【就活で必要な健康診断】病院選びに迷った時のチェックポイント

就職活動で健康診断書を求められた、なんていう話を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。

すべての企業がそういうわけではありませんが、実際に最終面接のような内定前に健康診断書を求められるケースも少なくありません。

 

ここでは、就職活動において健康診断書を求められた場合についてご説明します。

スポンサーリンク


就職活動で必要となる検査項目

では、実際に健康診断書を提出する際にはどのような項目を網羅しておく必要があるのでしょうか。

 

新卒での就職活動を行っている方であれば、大学での健康診断の結果を提出すれば良いケースも多いです。

大学の健康診断であれば

  • 通常
  • 身長
  • 体重
  • 血圧
  • 視力
  • 聴力
  • 胸部X線(レントゲン)
  • 尿検査

の項目が含まれているかと思います。

特に細かい指定がなければ、この大学での健康診断書を発行してもらえば良いでしょう。

 

とはいえ、大事な就職活動では不安も一際大きいかと思います。項目が足りていないのではないかと不安な場合はやはり企業側に問い合わせてみるのが確実です。

企業によっては大学で行っていない採血や心電図検査が必要となることもありますので、その場合には不足分を医療機関で検査する必要があります。

 

また、新卒以外の方や、どうしても不安で就職活動を始める前に健康診断を済ませておきたい、という方は雇入れ時の健康診断の項目に沿って受診をしておけば安心でしょう。

雇入れ時の健康診断は労働安全規則第43条によって定められており、以下の11項目が記されています。

 

  1. 既往歴及び業務歴の調査
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、視力及び聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査
  7. 肝機能検査(GOT、GPI、γ-GTP)
  8. 血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  9. 血糖検査
  10. 尿中の糖及び蛋白の有無の検査
  11. 心電図検査

 

これら11項目のすべてを網羅できている場合は、就職活動における健康診断書としてはまず間違いないでしょう。

スポンサーリンク


健康診断を受診できる病院と費用

大学の健康診断書では項目が足りない場合には、個人で病院を受診して健康診断を行う必要があります。

総合病院であれば、ほとんどが健康診断を受診できますし、個人病院や人間ドックを専門としたクリニックなどでも受診できる医療機関は多いです。

まずは電話をして確認してみると良いでしょう。

 

健康診断は自らの健康状態を診断してもらうために受診するため、健康保険の適応外となっています。

そのため、健康診断にかかる費用は全額自己負担となります。

健康診断にかかる費用の相場としては、だいたい8000円〜2万円くらいと幅があります。

これは自費診療であるために、病院ごとにそれぞれ異なる値段設定をしているためです。

 

まずは企業側に受診しておくべき項目を確認し、いくつかの病院、クリニックに電話をしてみるのが良いでしょう。

健康診断は受ける医療機関によって結果が変わるようなものではないため、近場の医療機関を比較し、受診可能な機関の中で一番安いところを探すというのも1つの手です。

 

また、電話確認をするのであれば、その際に結果がわかるまでの期間を聞いておくことが重要です。

健康診断の結果が出るまでは、だいたい2週間程度と考えておけば良いですが、血液検査などはその病院内で検査結果を出す場合と、採血してから外部に検査結果を委託する場合があります。

そのため、医療機関によって結果が出るまでの日数に多少差が生じます。

 

まとめ

就職活動における健康診断書は入社前の健康状態の確認のために、提出を求められています。

一概に言い切ることはできませんが、健康診断書を求められる多くは最終面接のような、採用まであと一歩の状況です。

健康診断の結果は合否に影響するものではありませんので、安心してください。

内定へと向けて、健康診断書の準備についても考えておきましょう。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ