【婦人科検診の費用と検査内容】負担の少ない受けるべきタイミング

婦人科検診とは、婦人科疾患である子宮がん・乳がんの早期発見と早期治療のために行う検診です。

がんにはいろいろな種類がありますが、子宮がんと乳がんは、検診で命を救うことができると統計的証明されています。

スポンサーリンク


【婦人科検診?レディースドック?】

 

最近耳にする「レディースドック」。

これまでの婦人科検診と何が違うのでしょうか?

婦人科検診は子宮頸がんと乳癌を合わせた検診です。

 

これに、性別問わず行う一般の検診(採血・尿、胸部レントゲン、胃カメラ、バリウムetc.)

を合わせたものをレディースドックと言うことが多いですね。

 

子宮がん検診・乳がん検診を会社や自治体(市町村)で行う場合は、隔年だったり項目が少なかったりと、少し心配・・・

そんな人は、婦人科検診を受けてみてはいかがでしょうか。

もしもう少ししっかりみてもらいたい、という場合にはレディースドックが良いでしょう。

 

【婦人科検診は、やることがいっぱい!】

では、婦人科検診を行うときは、どんな検査を受けるのでしょうか?

子宮頸がんの検査、乳がんの検査はそれぞれ少し痛みを伴うことがあります。

男性特有の癌である前立腺がんは、採血にPSAという項目を足すだけ(場合によって直腸診)なのに・・・女性は大変です。

では具体的な検査項目は?というと、下の通りです。

 

○子宮頸がん検診

  • 内診
  • 視診
  • 細胞診
  • 場合によりコルポスコピー(膣拡大鏡)

○乳がん検診

  • 視診
  • 触診
  • マンモグラフィ
  • 乳腺エコー

これらを、検診を受ける際に1度に周ります。

順番としては、まず問診票を記入します。

 

結構プライベートなことまで(妊娠回数、出産回数、流産回数、月経周期etc.)求められるので、これが嫌でちょっと・・・と引いてしまう人もいます。

問診が終わると、それぞれに上着・下着を脱いで検査を行い、視触診があります。

子宮頸がん検診の視診・細胞診は、膣鏡(クスコ)という器具を入れるだけで痛みがあります。

 

特に経膣分娩をしていない(帝王切開での分娩を含む)場合には、とくにこの膣鏡を入れるのが痛くて、のけぞってしまう人も・・・。

内診も2本の指で膣の中腹の上から抑えるので、これまた痛い。(内診グリグリとも言われてますね)

 

 

更に、乳がん検診で行うマンモグラフィは縦・横に機械で乳房をギューッとはさんでとりますので、これまた痛みを伴います。

おまけに、撮影がうまくできない場合は撮り直し・・・なんてこともあります。

本当に女性は大変ですね。

スポンサーリンク


【婦人科検診を受けるコツ】

女性には心身ともに負担のかかる婦人科検診。

少しでもストレスなく、そして自己負担額を少なくするためのちょっとしたコツがあります。

以下のコツを覚えておくと役に立ちますので、ぜひメモっておいてください。

 

  • 問診にすぐ答えられるように、生理周期や既往歴(今までの病気)にいつかかったか、控えておく。
  • 検診時には、生理用ナプキンもしくは織物シートを持参する。
  • 集団検診ではなく、少人数制の検診会場を選択する(人数の多い検診では流れ作業で子宮頸がん検診も行うため)。
  • 生理直前~生理期間を外して、予定を組む。
  • 自治体の検診を無料で受けられる年には、自費で受ける項目を減らす。
  • 設備がキレイで評判の良い、低価格の検診を検索する。
  • 自覚症状がある場合には、保険診療で検査を受ける。

 

これだけで、検診を受ける際の痛みや費用の負担を少しでも軽減することができます。

要は、検診は保険だろうが自費だろうが、自治体の検診だろうがレディースドックだろうが、その項目を抑えてあればよいことですから。

 

【面倒がらずに婦人科検診を】

子宮頸がんも乳がんも、20代や30代の若い女性もかかります。

この世代は、まだ自分の健康に自信があります。

 

また、子育てや仕事で忙しい時期でもあります。

だからこそ検診のための時間をとることが難しく、どうしても検診受診率は低いのが実状です。

 

しかし、胆嚢がんや膵臓がんといった、検診では見つけにくいものもある中で、子宮頸がんと乳がんは発見率の高い検査です。

検診で防げるものは、検診で防ぎましょう。

大切なあなたの体を守るために。

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれている検診と人間ドックの記事です 

 

【ピロリ菌に効く】ブロッコリーともやしとバナナの成分とその効果

【ピロリ菌の除菌と副作用】治療の費用は保険適用と適用外のどっち?

【ピロリ菌と再感染】再感染率が高まるやってしまいがちなNG行為

【乳がんと胸のへこみ】乳がんかどうかがわかるその症状や特徴

【インフルエンザの誤診】病院も風邪と間違える、その原因と対策

【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点

【インフルエンザと市販の風邪薬】ルルは処方薬との飲み合わせも安心

【インフルエンザは何科で受診できる?】症状別の受診すべき科

【インフルエンザと似た症状の病気】症状別インフルとの見分け方

【インフルエンザ中に耳が痛い】違和感は中耳炎と難聴の可能性アリ

【インフルエンザを放置するとどうなる】大人と子供の自然治癒の違い

【インフルエンザの除菌】ファブリーズとクレベリンは効果無し?

【インフルエンザ中のお風呂とシャワー】子供と大人の違いにも注意

【インフルエンザとタミフルの飲み方】その効果と嘔吐した時の注意点

【インフルエンザの兆候】インフルエンザの前兆と風邪との見分け方

乳がんの遺伝子検査とは?がん家系について知っておきたいこと

異常あり?異常なし?グレーゾーンも多い乳腺嚢胞(のうほう)とは?

「乳腺の石灰化」とは?マンモグラフィーの検査結果を分かり易く解説

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ