【ピロリ菌の除菌には梅干しが効果的】その成分とおすすめの食べ方

ピロリ菌ってどんな菌かをご存知ですか?

この菌の正式名称はヘリコバクター・ピロリと言います。

ピロリ菌が人体に悪影響を及ぼすとして有名なのが、なんといっても胃の病気です。

実はこのピロリ菌、慢性的な胃炎や胃潰瘍の他、胃がんの原因とも言われる怖い細菌なのです。

今回は、なぜピロリ菌がこのような病気を引き起こすのかということとピロリ菌対策にもなる食べ物である梅干との関係についてお話します。

 

スポンサーリンク


ピロリ菌てどんな細菌?なぜ病気が起こるのか。

ピロリ菌はらせん状にねじれた棒状の形をしている細菌で、鞭毛というものを使って動き回り、胃の粘膜に潜り込んで生きています。

ここでふと気になるのが胃の中の状態。

胃は通常pH1という非常に強い酸性の条件を保っていて、たいていの細菌はここで死亡します。

 

ではなぜ、このような厳しい環境にもかかわらずピロリ菌はぬくぬくと生活することができるのでしょうか。

実はピロリ菌がもつ「ウレアーゼ」という酵素は尿素を水で分解し、アンモニアと二酸化炭素を作り出します。

アンモニアはアルカリ性のため胃液の塩酸と中和が起き、ピロリ菌の周囲から毒となるはずの塩酸がなくなってしまいます。

つまり、胃の中でピロリ菌は自分の周りだけ快適な生活空間に変え、同時に胃の粘液を栄養分として利用しのんびりと生きているのです。

 

では、そのようにしてピロリ菌は胃の病気を引き起こすのでしょう。

鍵となるのは、ピロリ菌が作り出すアンモニアや毒素で、これらによって胃壁が傷つけられ胃炎や胃潰瘍を引き起こします。

異物排除が仕事である免疫系が、このような害悪を引き起こすピロリ菌を見過ごすはずがありません。

免疫系はピロリ菌を倒すべく活性酸素という猛毒を放出します。

しかし、この活性酸素胃の粘膜にも巻き添えをくらわせるため、胃を守るつもりがダメージを更に蓄積してしまいます。

 

このダメージを補おうと、細胞は何度も分裂を繰り返します。

しかし分裂のためにコピーを繰り返す回数が増えた結果、ミスコピーをする確率もどんどんと高くなります。

このコピー中の細胞に胃に入ってきた発ガン物質が偶然ぶつかったり、ミスコピーが起こったりすると変異が起こり、がん細胞が誕生して最終的に胃がんとなるのです。

 

スポンサーリンク


ピロリ菌に対抗せよ!救世主は・・・梅干?

そんなピロリ菌に対抗できるとして有名なのがLG21という乳酸菌を含むヨーグルトです。

しかし、それ以外にも効果がある食べ物があるって知っていますか?

それは、梅干です。

梅干はご飯の腐敗防止用にかつて夏のお弁当には必須でした。

梅干しは黄色ブドウ球菌などの食中毒を起こす細菌にも効果がありますが、ピロリ菌にも有効なのです。

 

その働きは、梅干の抗酸化物質「リグナン」の1種「シリンガレシノール」という成分によるもの。

ピロリ菌は胃の中を鞭毛で泳いで感染しますが、梅リグナンはピロリ菌を変形させて泳げなくしてしまうため、感染を防ぐことができるのです。

このシリンガレシノール、梅干1個につき約10μg含まれていますが、実際の実験で1ml中のピロリ菌の動きを半数止めるのに50μg、完全に止めるのには500μg必要でした。

つまり、梅干し50個分です。

 

実際に毎日梅干50個以上なんて食べられないし、塩分過多になってしまいますよね。

なので、梅干よりも梅濃縮エキスのサプリメントなどで日々の生活に取り入れるのをおすすめします。

 

食べ物でお手軽にピロリ菌対策!

ストレス社会にはつきものの胃潰瘍や慢性胃炎。

とはいえ、その原因が最近なら対策さえすれば症状が改善することも事実です。

これからはLG21ヨーグルトやおにぎりの梅干、梅のサプリメントなど上手に利用しつつ上手にピロリ菌と戦って乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ