【ピロリ菌のメリットとデメリット】除菌後のメリットとデメリット

胃がんや慢性胃炎を引き起こすとして嫌われ者のピロリ菌は、しばしば躍起になって駆除されます。

しかしながら、最近の研究ではピロリ菌を全て取り除くと、思いもよらぬ負の効果があることがわかってきました。

今回は、ピロリ菌をとりまくメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


悪名高い?ピロリ菌のデメリット。ピロリ菌が原因で起こる病気とは

ピロリ菌とはヘリコバクター。

ピロリという細菌で、自身の持つ酵素の働きによって強酸性の環境の中で生き延びることができます。

この特性のため、ピロリ菌はほとんどの細菌が生存できないはずの胃の中でも平然と生きることができます。

ピロリ菌の栄養源は胃の粘膜であるため、ピロリ菌がいるだけで粘膜をはぎ取られた胃は弱ってしまうのです。

 

しかし、人間の体はこのような有害な細菌を見逃すほど甘くはありません。

免疫は速やかに反応し、ピロリ菌をやっつけようとある物質を生産します。

この物質、ピロリ菌に効果的なのですが残念なことに自分自身の細胞も傷つけてしまいます。

 

このダメージを修復しようと遺伝子が盛んにコピーされ、細胞が次々と生まれます。

しかし、このサイクルで遺伝子のミスコピーが起こると細胞はがん化してしまいます。

このプロセスこそ、ピロリ菌が原因で起こる胃がんのメカニズムです。

ピロリ菌は胃がんのほかに、十二指腸潰瘍や胃潰瘍、慢性的な胃炎の原因であるとして知られています。

 

スポンサーリンク


ピロリ菌がいないと起こる?病気と症状

これまでの内容をふまえると、ピロリ菌は完全な悪者で1つ残らず除菌するべき、と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし意外なことに、ピロリ菌がいることで発生率が低下する病気もあるのです。

 

驚いたことに、ピロリ菌の感染率が低下するにつれて、胃がんリスクはたしかに下がるものの酸逆流性疾患、食道炎のみならず、非常に死亡率が高いタイプの食道がんの発生率が近年急増しています。

そして現在、このような食道の病気に対して、ピロリ菌が関与しているとの報告もされています。

要約すると、ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんなどの胃の病気を発症するリスクを挙げる一方、食道の病気のリスクを下げる効果をもつと言えるそうです。

 

清潔社会は善なのか、ピロリ菌除菌をとりまく問題

悪者とそしられ続けてきたピロリ菌が一部の器官では健康を保っているなんて聞かされたら、「いったい何が悪くて何が良いんだ」と悩むかもしれません。

ピロリ菌の駆除にばかり気をとられていると見落としがちですが、ピロリ菌除菌にも弊害は存在します。

 

まず、当たり前ですが

除菌治療には条件を満たせば保険適用されるとはいえ費用がかかること。

そして、

治療には副作用が見られる場合があることや、ピロリ菌がいなくなることで発症する病気があることです。

 

特に、ピロリ菌除菌のために服用する薬による副作用は全体の1割程度に見られ、下痢、腹痛の他に口内炎、発熱、発疹が現れる場合もあります。

 

また、先に述べたように逆流性食道炎になってしまうなども報告されており、胃がんリスクは減るものの全てよしとは言えないのが現状です。

 

何が正しいの?リスクどうしを天秤にかける

ピロリ菌除菌を考えるときに最も覚えておきたいのが、デメリットとメリット、つまりそれぞれのリスクを天秤にかけることです。

例えば、除菌のメリットである「胃の病気の低下」とデメリットである「副作用および食道の病気」についてきちんと理解した上で、どちらのリスクをとるかが大事なのです。

 

「がんは怖いけど食道炎は我慢できるかも」、「下痢なんて我慢すれば大丈夫」といった楽観視をせず、日頃から情報を集め、医師とも相談の上自分できちんと決めることが求められているのです。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ