【ピロリ菌は加熱に弱い】生水、井戸水からの感染は沸騰ですべて解決

ピロリ菌ってなにかご存知ですか?

この細菌、胃に住みつき胃潰瘍や胃炎、さらには胃がんの原因にもなるとされている怖い細菌なのです。

日本では生活基盤の整備が進んでいるため感染率は徐々に低下傾向にあり、特に若い人の間では年配の人よりも感染率は極端に低いとされています。

けれど「感染率が低い=感染しない」ことではないので、完全に安心していいというわけではありませんよね。

そこで、水別の感染リスクやピロリ菌の殺菌はできるのかについて調べてみました。

方法は、とっても一般的な加熱による消毒です。

 

スポンサーリンク


ピロリ菌の基礎知識

Helicobacter pylori-viw

では、ピロリ菌の基礎的なデータを見ていきましょう。

この細菌の正式名称はヘリコバクター・ピロリといい、1983年に発見された強酸性の胃の中でも生きることができる数少ない細菌です。

この細菌は「微好気性」、つまり大気中の酸素量(大気の約20%)よりもずいぶん低い酸素量の環境下で生存している細菌です。

 

ちなみに、ピロリ菌が発見された当初は胃潰瘍などの原因はストレスという説が主流でした。

ピロリ菌がこれらの病気に関連していると証明するために、ある研究者がピロリ菌を自ら飲んだことによってこの細菌と胃潰瘍や胃炎の因果関係が明らかになったことは、とても有名です。

 

ピロリ菌の感染経路は経口感染または人と人との間、糞便により排出された細菌に汚染されたものを口に入れるなどとされています。

日本の水道水の安全基準はかなり高いといわれていますが、感染リスクはどのくらいなのでしょうか。

また井戸水湧水の場合はどうなのでしょうか。

 

一般的に言って、上下水道がきちんと整備されている日本などの先進国では、後進国に比べて水道水を介したピロリ菌感染は比較的少ないです。

なぜなら適切な塩素処理によってピロリ菌殺菌を行えるからです。

そのうえ、日本の水道水の基準が世界でも最高レベルの厳しさです。

 

そうならば、水道水を飲料水として使用する場合はひとまず安心してよさそうですね。

 

このデータを裏付けるように、東京近郊の10の水道水ではピロリ菌が未検出である一方、井戸水では6か所のうち2か所で検出されたというデータがあり、井戸水の感染リスクが水道水よりも高いことを示しています。

また、井戸水や湧水を使う人は、水道水を使う人に比べるとピロリ菌感染率が高いというデータがあります。

 

このことをふまえると、特に事情がない場合水質検査に合格しているとはいえ井戸水を飲料水にするのはやめたほうがよさそうですね。

また、キャンプなどで冷たい湧水、清流の水を飲むのも避けたいもの。

ピロリ菌のみでなく北海道のエキノコックスのような風土病も起こりうるので、いくらキャンプなどで浮かれているとは言え、湧水のがぶ飲みなどは控えたいものです。

 

スポンサーリンク


ピロリ菌に加熱殺菌は効く?効かない?

とはいえ、何らかの事情で井戸水や湧水、清流の水などを飲料水にする必要がないとも限りません。

また、基準を満たしているとはいえ水道水でも不安、なんて考える繊細な方もいるでしょう。

このような場合におすすめなのが、加熱殺菌です。

 

細菌は種類によってはかなり耐熱性が強いものもありますが、ありがたいことにピロリ菌は短い加熱で容易に死滅します。

ちなみに日本のガイドラインでは、目安として75℃1分以上の加熱でピロリ菌は完全に死滅するとしています。

この温度だと家庭の煮沸消毒、つまりは水を沸騰させれば十分でしょうね。

 

自分の身は自分で守る!水にはくれぐれもご注意を

woman-doctor

なんだか健康に良いというイメージがはびこっている湧水ですが、イメージと水質基準は全く違います。

さらに、古井戸の水なんてもってのほかです。

日々の生活に水は欠かせないもの。

飲料水はできるだけ注意してピロリ菌感染リスクの低いものを使いましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ