【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

わざわざ病院に行って薬をもらい、除菌治療を行うのも検査をするのも手間だと思っている人は意外と多いのではないでしょうか。

ピロリ菌対策、日常生活のちょっとした心がけでできたならいいと思いませんか。

実験によってピロリ菌を完全に殺した有効成分の量を満たすためには、食べ物で完全にピロリ菌を駆逐するにはある食品をどう考えても不可能なくらいにたくさん食べることが必要です。

 

しかし、心がけ次第で一日の摂取量でピロリ菌の役割を抑えることができる食べ物はいくつかあります。

食べ物でのピロリ菌除菌は今のところ不可能であると言われているものの、これらの食品を取り入れることでピロリ菌の活性を抑え、対策をとることができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


ピロリ菌の対策になる?野菜編

Broccoli-diet

ピロリ菌対策食品としてはLG21乳酸菌ヨーグルトが有名ですが、実は野菜にも有名なものがあります。

それが、ブロッコリーの新芽である「ブロッコリースプラウト」です。

ブロッコリーは新芽ではなくとも栄養が非常に豊富であることで有名です。

一方のスプラウトは英語で新芽全般を指す言葉で体にいいことでも有名で、がん予防や新陳代謝の活性化、抗酸化作用などがあることが知られています。

 

ブロッコリースプラウトはスルフォラファンという成分が含まれていますが、これは酵素を使ってピロリ菌を殺菌する作用を示します。

ブロッコリースプラウトを毎日70グラムを2か月食べてもらうようにしたところ、実験に参加した人は30から60%もピロリ菌の活性が低下したそうです。

 

 

では、同じく新芽であるスプラウト類のもやしはどうでしょうか。

同じスプラウト類でも、暗室で発芽させた後に温室の光の下で育てるカイワレタイプ、暗室下でのみ育てるもやしタイプ、暗室で発芽させた後3日目に光を当てて緑化後すぐに収穫するカイワレともやしの中間タイプがあります。

このうち、ブロッコリースプラウトはカイワレタイプに含まれ、ブロッコリースーパースプラウトという発芽後3日目のブロッコリースプラウトはカイワレともやしの中間タイプになります。

 

残念ながら、もやしはスプラウト類ではあるものの、ブロッコリースプラウトのようにピロリ菌に対する有効性は示されていません。

ブロッコリースプラウトともやしを同じ量、同じ期間だけ食べた結果を比較した結果、ブロッコリースプラウトではピロリ菌活性の低下が見られたものの、もやしでは良い結果は得られませんでした。

お手軽に手に入りお財布にも優しく、いろいろな料理に使えるもやしですが、ピロリ菌対策もできるというさらに「オイシイ話」はないようです。

スポンサーリンク


ピロリ菌対策はバナナでもできる?

banana-diet

スプラウト類は苦手、という人にはバナナはいかがでしょう。

バナナがピロリ菌に聞くのでは二価という話の出発点は、バナナがよく食べられている熱帯のガーナでバナナが民間療法の「胃の病気」に関する薬として使われていたことによります。

最近は胃の病気の一因といてしばしばピロリ菌が挙げられることから、「ピロリ菌が胃病にきく+バナナは胃病の治療に用いられている=バナナはピロリ菌にきく?」という仮説が提唱されたのです。

 

結論から言えば、バナナに豊富に含まれている食物繊維が胃をコーティングするためピロリ菌に対する防御効果は多少見られるものの、直接ピロリ菌を殺菌したり活性を低下させたりする効果はないとされています。

効果を高めたい人はLG21ヨーグルトと混ぜてドリンクやバナナヨーグルトにするのがおすすめです。

 

日々の食生活でピロリ菌対策!

胃潰瘍や胃炎をはじめ様々な胃の病気の一因となる可能性があるとされているピロリ菌ですから、なんとかできる限り気を付けたいものですよね。

今回紹介したものの他にも、ピロリ菌に対して効果的であるとされる食品は案外たくさんあります。

これからは日々の食生活を意識しつつ、対策を進めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ