルエンザB型は症状が風邪と類似して気付きにくいです。

そのため、知らず知らずのうちに外出してしまい、排菌してしまうため、外出しただけで菌をもらってしまうなんていうこともあります。

また、インフルエンザB型自身も非常に強い感染力をもっており、特に学校などの集団で生活する場ではあっという間に広まってしまうのがインフルエンザB型です。

そのため、どちらかというと大人よりも、幼児や学生である子ども達がインフルエンザB型と診断されることが多くあります。

 

当サイト関連記事はこちら

【インフルエンザ感染者に会えない】いつから?どうしたら会える?

 

  • 合併症を引き起こしやすい

インフルエンザA型よりも、合併症を引き起こしやすいのがインフルエンザB型。

B型は発熱が長く続く分、体の中でウイルスと闘うためのいわば戦闘能力が先に弱ってしまうことがあり、特に高齢者では肺炎など二次的な症状が出現しやすくなります。

また、消化器症状が続くため、経口からの飲み食いが難しくなる場合、脱水を引き起こしやすくなります。

そのため、インフルエンザそのものはよくなってもこれらの二次的な合併症に苦しめられてしまうのもB型の特徴と言えるでしょう。

 

まとめ

monnshin

 

これらのことから、インフルエンザB型は、とても厄介なインフルエンザとして根付いていっています。

では、インフルエンザB型を予防するためにはどうすればいいでしょうか。

インフルエンザの予防方法はA型、B型ともに共通して、

  • 手洗いうがいをしっかりと行うこと
  • マスクを着用して外出すること
  • 睡眠をしっかりと取り、規則正しい生活をして抵抗力をつけておくこと

上記に限ると思います。

まだまだ、インフルエンザB型のシーズン真っ盛りのため、しっかりと予防をし、感染せずにきりぬけていきましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ