【ピロリ菌と抜け毛、薄毛の関係性】除菌や治療を行うと進行する?

ストレス社会といえば、胃潰瘍と薄毛?

ストレス社会としても有名な現代社会、理不尽なクレームや激務ですっかり疲れがたまってしまっている人も多いのではないでしょうか。

溜まっていく一方のストレスをうまく発散できたら一番良いのは当たり前ですが、なかなかそう簡単にはいかないものですよね。

 

一昔前まで、「ストレスで胃が痛い」「ストレスで胃炎になった」なんて言う人はありふれていました。

現在では、胃炎の原因はストレスとピロリ菌の相乗効果であるという仮説が一般的です。では、同じく「ストレスで髪が薄くなった」という事柄の信頼性はどうなのでしょう。

スポンサーリンク


薄毛はホルモンバランスが関係する?

薄毛というと、女性よりも男性の方が深刻なイメージがありますよね。

薄毛は一般的にはホルモンバランスによって影響の程度が変わるとされており、ピロリ菌がいるかいないかという単純な理由で変わってくるわけではありません。

 

ホルモンはごく少量で体に重要な影響を与え、性ホルモンでは男性ホルモンと女性ホルモンの2つがあります。

第二次性徴ではこれらのホルモン分泌により、筋肉がついてがっちりし、ひげが生えるなどの「男の子」から「男性」へ、体が丸みをおびて「女の子」から「女性」へと変化します。

髪の毛はこの2つのホルモンのうち、頭髪を健康に保つのは女性ホルモンの働きによるものです。

 

男性の場合、女性よりも女性ホルモン量は少ないですから、その分薄毛の悩みが浮かんでくるのです。

しかも、男性ホルモンの1種であり、大半を示すテストステロンというホルモンは髪の毛のもとになるタンパク質の合成を阻害して髪が生えてくるのを妨げ、皮脂を分泌して毛穴を詰まらせることで抜け毛を加速させます。

この影響をよく受けるのが頭頂部と前頭部なので、額からまたは頭のてっぺんから薄毛が進行していくのです。

スポンサーリンク


結局、ピロリ菌は関係するの?ストレスは?

薄毛の主な原因はホルモンバランスによりますので、ピロリ菌の感染がホルモンバランスに影響しない限り主要因とは言えません。

今のところ、ピロリ菌が男性ホルモンの分泌を減らすこと、逆に女性ホルモンの分泌を増やすといった研究成果は報告されていません。

どうやら、「ピロリ菌感染が薄毛の進行を食い止める」といったお話は今のところ本当ではなさそうです。

 

では、なぜこのようなお話がまことしやかに広まったのでしょう。

おそらくその原因は、医学的には否定されているものの、いまだ根強い「ストレス=胃炎」説です。

ストレスがかかると血行不良や不眠になるため、毛髪にダメージが加わり薄毛になると言われています。

胃炎はピロリ菌の存在またはそれにストレスが加わったときに起こるので、これだけをみると、「薄毛の人=胃炎もちの人=ピロリ菌感染者」という図式が一見成り立ちそうですね。

ただし、この結論は因果関係が示されておらず単に結果をつなぎ合わせて意味があるように見せただけのものです。

 

医学に限らず、理系の分野で得られたデータは「統計」という処理を行わなければ研究者の主観になるため、意味がないものとなってしまうのが常識です。

一見関係がありそうだからと言って「関係がある」とするような結論は医学の成果とはかけ離れたものなのです。

 

結論:ピロリ菌は直接薄毛には影響しない!

胃がんに限らず諸悪の根源とされがちなピロリ菌ですが、薄毛に関しては濡れ衣を着せられているようです。

とはいえ、「ピロリ菌と胃炎がストレスを引き起こし、ストレスが薄毛を引き起こす」といった一見関係がありそうな事柄をつなげただけでもなんだか確からしくなってしまうもの。

つぎはぎの理論に騙されず、正しい情報を見極めることが大切です。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ